080_01

TOEICの勉強したいんだけど、スキマ時間を上手く使って勉強したいから、何かいいアプリとかないかな?

神授業のスタディサプリTOEICに興味があるんだけど、実際に使った人の感想とか、効果はどうだったとか、詳しく知りたい。

 

この記事では、こんな疑問に答えていきます。

 

そもそもTOEICの勉強をしようと思っている人は、社会人や就活を控えた、基本的に忙しい人たちです。

 

また、就職や転職、会社内の都合で、必要に迫られて勉強している人ばかりで、いわゆる自己研鑽や単なるレベルチェックで受ける人はあまりいないかなと思います。

 

私自身を振り返っても過去2回、TOEICを勉強していたのは、いずれも必要でした。

 

最初は、青年海外協力隊の、英語圏への出願のために、必要だったから。

次は、青年海外協力隊から帰国後、転職活動のために、必要だったから。

 

つまり、限られた時間で明確な結果(スコア)が求められている状況だと思います。

 

この記事では、本で勉強する場合との比較や、効率性、そして実際効果あるの?という部分にフォーカスしつつ、私が実際に使ってみた感想を書いてみたいと思います。

 

使ってみた私の結論を先に言ってしまうと、TOEICでスコアが欲しいのであれば、しっかり対策すべきですし、しかも「いついつまでに」という期限があるのなら、我流・独学ではなく、このアプリでプロの指導を受けた方がいいですよ。

【11月22日更新情報】12月19日まで、最大6,000円キャッシュバックされるお得なキャンペーンが開催中です。

スタディサプリTOEICのコンテンツをサクっと紹介

all_function-r

 

最初にだいたいのイメージを持ってもらうために、スタディサプリTOEICの公式動画をリンクしておきます。

 

基本コンテンツは、以下のとおりです。

スタディサプリTOEICの内容
  • パーフェクト講義 ・・・実際に例題を解きながら、関正生先生の動画解説を見て、出題傾向や解法テクニックを学ぶことができる。これをやるだけでも十分価値あり。
  • 実戦問題集 ・・・スタディサプリオリジナルの模試×10回分
  • 実戦問題集NEXT ・・・実践問題集の続編。内容は同じで、毎月問題が追加されている。
  • TEPPAN英単語 ・・・4つのレベル別に1410語のTOEIC単語を学習できる。
  • パーフェクト講義 英文法 ・・・関正生先生がTOEICでマスターしておくべき英文法を動画で解説してくれます。
  • 日常英会話コース ・・・日常英会話からビジネスまで幅広く学習できる。これをやり続けているとリスニングとスピーキングがかなり得意になりますよ。スタディサプリTOEICの利用者は無料で使えます。単体で利用すると月額980円。

 

これらが全部使い放題、見放題になります。

 

私はタブレットで勉強していましたが、スマホでも、パソコンでもOKです。

 

実際に使ってみて、TOEICに必要な知識や情報がすべて網羅されていると思いましたし、模試形式の問題演習も10回以上あるので、十分すぎ。消化しきれないぐらいですよ(笑)

料金は月額2,980円は高い?【コスパを考える】

080_02

気になる料金ですが、月額2,980円です。

 

ただ、6ヶ月パック、12ヶ月パックにするとお得です。

cost-r

12ヶ月パック月額2,480円(一括払い:29,760円)
6ヶ月パック月額2,780円(一括払い:16,680円)
月々払い月額2,980円

 

月々払いでもいいと思いますが、TOEICはわりと長期戦になるので、6ヶ月パックぐらいでもいいと思います

 

あとで解約しても、きちんと使わなかった月の分は返金されますので、ご安心を。

 

そして、2,980円の判断ですが、本で勉強すれば、半年で1万円もいかないと思いますので、額面だけ見ればちょっと高いかなという感じがしますね。

 

本を買って勉強して独学で勉強してもある程度成果は出ますし、私も本で勉強していました。

 

ある程度自信があるなら、公式問題集だけでもOKだと思いますし、ちなみに私も875点を取ったときは、公式問題集を何回か解いて復習したぐらいでしたし。

 

