160_1

TOEICのリーディングがいつも終わらなくて、最後塗り絵になっちゃうんだよね、、速読にも興味があるんだけど、何かいい対策ないかな?

 

こんな疑問に答えていきます。

結論から言うと、リーディングパートが終わらない原因は、根本的な読解力が足りていないからです。

そして、安易な速読、スキャニング(拾い読み)も基本的に手を出さない方がベター

 

ひと昔前と違って、近年のTOEICでは丁寧に内容を掴みながら読まないと、出題者のひっかけにはまる可能性が高いので、おすすめしません。

 

リーディングパートの構成は以下のとおり。

  • 文法・語彙を問うPart5、6
  • 長文問題のPart7

 

Part5、6を素早く解くテクニックもあるのですが、経験上TOEIC500を狙えるぐらいの人は、だいたい出来ていると思うので、ここでは割愛します。

この辺の対策はこちらの記事で詳しく書いているので、気になる人は読んでみてください。

【おすすめ本3選】初心者がTOEIC文法問題を得点源にするための勉強法

 

この記事の中心テーマは、Part7です。

長文をいかに解ききるか、読みきるかということで、速読精読という2つの手法を検討しながら、解説したいと思います。

読むのが遅い人が持っている、リーディングに対する誤解も解いていきますよ。

TOEICで時間内に終わらない本当の原因【読解力】

160_2

冒頭に書いたように、時間内に終わらないのは、速読とかスキャニングなどのテクニックの問題ではなく、根本的な読解力が原因です。

具体的に説明していきます。

 

なぜ時間が足りないかというと、読むのが遅いからですよね。

(↓)

なぜ読むのが遅いかというと、理解するのに時間がかかるからですよね。

(↓)

理解するのに時間がかかるというのは、もっと言うと「こうかな、ああかなと解釈に迷う」という、判断に時間がかかるということだと思います。

 

大学受験でお世話になった英語の先生も、こう言っていました。

読むのに時間がかかるのは、読むのが遅いんじゃなくて、迷ってる時間が多いんだよ。

 

英文を読んでサッと構文の解釈ができて、意味をとれる人は、スラスラと判断に迷うことなくリーディングができます。

迷いなく読めるということは、結果として、迷いなく正答を導けるということにもつながります

あやふやに拾い読みをしたり、理解がふわふわした状態で読んでも、結局、設問のところで迷って時間を食うんですよね。

 

私は今TOEIC880点ですが、Part7の長文はなんとかギリギリ全部読み終えることができるレベルです。

やはり読んでいて感じるのは、今でも解釈に迷ったり、読みながら考える時間が結構あって、それで時間を食ってしまう。

 

私の体感的にも、解釈・判断に迷うことなく読めれば、間違いなく時間は足りますし、余るぐらいだと思いますね。

リーディングで時間が足りなくなる人は、基本的な読解力に立ち返って勉強をした方がいいですよ。

スポンサーリンク

【失敗談】時間が足りないからって速読に走るのは危険です

160_3

速読について気になっている人もいると思うので、一応触れておきますね。

結論としては冒頭に書いたように、安易な速読はやめたほうが無難です。

 

ひと昔前のTOEIC対策本には、拾い読みをするテクニックとか、こういう設問はここを探せ!みたいなことが書かれていました。

各パラグラフの第一文を中心に拾い読みする、速読テクニックも書かれていました。

 

先ほど書いたように、迷いなく読めれば時間は余るぐらいなので、ぶっちゃけTOEICに速読力は不要です

世界一わかりやすい TOEICテストの授業(Part7 読解)などの著者で、人気講師の関正生先生も、Part7の取り組み方について、こう言っています。(2:45~)

結局、TOEICでも、テクニック云々ではなく、正確に読めることが第一だということですね。

 

私がはじめてTOEICを受けたのは、2012年ごろだったと思いますが、当時ですらPart7にそうしたテクニックは通用しませんでした

私の失敗した経験を少ししたいと思います。

 

当時私ははじめてのTOEICに向けて独学で勉強していて、参考書を探していました。

アマゾンで評価はそこそこ高かったんですが、出版年が少し古い(といっても数年程度)TOEIC対策本を買ったんですね。

 

そこにはPart7の問題演習とともに、こう聞かれたらこう!みたいなパターンや、試験テクニックがかなり載っていました。

そして迎えたTOEIC本番、まったく使えませんでしたね。。

しかもテクニックに固執して正解を探そうとするがために、余計に時間がかかってしまうという始末

 

くり返しですが現代のTOEICで、テクニックで答えを導けるような単純な問題は、ほぼありません。

私もPart7で時間に追われていて、たまに飛ばし読みをすることがありますが、飛ばした部分がキーになっていて、結局、設問で迷うという場面はこれまでも沢山ありました。

 

車の運転と一緒で、ゆっくりでも正確に運転できない人が、いきなりスピードを出しても事故のもとです。。

【解決策】TOEIC700点未満の人は精読+音読を中心に

160_4

では具体的にどうしたらよいのか?

