163_1

仕事のために英語を集中的に勉強したいんだけど、トライズってどうなんだろう?1年も続けられるかすごく心配。トライズで挫折した人の声を聞いてみたい。

 

こんな疑問に答えていきます。

 

トライズは1年1,000時間をかけて、集中的に英語を勉強するコーチングスクールですが、正直1年も続けられるのか心配ですよね。

受講料も年間100万円以上かかるので、不安になって当然だと思います。

 

結論から書くと、途中で挫折する人は8%にすぎず、主な要因は

  • 勉強時間が確保できなくなった
  • モチベーションが続かなくなった

の2つしかありません。

 

これは、沢山の口コミやブログ、ツイッターでのリアルな利用者の声を集めた、私なりの結論です。

私が英語を勉強してきた自分自身の経験を振り返っても、英語の勉強が続かなくなる理由は、だいたいこの2つですね。

 

この記事では、このことを踏まえて、

  • トライズの特徴(メリット・デメリット)
  • トライズで挫折・失敗する人の典型パターン

について、実際の受講者の口コミや評判とともに、ビジネス実務で英語をずっと使ってきた私が徹底解説していきます。

 

ちなみに私はTOEIC880点で、青年海外協力隊としてジャマイカ(英語圏)で活動後、メーカーの貿易・海外営業職で主任をしていました。

 

トライズで迷っている人には、参考になる話をいろいろ書いているので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

後で解説しますが、途中で解約しても受講料はきっちり返金されるので、今時点で英語へのモチベーションが高い人は、無料カウンセリングを受けてみてもいいと思いますよ。

 

【12月12日更新情報】12月31日まで、受講料が最大30万円割引になるお得なキャンペーンが開催中です。

トライズ公式サイト(無料カウンセリングの予約はこちら)

本物の英語力を身につける!トライズの3つの特徴

163_2

トライズは、1年で英語をビジネスで実際に使えるようになることを目指す、コーチング系のスクールです。

 

先に書いておくと、こうしたコーチングスクールでは、

  • 料金(受講料)
  • 1人ひとりに合わせた、オーダーメイドカリキュラム
  • 専属コンサルタント(コーチ)がサポート
  • 1日2~3時間、短期間で英語を集中的に学ぶ
  • SLA(第二言語習得研究)や言語学など、科学的根拠にもとづいた勉強法

 

については、だいたいどのスクールでも一緒です。

163_pic6

極論ですが、どこも選んでもきちんとやり遂げれば、成果は出ると思っています。

 

コーチングスクールの基本的な説明は、こちらの記事で詳しく書いているので、まだよく知らない人は先に読んでみてくださいね。

元海外営業が選ぶ!英語コーチングスクールのおすすめ5選 | 目的別に徹底比較!

 

一方で、指導方針やカリキュラムなどは各社しのぎを削って、独自の色を出してきています。

トライズでは、1年1000時間という長い時間をかけて、確実で本物の英語力を身につけることが最大の特徴です。

 

他のスクールが、2~3ヵ月の短期集中で結果を出すことを売りにしているのに対して、トライズは1年という期間を提案しています。

確たる英語力を身につける!1年間1000時間のカリキュラム

トライズのカリキュラムでは、ビジネス実務で使える英語を身につけることに特化しています。

1年1,000時間と聞くと、かなり長いように感じると思いますが、ぶっちゃけ私の経験上、2~3ヵ月で上達できるレベルなんて、限られています

 

私も社会人になって4,000時間ぐらい英語に費やしていますが、TOEICはまだ900点に届かないですし、、

淡い期待を裏切るようですが、本当に英語を使えるようになりたいなら、1年ぐらいは真剣に英語と向き合うぐらいの努力は必要ですよ。

 

トライズのカリキュラムのように、英語はだらだら毎日10分勉強するより、ギュッと密度を上げて勉強した方が伸びます

私は有名な通信講座「1000時間ヒアリングマラソン」を受講していましたが、そのコンセプトがトライズに非常に似ているんですよね。

 

ヒアリングマラソンのコースガイドには、こう書いてあります。

外国語を習得するためには、一定期間、ある程度の「量」をこなし、「圧力」をかけて習慣的に学習することが必要です。

1000時間ヒアリングマラソン -コースガイド

 

つまり、トータルの時間だけでなく、どれぐらいのスパンでこなしたのか?という密度も重要だということです。

これは私の経験上も同意です。自分の英語力がいつ伸びたのかを振り返ってみると、やっぱり1年とか半年、ガッチリ集中的に勉強した時期なんですよね。

 

トライズの公式サイトには、1000時間の根拠として、アメリカ国務省付属機関FSIの調査結果が引用されています。

163_pic1

 

英語話者が日本語を習得するためには2,200時間が必要とされていて、その逆も同程度の時間が必要と考えられているそうです。

そして私たちは義務教育、学生生活の中で曲りなりにも、1200時間程度、英語の勉強をすでにしてきています。

 

つまり、差し引きで残り1000時間の勉強が足りないということ。(←なんて合理的...)