ただ、これからTOEICの勉強をしようと思っていて、どの本を買って良いか分からない、確実に結果が欲しいと言う人には、このアプリで勉強した方がいいです。

 

結局、参考書も1冊2,000円ぐらいしますし、最終的に何冊も(10冊ぐらい?)必要になります。

 

そう考えると、トータルでみれば、本で勉強しても何千円~1万円以内ぐらいの差で収まりますので、その何千円をケチって独学して、結果が出なかったら目も当てられないですよ(泣)

 

切実に「いついつまでに○○点取らなければいけない」というのがあるのなら、何千円ぐらいケチらず投資しましょう。

 

コンテンツ的には「スタディサプリTOEICだけ信じてやっていれば、とにかく大丈夫。」そんなアプリになっていることは間違いないです。

 

とにかくお金をかけたくない人は、「TOEIC 参考書 おすすめ」とかでググって、自分で調べて独学しましょう。

推奨レベル

080_03

現在のあなたの英語力は、初級~上級者まで基本的に問いません。

 

ただし、もう何もかも分からない、ハロー、サンキューぐらいしか分からない超初級レベルの人は、TOEIC対策コースではなく、日常会話コース単体でスタートした方がいいです。

 

料金も月額980円で手ごろです。

私も日常会話コースを使っていますが、ハローやナイス、文法ではbe動詞から学べます。

 

リスニングも、英語の発音の基礎から徹底的に勉強できますので、TOEICのリスニング対策にもなるはずです。

 

詳しくはこちらの記事でまとめていますので、興味のある人は読んでみてください(↓)

 

逆に、TOEIC900点以上を目指すような人でも、満足できる内容だと思います

実際私も875点ですが、やっていて試験対策として役に立つ、ためになる情報が多かったですね。

 

問題演習は豊富だし、関正生先生の動画講義は、特に今まで独学で勉強してきた人には目から鱗の内容も多いと思いますよ。

 

私はまだ関先生の動画講義をすべて見てはいないのですが、時間が許せば、全部見てみたいと思っています。(なかなか時間が許してくれない泣)

各機能の使い方&使ってみた効果と評判

080_04

ここからは、具体的にスタディサプリTOEICの各コンテンツと、使い方を見ていこうと思います。

 

私が実際に使ってみて感じた効果と、口コミも合わせて確認していきます。

全体的な使用感としては、

同感。私も青年海外協力隊の応募でTOEICやってた頃、こんなアプリが欲しかった。。

パーフェクト講義

perfect-lesson-r

TOEICの実際の試験形式に合わせて、Part1~7まで学習していく、スタディサプリTOEICの中心的なコンテンツです。

中身的には、

パーフェクト講義の概要
  • 各パートごとの概要と学習法
  • 例題
  • 演習問題

という構成になっていて、要所要所では、関先生が解説講義をしています

 

TOEICは2016年5月に新形式に移行し、クセのある意地悪な問題が増えたので、この関先生の講義でしっかり傾向と対策を練ることができます。

 

使ってみて、やっぱり超人気講師だけあって、話が引き込まれるし、分かりやすいし、説得力がありますね。

 

また、各パートでは、単に解いて答え合わせして、解説講義を聴くだけでなく、スタディサプリ独自の学習コンテンツがあります。

リスニングパートの学習メソッド
  • 単語・イディオムチェック
  • ディクテーション
  • シャドーイング

単語・イディオムチェックは、問題で出てきたTOEIC頻出単語をクイズ形式で復習、勉強できる機能です。

voc-check-r

単語の勉強は英語では欠かせませんが、この機能があれば、単語帳を別に買う必要はないですね。

間違えたところの復習機能もあるので、単語帳を買って勉強するより効率的に覚えられます。

 

ディクテーションについては、私自身も以前独学でやっていたことがあって、めちゃくちゃ効果がありました

 

その辺の話はこちらの記事に書いてますので、良かったら読んでみてください(↓)

 

このスタディサプリTOEICのディクテーション機能は、使いやすくて感動するレベルで、これだけでもお金払う価値ありますよ

dictation_1-r

ディクテーションは簡単に言うと、音源の文字おこしです。

 

