134_1

オンライン英会話を始めて3ヶ月経つんだけど、最初の時に比べて上達が止まったような感じがするんだよね、、このまま続けても上達しない気がするし、もう止めようかな、、

 

今回はこんな悩みに答えていきます。

 

私は英語が全然話せなかった頃から、5年以上オンライン英会話を使っていますが、最終的に今はTOEIC880まで来れました。

青年海外協力隊で英語圏のジャマイカに住んだり、前職では貿易・海外営業の仕事で毎日英語を使っていました。

 

いろんな要因はありますが、オンライン英会話がなかったら、ここまで英語が話せるようにはなっていなかったと思います。

 

オンライン英会話を使っていても、あまり上達が感じられないときってありますよね。

私も経験があるので、すごく分かります。

 

この記事では、上達するために私が心がけているコツを書いてみたいと思います。

先に一番大事なポイントを書いておくと、上達に必要なのは方法論ではなく、マインド(心構え)です

では具体的に見ていきましょう。

オンライン英会話で上達するためのコツ

134_2

オンライン英会話を始めて本気で英語を上達させようと思ったら、少しコツが要ります。

経験上も、ただやみくもにレッスンを受けているだけでは、間違いなく途中で伸び悩みますね。

マインド【具体的な目的・目標を持つ】

冒頭で書きましたが、一番大事なのは小手先のやり方ではなく、マインドです

具体的に目的目標を持ってレッスンを受けるようにしてください。

 

「英語が話せるようになりたい」とか「ネイティブと話せるようになりたい」とか漠然とした目標ではダメです。

一番良いのは、TOEICとか英検のような資格試験ですね。

 

来年までに○○点取る!とか、英検2級を取る!とか明確な目標があると、人は勉強できるものです。

また、実際に試験を受けたりすれば、どのぐらい自分が目標に近づいたか、達成できたかを、きちんと評価できますよね。

 

先に断っておくと、オンライン英会話自体は、直接TOEICや英検に効果があるというものではありません。

あわせて読みたい【効果は微妙】オンライン英会話でTOEIC対策はしない方がいいです

 

しかし英語力が伸びているかどうかを測るモノサシとしては、かなり使えます。

これについて、私の経験を参考までに。

私は以前海外の大学院を受験しようと考えていたことがあって、IELTSという試験勉強をしていた頃がありました。

 

勉強はきつかったですが、あのときが一番英語力が伸びました気がしますね。

今は逆に、目標があまりないので、伸び悩んでいます、人間って分かりやすいですよね(笑)

レッスン以外でも勉強する【インプット】

オンライン英会話を受ける具体的な目標があると、自然とレッスン以外でも勉強するようになります。

これが目標を持つことによるメリットです。

 

私はこのブログで何度か書いていますが、オンライン英会話はレッスンを受けているだけだと、あまり効果がありません。

オンライン英会話の最大のメリットは、話すというアウトプットの訓練ができること。

 

知識を新たに入れるインプットの学習がないと、自分の知っている単語やフレーズで話すだけになるため、上達しないのです。

たとえば、TOEICで600点を目指すとしたら、まずは大量に単語も覚えなきゃいけないし、文法もしっかり勉強しないといけませんよね。

 

インプットの勉強を並行してすることで、レッスンの会話でも文法を意識して話す練習になったり、新しい単語やフレーズを使って、表現が豊かになってきたりします

新しく覚えた単語やフレーズを積極的に使う

インプットで単語やフレーズを覚えたら、レッスンで積極的に使うようにしましょう。

頭で理解していても、使えない単語は私もたくさんあります(反省)

 

経験上、読んだり聞いたりして理解しただけの単語やフレーズは、使わないかぎり、一生使えません

知っているだけの単語って、英語で話すときの言葉のチョイスの中に、選択肢として出てこないんですよね。

だからいつまで経っても、同じフレーズや表現を使いまわしているだけで、上達しないのです。

 

単語が増えてくると、同じような意味の単語もどんどん出てきますが、最初のうちは使い分けなんて初心者には無理です。

たとえば手に入れるという意味でも、getやacquire、obtainとかいろいろありますよね。

私もそうですが、どうせ日本人には完璧な英語なんて無理だと思っているので、その辺は使いながら覚えていけばいいかなと思います、初心者は特に。

続ける【継続は力なり】

最後はシンプルですが、続けることです。

英語は「ローマは一日にして成らず」と同じで、身につけるまで何年もかかる長丁場です。

 

ちなみに海外旅行とか、ちょっとした日常会話程度なら、フレーズを暗記すれば、そこそこできます。

これを読んでいる人で、目標がそこなのであれば、オンライン英会話より、教材を使ってフレーズをどんどん覚えた方がまちがいなく早いです。

紹介までに、ネイティブイングリッシュという教材は、私が使ってみた中では良かったですよ。

native_eng_ad

基本的に聞き流すだけなので、続けやすいですし、スピーキングの練習もできるように工夫されていて、良いと思います。

デメリットや口コミなど、詳しいレビューはこちらをどうぞ。

【口コミは本当?】ネイティブイングリッシュを使ってみた感想と効果

 

海外旅行が一番の目的ならば、ネイティブイングリッシュよりHapa英会話の方が良いと思います。

hapa-eikaiwa_top

用途をトラベル英会話に絞り込んでいる分、内容が濃いですし、ロールプレイ学習という他にない特徴もあって、効果的だと感じました。

デメリットや評判など、実際に使ってみたレビューは、こちらの記事をどうぞ。

【Hapa英会話歴4年】トラベル英会話完全版を使ってみた感想と評判、効果

 