トライズの受講者の実績からも、約800~1000時間で、Versantスコア(スピーキングテスト)が、英語圏で生活できる平均45点に到達するそうです。

163_pic8

 

長い目でしっかり英語力を身につけたいなら、他スクールのように、2~3か月ではなく、1年間学ぶのは必要だと思いますね。

トライズ公式サイト(無料カウンセリングの予約はこちら)

ネイティブ講師が担当!週3のレッスン内容

実際のレッスンはすべて、ネイティブ講師が担当し、レッスン内容は以下のとおり、週3回です。

 

ネイティブ講師は専属ではないですが、担当制になっていて、おおむね毎回決まった講師からレッスンを受けます

163_pic4

 

オンライン・プライベートレッスン(1回25分、週2回)

ネイティブ講師が、マンツーマンでレッスンを行ってくれます。

スカイプを使ってオンラインで受講するため、自宅でできるし、早朝や深夜など生活スタイルに合わせてレッスンを受けられますよ。

 

毎回決まった講師からレッスンを受けられるのは、魅力的ですね。

通常の安いオンライン英会話だと、毎回講師が変わるし、レッスンの引継ぎも基本ありません。

 

なので、英語を話す機会を作れるのは良いけど、うまく自己管理できないと、ただ英語をしゃべってるだけで進歩がないってことになりがちです。

カリキュラムもレッスンも、担当講師があなたの苦手や職種・業種、目的にあわせて完全にオーダーメイドで作ってくれるので、効率的ですよ。

 

グループレッスン(1回50分、週1回)

ネイティブ講師が進行役になって、最大4人の少人数制のグループレッスンがあります。

※通学ではなく、オンラインで受講する場合は、グループレッスンはなく、代わりにマンツーマンレッスンとなります。

 

マンツーマンレッスンが、あなたの独学に寄り添って教えてくれるものだとしたら、グループレッスンはその実践の場です。

他の受講者や講師とのディスカッションもあるので、会議などビジネスの現場を想定したトレーニングとしては、すごく良いと思いますね。

マンツーマンでは得られない、話を切り出すタイミングとか、意見を出し合っていくプロセスを学べるので、実践的な会話力が身につくはずですよ。

【継続率92%】日本人コンサルタントが万全のサポート

トライズのすごいところは、1年1,000時間のスパルタ方式にもかかわらず、継続率が92%と高いことです。(=ほぼ途中で挫折する人がいない

 

ネイティブ講師からレッスンのほかに、日々の学習管理・進捗管理は、日本人の専属コンサルタントが行います。

163_pic9

 

独学だとどうしても、日々この勉強で合ってるだろうか、無駄なことをしてないか、悩みますよね。

英語は勉強しても伸びない期間が、どうしてもあるので、不安になるのも普通だと思います。

トライズでは専属コンサルタントが、あなたの学習を常に確認し、不安や悩みの相談に乗りながら、最短ルートで目標にたどり着けるようにサポートしてくれます。

 

トライズの継続率が92%で、満足度も98%と高い秘密は、このサポート力にあると思っています。

 

実際の受講者の声などが公式動画にあったので、こちらを見るとイメージしやすいと思いますよ。

 

具体的なサポート内容は、以下のとおりです。

フィードバックメール(毎日)

トライズでは専用アプリを使って、毎日の勉強時間と何を勉強したかを報告する仕組みになっています。

それを見て、専属コンサルタントが毎日メールで、アドバイスや激励などコメントをくれるという流れですね。

勉強していて気になったことは、毎日コンサルタントに相談してすぐ解消できるので、勉強に集中しやすいと思いますね。

 

面談・プログレスチェック(隔週)

専属コンサルタントとは2週間に1回、マンツーマンで面談を行うことになっています。

ネイティブ講師のレッスンについて、何か気になることがあれば相談もできますし、もっとこういうことを勉強したいというリクエストも出せます。

とにかく、面と向かって話すので、メールだと面倒くさくて言いにくいことも、疑問、心配など全部気軽に話せるのが大きいですよね。

 