1字1句集中して聞かなければできないので、英語の音への感覚が鋭くなり、リスニング力UPに効果があります

 

具体的なやり方については、関先生から具体的に講義がありますので、それを参考に取り組めばOKです。

dictation_2-r

 

従来では、紙と鉛筆でディクテーションをやらなければいけなかったので、ちょっと面倒だったんですが、スタディサプリTOEICでは、めちゃくちゃ楽です

dictation_3-r

 

しかも打つべきキーボードもある程度絞り込まれていて、誤入力も避けられますし、右下にあるように、どうしても分からなければ「1文字ヒント」もあります。

本当、この機能は一度体験してほしいですね。

 

口コミでも使いやすいと評判です。

 

シャドーイングとは、音声に少し遅れてしゃべってみる元々は通訳者向けの訓練なのですが、リスニングに効果があるということで、このアプリにも採用されています。

 

ちなみに、近年の研究で、実際に声に出さなくても効果があることが分かってきていて、スタディサプリTOEICでも、口パクOKということになっています

shadowing_1-r

shadowing_2-r

 

シャドーイングについても、関先生が具体的なやり方を教えてくれます。

関先生はシャドーイングは口パクしかやったことないそうですよ。さすが超人気講師は科学的な研究もちゃんと踏まえてますね。。

shadowing_3-r

 

口コミでもシャドーイングが効果があった、使いやすいという声が多いですね。

リーディングパートの学習メソッド
  • 単語・イディオムチェック
  • スピード音読

リーディングパートでは、スピード音読という機能が搭載されています。

speed-ondoku1-r

 

これについても、コンテンツの中で関先生からやり方の説明がありますが、かんたんに言うと、ボソボソでいいから、声に出して、音読するということです。

 

シャドーイング同様、口パクでもいいとされていますが、関先生は少しだけでも声を出した方が良いと言っています。

なぜなら、黙読だと、都合の悪いところ、読みにくいところを無意識的に読み飛ばしてしまうからです。

 

音読って、私も面倒くさくてあまりやらないんですが、英語学習に効果があることは科学的にも認められています。

 

このスピード音読機能なら、棒グラフのような感じで制限時間がカウントダウンされるので、ゲーム感覚になってやりやすいですよ。

本番で必要なレベルのスピード感も身につきます

speed-ondoku2-r

 

口コミでの評判も上々です。

私のような面倒くさがりやでも、続けることができています(笑)

実戦問題集(NEXT)

zissen-mondai-r

模試形式の問題演習です。

 

テキストが別売になっていますが、特に買わなくてもアプリ内で勉強できます

一度やってみて、どうしても紙の方がやりやすいという人は、買っても良いと思います。

 

ポイントとしては、この問題演習でも、要所要所で関先生の解答解説講義が見れることです。

zissen-mondai_2-r

関先生の講義は、ポイントを突いていて、本当にわかりやすいですよ。

口コミでも安定の評判です。

独学で本で勉強していると、試験対策という点が手薄になります。

 

でも、このスタディサプリTOEICなら、どこに気をつけたらいいか、どういうポイントが問われやすいか、を具体的な問題演習を通じて、きちんとプロが指導してくれるので、安心して勉強できますよ。

 

また問題は、毎月更新されるので、常に最新の傾向に沿った問題演習ができます

TEPPAN英単語

teppan-voc-r

TOEICの頻出英単語1410を学べるコンテンツ。

単語の勉強方法も、関先生のアドバイスがあります。

teppan-voc_2-r

 

レベル別になっていて、目標スコアに合わせて勉強できるので、効率的です

目標スコア別 収録語数
  • 600点・・・750語
  • 730点・・・340語
  • 860点・・・230語
  • 990点・・・  90語

ちなみに、私は目標990点だけやりましたが、あやふやだったり。知らない単語もわりとあって、効率的に必要な単語を暗記するのに役立ちましたね。

 

パーフェクト講義や、実戦問題集でも単語・イディオムチェック機能があるので、単語学習は基本的にこのアプリだけでOKですよ。

口コミでも同様の声が(↓)

パーフェクト講義 英文法

grammer-r

これはもう関正夫先生のオンステージです(笑)