話を戻しますね。

ただ、あなたにとってオンライン英会話で目指す場所は、そこではないと思います。

日本人と話すように外国人と英語で、いろんな話ができるようになりたいということだと思います。

 

それなら、フレーズだけではダメで、文法も単語もしっかり勉強する必要があり、基本的に最低でも1年はかかると思っておいたほうがいいです。

英語は急激にできるようにはならないので、毎日地道に勉強しなければなりません。

 

私もそうですが、社会人になって英語を勉強し始めてもう7年以上、コツコツ勉強してきました。

大事なのは続けること。なかなか伸びなくてモチベーションが下がっても、毎日少しでもコツコツがんばっていれば、ちゃんと英語力は伸びます。

 

極論をいえば、どんなに勉強法が間違っていても、勉強を止めなければ、いつかちゃんとできるようになります

参考:【悲報】オンライン英会話が続かない人の特徴【6割以上は挫折します】

スポンサーリンク

上達しない人に一番欠けていること【マインドです】

134_3

いくら勉強しても上達しない人に一番欠けていることは、最初に書いた「目標を持つ」というマインドです。

読みながら気づいた方もいたかもしれませんが、目標というマインドをしっかり持っていれば、私が紹介した上達するコツのすべては、自然とあとから付いてきます

 

社会人であればTOEICが断然おすすめですね。

社内や転職でも評価されますし、読む聞くだけの試験ですが、英語の基礎力を測るうえではすごく適した試験です。

 

瞬間英作文の著者森沢洋介さんも、TOEICについてこう書いています。

TOEICは・・・英語を話す能力を直接測ることができません。その背景にあるのは、通常英語力はある側面だけが突出することはないので、リスニング力、リーディング力を測れば、スピーキングの能力も間接的に測ることができるという考えで、これはかなりの程度真実です。

英語上達完全マップ(森沢洋介著)

私も基本的にこれには同意ですね。

「TOEICで高得点を取れば話せるようになる、というのはウソ」だけど、「TOEICが高得点取れないようだと、まともな英語は話せない」というのは事実だと思っています。

 

私も青年海外協力隊でジャマイカにいた当初、TOEIC705点でしたが、英語は全然話せませんでしたからね。

これから英語を身につけようとしている人には、TOEICという目安を使って上達の成果を測りつつ、オンライン英会話の勉強をすることをおすすめします。

 

目標がないと、ホントに上達しませんので注意してください。(←今の私です、、)

マインドがしっかりしていれば、あとのことは自然と付いてきます。

 

効果的な勉強法については、下記で書いていますので、あわせて読んでみてください。

【経験談】オンライン英会話で私が実感した効果と効果的な学習法

 

またオンライン英会話では、TOEIC対策のカリキュラムを用意しているスクールもありますが、独学の方が効率的です。

TOEICの勉強とオンライン英会話での勉強の使い分けや活用法について、こちらで書いているので、参考にしてください。

【効果は微妙】オンライン英会話でTOEIC対策はしない方がいいです

 

それから、着実に英語力を高めるカリキュラムとして、カランメソッドというのがあります。

本場イギリス生まれの学習法で、通常の4倍速で英語が身につくという世界中で使われている学習法です。

 

私もジャマイカにいた頃にカランメソッドをやっていましたが、英語を英語で考えるクセが身についたり、効果はかなりありました。

わりと歴史も実績もあって、何らいかがわしい悪徳商法でもないので、興味がある人はこちらを読んでみてください。

【体験談】カランメソッドって何?効果あるの?半年間やった私の実感

スポンサーリンク
【悲報】正直、こんな場合は独学では無理です

英語は完全独学でも話せるようになるし、TOEICも高得点が取れます。

私自身もTOEIC400点前半→705点までは、日本にいて完全独学で取れました。

ただ、1年半かかってるんですよね。

 

これはわりと平均的なスピードだし、ネットや広告で見るような独学3ヶ月で200点UP!とかは、たまたま好条件が重なっただけで、再現性も低いというのが私の考えです。

 

正直言って、3ヶ月で200点上げる方法なんて私には分かりません。

これが私の考える独学の限界です。

 

どうしても短期間でスコアアップをしたいなら、素直にスクールを使うのが賢明だと思いますね。

以下は私目線で、TOEICのスクールを3社に厳選し、徹底比較した記事なので、スクール選びの参考になるはずです。

【3選】TOEIC対策に強いおすすめのスクール | 短期間でスコアを上げる

 

TOEIC以外の、ビジネス英会話などのスピーキングでも、同じことが言えます。

個人的にはスピーキングを伸ばすなら、オンライン英会話がベストだと思ってますが、3ヶ月とかでそれなりの結果が出したいのなら、話は別。

 

何が原因で話せないのか、きちんと客観的に自己分析して、それに対応した勉強ができるなら、独学でもいいかもしれません。

だとしても、3ヶ月でそれなりに話せるようになるというのは、控えめに言ってギャンブルだと思いますね。

 

個人的には、どうしても短期間で英会話力を伸ばしたいなら、スクール1択です。

以下の記事では、私目線で、信頼できそうなスクールを3社厳選し、比較していますので、参考にしてみてください。

英語コーチングスクールとは?おすすめ4社を比較 | メリットとデメリットも

Twitterでフォローしよう!