TOEIC700点未満の人は、まずはしっかり1文1文を構造的にも意味としても理解できるように、丁寧に読みましょう

 

これを速読に対する言葉で、精読と言います。

私の経験上、700点を越えてくると、長文を読むのに解釈に迷うことがあまりなくなってくるので、丁寧に読む練習をするのは700点まででいいかなと思います。

700点を越えてきた場合の話はここではしませんが、基本的には多読(たくさん英文を読む)が大切です。

 

話を戻しまして、別に精読と言っても、特別なことをする必要はありません。

手順としては、

TOEIC対策: 精読の手順
  1. TOEICの問題集を買ってくる
  2. Part7の問題を解く(普通に読む)
  3. 答え合わせが終わったら、解釈に迷ったところや、文法や構文的に理解できなかったところを理解できるまで復習する(必要に応じて本やネットで調べたりする)
  4. 理解したあとも、何度も復習(音読)する

 

唯一ポイントは、返り読みをせずに頭から読んでいくこと、ぐらいですね。

 

日々の勉強は基本的に、市販のTOEIC対策本の問題集をどんどんこなせばいいと思います。

たくさん読んで、詰まったところを勉強する、をくり返していると、読解力が自然とついてきます。

 

そして復習をして音読をしていると、それまで解釈に詰まっていた部分も、スッと読めるようになってくるんですよね。

これをくり返せばいいんです。

 

音読というのは、学校でやらされた苦い経験がある人もいると思いますが、英語学習にはすごく効果的な勉強法なんですよ。

学校の授業のように大きな声を出す必要はありません。

黙読にならない程度に、小声でぼそぼそ読む感じでOKです。

 

精読や音読、おすすめの参考書について、知りたい人はこちらの記事をどうぞ。

【初心者から始める】TOEIC Part7対策 長文読解の勉強法&おすすめ本

基礎力⇒精読力⇒速読力の流れで上達します

160_5

最後にまとめます。

この記事のまとめ
  • TOEICで時間が足りなくなる人は、読解力が足りない
  • 読解力がないと、解釈に迷う時間が増えるので、時間が足りなくなる
  • TOEICに速読力は不要(ちゃんと読めれば時間は余る)
  • テクニックも不要・精読と音読で何度もくり返し復習しよう

 

リーディングは単語や文法・構文などの基礎をしっかり固めて、丁寧に読む練習をくり返していると、精読力がつきます。

そして音読を重ねて、精読力を磨いていると自然とスピードが出るようになります

 

先ほど紹介した関正生先生も、講師を務めているスタディサプリTOEICの講義の中で「TOEICでは速読もスキャニングも、一度もしたことがない」と言っていました。

大事なので何度も言いますが、時間が足りないのは読むのが遅いからではなく、よく読めていないからです。

 

“正しく読む” ということを改めて勉強してみたいという人は、関先生のこちらの本を読んでみるといいですよ。

大学入試 世界一わかりやすい 英文読解の特別講座

大学入試用の本ですが、長文を読むという基本的な作法を一から学べる良書です。

 

私が関先生を知ったのは、先ほど書いたスタディサプリTOEICというアプリでした。

前回受けたTOEICの勉強のために、このアプリを使ってみたんですが、予想以上に使いやすくて良かったですね。

stasapu_toeic_top

 

念のため紹介しておくと、このアプリ1つで単語も文法も含めて全パートの勉強ができるようになっています。

問題演習は毎月最新のものが更新されますし、各問題には関先生の解説動画も付いているので、独学では得られない気づきがたくさんありましたね。

 

利用料が月額2500円ぐらいかかるのがデメリットですが、私も実際に使ってみて、これ1つと公式問題集があれば、TOEIC対策はほぼできてしまうので、それを考えれば十分元は取れると思いました。

私も初心者から始めて705点を取るまでに、10~20冊ぐらいは参考書や問題集を買ったはずなので、、

 

関先生が全面的に監修しているので、間違った勉強や遠回りな勉強をするリスクがないというのも独学者には大きいと思いますね。

私もずっと独学で遠回りをずいぶんしてきたと思うので、もし今から勉強を始めるとしたら、このスタディサプリTOEICを主軸にして、あとは公式問題集を使いながら勉強すると思います。

 

詳しいレビューはこちらの記事で書いているので、興味がある人は読んでみてください。

【体験談】スタディサプリTOEICの評判&実際に使ってみて感じた効果

 

また、私が400点前半から勉強を始めて、705点をとるまでにやってきた勉強法はすべて下記で公開しています。

あわせて参考にしてみてください。

【体験談】TOEIC400点台の初心者が、完全独学で705点までいった勉強法

スポンサーリンク
【悲報】正直、こんな場合は独学では無理です

英語は完全独学でも話せるようになるし、TOEICも高得点が取れます。

私自身もTOEIC400点前半→705点までは、日本にいて完全独学で取れました。

ただ、1年半かかってるんですよね。

 

これはわりと平均的なスピードだし、ネットや広告で見るような独学3ヶ月で200点UP!とかは、たまたま好条件が重なっただけで、再現性も低いというのが私の考えです。

 

正直言って、3ヶ月で200点上げる方法なんて私には分かりません。

これが私の考える独学の限界です。

 

どうしても短期間でスコアアップをしたいなら、素直にスクールを使うのが賢明だと思いますね。

以下は私目線で、TOEICのスクールを3社に厳選し、徹底比較した記事なので、スクール選びの参考になるはずです。

【3選】TOEIC対策に強いおすすめのスクール | 短期間でスコアを上げる

 

TOEIC以外の、ビジネス英会話などのスピーキングでも、同じことが言えます。

個人的にはスピーキングを伸ばすなら、オンライン英会話がベストだと思ってますが、3ヶ月とかでそれなりの結果が出したいのなら、話は別。

 

何が原因で話せないのか、きちんと客観的に自己分析して、それに対応した勉強ができるなら、独学でもいいかもしれません。

だとしても、3ヶ月でそれなりに話せるようになるというのは、控えめに言ってギャンブルだと思いますね。

 

個人的には、どうしても短期間で英会話力を伸ばしたいなら、スクール1択です。

以下の記事では、私目線で、信頼できそうなスクールを3社厳選し、比較していますので、参考にしてみてください。

英語コーチングスクールとは?おすすめ4社を比較 | メリットとデメリットも

Twitterでフォローしよう!