実際のTOEICの問題演習を通じて、必要な文法知識を学習できます

 

私は興味本位で、仮定法を関先生はどう解説するんだろうと思って、見てましたが、数分の動画講義なんですが、暗記に頼らない本質を押さえた解説で、とても分かりやすいです。

grammer_2-r

 

関先生の文法講義は、非常にわかりやすいので、時間があれば全部しっかり見たほうがいいです。

 

この文法コンテンツは、Part5,6対策になりますので、関先生の解説講義をしっかり理解して、実戦問題集で演習を積み重ねれば、Part5,6の文法問題は満点狙えます

【関先生直伝】スタディサプリTOEICの試験対策

080_05

ここでは、関正夫先生がどんな試験対策を伝授してくれるのか、具体的に紹介していきたいと思います。

 

一言で言うと、独学では学べない、対策できない内容を、関先生は余すところ無く、解説講義で教えてくれます

 

それに、本で読むだけより、、動画で聞く解説は、格段に頭に残りやすいですし、ビジュアル的に分かりやすいです。

part1_1-r

Part1,2では、小手先のテクニックではなく、しっかりディクテーションをして、本質的なリスニング力を高めるのがスコアアップにつながる、というのが関先生の理論です。

 

私もまったく同感です。

しっかりしたリスニング力がないのに、テクニックに走ると、新形式になってより意地悪になったTOEICの問題にひっかかります

 

part1_2-r

画面を見ながら、ナレーションが聞こえるので、正解選択肢をタップする、というシンプルな操作性で、使いやすいです。

 

part1_3-r

問題演習の後は、関先生の解説講義で、問われやすいポイントなどを説明してくれます(←本で独学してたら、学べない話ばかりで役に立ちます)

 

Part3,4の長めのリスニングへの対策ですが、関先生は設問文の先読みを推奨しています。

part3,4-r

問題のガイダンスが流れている間に、設問だけ先に読んで、何に注意して聞けばいいか頭に予備知識を入れておくという作戦です。

 

私は先読みは邪道だと思い、先読みをしない派だったんですが、関先生のアドバイスに従って、先読みをするようになったら、正答率がグンと上がりました!

確実にスコアが必要なら、関先生のアドバイスに素直に従いましょう(笑)

 

多くの受験生が時間との勝負で苦戦するPart7ですが、関理論では基本的に、拾い読み(スキャニング)はせず、しっかり全部読みましょうというスタンスです。

part7-r

私も昔まだスコアが500点台だった頃、拾い読みをしていた時がありましたが、読み飛ばしたところに正解の根拠があったり、効率が悪かったので、全部読む派に変えたら、しっかりスコアを伸ばせるようになりました

 

やはり、英語をしっかり迷わず正確に読めるというのが、結局スピードにつながるので、関先生の言うとおり、急がば回れが正しいスタンスだと思いますね。

 

ちなみに、長文問題のアプリの操作性ですが、他と違って少し面倒ですが、慣れれば何てことないです。

 

最初は長文だけ表示されていて、

part7_2-r

 

下の「問題を開く」をタップすると、こんな感じで問題が開きますし、その後また問題文を広く読みたい場合は、問題を閉じることもできて、開閉自由です

part7_3-r

デメリット

080_06

基本的に、「いつまでに○○点が必要」という確実な成果が欲しい人は、独学ではなく、このスタディサプリTOEICを使うべきです。

 

ここで、私が使って感じたデメリットを書いてみたいと思います。

Part7は操作性に難あり

先ほども、紹介したようにPart7は、操作性がやや面倒です。

 

慣れれば大したことではないのですが、紙ベースの問題を解く場合に比べて、操作が必要な分、時間がかかってしまいます。

 

何が問題かというと、TOEICのリーディングパートは1分1秒を争う時間との勝負になるので、しっかり時間を計って問題演習をしたい場合、あまり参考にならないのです。

 

本番1ヶ月前など、しっかり本番を想定して問題演習をする時は、1問何秒で解けたか、時間を意識して問題演習する必要があるので、その解くスピード感覚が身につかない思いますね

通しで時間を計ってやるのは無理がある

くり返しになりますが、リーディングパートは時間との勝負です。

 

本番前は何度か通しで時間を計って、問題演習(模試)をする必要がありますが、このアプリではアプリの設計上それができないのが難点です。

 

しかし、そもそも模試形式で本番を想定して時間を計って、演習するなら、アプリではなく本番と同じ "紙ベース" でやるべきです。

 

公式問題集でもいいですし、このスタディサプリTOEICの実戦問題集を購入して解くのもアリだと思います。

その場合、通しで実戦問題集を解いて、関先生の解説講義をアプリで見るという使い方ができます

最新の傾向に沿った試験対策を効率的に

080_07

前半の方で書きましたが、TOEICは新形式に移行してから、問題がかなり意地悪になりました。

たとえば、公式問題集にこんな問題がありました。

(音声)Have you finished the draft of the report yet?(あなたはもう報告書の下書きを終えましたか?)
(解答)I had a conference call all morning.(私は午前中ずっと電話会議をしていました。)

TOEIC新形式公式問題集3より

これはYes / No で答える質問なので、普通なら、そして旧形式TOEICなら、基本的にYes / No で答えている選択肢が答えになっていました。

 

しかし、この選択肢は、Yes / No すら答えず、いきなり「午前中電話会議だった」と言い訳していますね。

 

通常の会話でも、「いやぁ、まだなんだよ」とか Yes / No に相当する前置きをするのが普通だと思うのですが、新形式TOEICでは、こうした前置きが一切ないのが一つの特徴です。

 

私も新形式の公式問題集を初めて解いたときの感想として、

「聞き取れているのに、選択肢で迷う」

というのが結構ありましたね。

 

「これ、コミュニケーション力を計る試験としてダメじゃないの?」と、悪口の一つも言いたくなりますよ。

 

ただ、試験は試験、私たちもスコアが必要なので、試験の傾向を知り、対策する必要があるのです。

 

また、関先生の講義の中で、こんな1コマがあったので紹介します。

listening_tip-r

これは、Part3のリスニング問題についての関先生の解説なんですが、ナレーションの中に “instead of” というセリフが聞こえたら、注意して聞け!というものです。

 

“instead of” は「代わりに」という意味で、A→Bに何かが変更される意味なので、何がどう変わったのか?がかなりの確率で問われる、という試験傾向を解説してくれています。

 

こういうちょっとしたテクニック、試験対策上のアドバイスが、関先生の解説講義の中で結構あります

 

テクニックや試験対策的なことは、参考書でも学べなくもないですが、効率が悪いですし、そもそも最新の傾向を反映していない場合もあるので、注意が必要です。

 

スタディサプリTOEICなら、実戦問題集も毎月更新され、最新の傾向に沿った関先生直伝の試験対策が学べるので、確実に結果を出したい人には、効率的だと思いますよ。

こんな人におすすめ

080_08

最後に、どんな人にスタディサプリTOEICがおすすめなのか、まとめてみます。

スタディサプリTOEICをやるべき人
  • 確実に結果が欲しい(いつまでに○○点どうしても取りたい)
  • 毎日忙しいので、スキマ時間を使って効率的にTOEICの勉強がしたい
  • 今まで独学で勉強してきたが、最新の傾向に沿った試験対策をしたい
  • 関正生先生の神授業に興味がある

私自身はTOEICを、本を買って独学で勉強したので、本でも全然大丈夫だよ!というのが基本スタンスです。

(そもそも、私が勉強していた頃はスタディサプリTOEICは無かった)

 

ただ、独学は自分ですべて勉強法を決める必要があるので、「この参考書でいいんだろうか?」とか「この勉強法で合ってるんだろうか?」とか、とにかく不安です。

 

なので、昇進や転職など、TOEICのスコアが確実に欲しい、絶対結果が欲しい!という場合は、ケチケチせずにスタディサプリTOEICを使った方がいいですよ。

 

ツールは揃ったしあとは勉強するだけ!という感じで、何も迷いなく勉強に集中できるというのは、あなたが思っている以上に重要です。

 

お金についても、参考書で勉強する場合と、このアプリを使うの場合、費用の差はせいぜい何千円~1万円以内で収まるはずです。

それを大事な、人によっては人生がかかったようなTOEIC試験のために、ケチケチしない方がいいですよ、マジで。

 

それから、スマホだけで基本的に完結するので、通勤や仕事の休憩時間など、スキマ時間を使って効率的に勉強できます

 

スキマ時間は、細かいものまで積み重ねると1日2時間ぐらいになったりしますので、忙しい社会人は有効に使いましょう。

 

また、独学で勉強してきた人で、試験対策には不安があるという人にもおすすめです。

演習問題は消化しきれないぐらいありますし、関先生の解説講義もあるので、しっかり試験対策できます。

 

私もTOEICで目標スコアを達成したおかげで、青年海外協力隊で英語圏に行けましたし、TOEICは控えめに言って、結果次第で人生が変わりますよ

結果が欲しいのであれば、ぜひ今すぐ始めましょう。

より確実な結果が欲しい人へ【パーソナルコーチプラン】

080_09

より確実に結果が欲しいという人には、パーソナルコーチプランというのもあります。

内容はというと、

パーソナルコーチプランでできること
  • コーチと共同で、学習プランの作成
  • コーチによる日々の学習管理とチャットで相談もできる
  • 定期的な学力チェック
  • 音声通話(電話)で、定期的にカウンセリング、学習相談
  • スタディサプリTOEICが無料で使える(日常会話コースも使える)=2,980円相当
  • パーフェクト講義のテキスト4冊(紙ベース)=3,844円相当
  • 実践問題集4冊(紙ベース)=4,232円相当

料金は、3ヶ月コースで月額5,664円(12回分割払いの場合)となります。

 

つまり、スタディサプリTOEICにたった月額2,684円を足すだけで、紙ベースのテキストも無料でもらえるし、あなたにマンツーマンのコーチがつくわけです。

 

パーソナルコーチプランは得点アップを保証するものではないですが、面倒なことはコーチに考えてもらって、あなたは勉強に集中するだけなので、より結果が欲しいという場合にはぜひオススメします。

 

口コミを見ても、かなり評判ですね。

 

 

パーソナルコーチプランの詳しいレビューは、こちらで書いているので、興味のある人は、あわせて読んでみてください。

【検証】スタディサプリTOEICパーソナルコーチの評判 | デメリットも

【悲報】正直、こんな場合は独学では無理です

英語は完全独学でも話せるようになるし、TOEICも高得点が取れます。

私自身もTOEIC400点前半→705点までは、日本にいて完全独学で取れました。

ただ、1年半かかってるんですよね。

 

これはわりと平均的なスピードだし、ネットや広告で見るような独学3ヶ月で200点UP!とかは、たまたま好条件が重なっただけで、再現性も低いというのが私の考えです。

 

正直言って、3ヶ月で200点上げる方法なんて私には分かりません。

これが私の考える独学の限界です。

 

どうしても短期間でスコアアップをしたいなら、素直にスクールを使うのが賢明だと思いますね。

以下は私目線で、TOEICのスクールを3社に厳選し、徹底比較した記事なので、スクール選びの参考になるはずです。

【3選】TOEIC対策に強いおすすめのスクール | 短期間でスコアを上げる

 

TOEIC以外の、ビジネス英会話などのスピーキングでも、同じことが言えます。

個人的にはスピーキングを伸ばすなら、オンライン英会話がベストだと思ってますが、3ヶ月とかでそれなりの結果が出したいのなら、話は別。

 

何が原因で話せないのか、きちんと客観的に自己分析して、それに対応した勉強ができるなら、独学でもいいかもしれません。

だとしても、3ヶ月でそれなりに話せるようになるというのは、控えめに言ってギャンブルだと思いますね。

 

個人的には、どうしても短期間で英会話力を伸ばしたいなら、スクール1択です。

以下の記事では、私目線で信頼できそうなスクールを5社厳選し、比較していますので、参考にしてみてください。

元海外営業が選ぶ!英語コーチングスクールのおすすめ5選 | 目的別に徹底比較!

Twitterでフォローしよう!