1年という長丁場を一緒に走ってくれるコンサルタントなので、日々メールや面談で話し合うというのは、お互いの信頼関係を作るうえでもメリットがあります。

公式サイトの口コミでも、こんな受講者の声がありました。

一人だと気持ちが切れてしまうときもあります。そんなときに、コンサルタントやネイティブ講師が伴走者のように寄り添ってくれて、モチベーション維持を助けてくれる。
既定のアドバイスではなく、一人ひとり受講生の現状を把握した上でサポートしてくださるので、こちらも信頼が増していくのだと思います。
卒業しても楽しみながら英語を勉強できているのも、こうして支えてくださった人たちのおかげ。コンサルタントや講師の人には、感謝の気持ちしかありません。

トライズ 公式サイトより

 

やっぱり最後は人間なので、1年間も同じコンサルタントや講師が応援してくれると情もわくし、気持ちが折れそうな時の踏ん張りも違うと思いますね。

トライズ公式サイト(無料カウンセリングの予約はこちら)

トライズで挫折・失敗する原因TOP2 | 受講者の声から考察

トライズについては、公式サイトやネット上での受講生の声をかなり読み漁りましたが、効果や実績に関しては信頼性が高いように思います。

一方で、途中で挫折する人も8%(継続率92%)いるのも事実です。

私もこれまで何度も挫折しかけてるので経験的に分かるのですが、英語の勉強で挫折するパターンは、トライズに限らずだいたい決まっています。

 

ここでは、トライズ受講生の口コミや評判をもとに、トライズで挫折する8%ってどんな人?という部分を深堀りしていきますね。

1日3時間の勉強時間を確保できない

これはトライズに限らず、短期集中のコーチングスクール全体に言えることですが、社会人で働きながら1日3時間はわりと大変です。

この辺は公式サイトに載っている受講生の口コミ(インタビュー)にも、わりと正直に書かれていて、とても参考になります。

 

たとえば、

1000時間の勉強って、本当に、かなりしんどいですよ…。辛くないプログラムだとはとても言えないです。

トライズ ‐公式サイト 受講生の声より

公式サイトに普通、こういうマイナスなことってあまり載せないですよね。

 

具体的に受講生がどの程度しんどい思いをしたのか?という点でも、公式サイトに以下のような口コミがあります。

私が苦労したのは、勉強時間の確保。自宅から会社までが近いので、通勤時間がなく隙間時間を使えませんでした。だから、朝3時に起きて勉強することもやったりしていました。

トライズ ‐公式サイト 受講生の声より

トライズで学習している1年間は、飲み会にもほとんどいかなくなり、昼食も一人で公園に行きシャドーイングをしながら食べていました

トライズ ‐公式サイト 受講生の声より

朝3時に起きたり、飲み会にも行かず、昼休みも1人で公園で勉強しながら食べるとか、心身ともにしんどいですよね。

 

勉強時間の捻出方法について、トライズでは、基本的にスキマ時間の活用を推奨しています。

公式サイトにも、時間の捻出に苦労していた受講生について、こう書いてあります。

塚本さんは仕事がお忙しく、平日はどんなに頑張っても2時間の自己学習が限界でした。その穴を埋めるために、土日にまとめて10時間を学習に割り当てましたからね。
トライズには、お勤めしながら通われている方も多く、最初はみなさん「勉強の時間なんて取れない」とおっしゃるんです。

でも、私たちコンサルタントと「すき間時間」の学習を習慣化していき、修了される頃には、英語はもちろんのことタイムマネジメント能力もアップする。
トライズでの学習プログラムを修了され、今まで自己学習に充てていた時間で、新しい趣味を始められる方も多いです。

トライズ ‐公式サイト 受講生の声より

私も働きながらTOEICの勉強をしていた頃は、通勤時間や昼休みなどもフル活用して毎日3時間ぐらい勉強してました。だいぶしんどかったですが、スキマ時間は探せば結構ありますよ。

 

主体性がない | 自習など勉強する姿勢の問題

トライズについて、数はかなり少ないですが、ネガティブな指摘(評判)もあります。

たとえば、

 

この人は「完全に個人の自主勉強に依存したシステム」と書いていますが、ある程度当たっていると思います

トライズの学習プログラムは、後ほど解説しますが、トライズのレッスンは週2~3回しかないので、毎日3時間はほぼ自習で積み上げることが必要です。

基本的にコーチングスクールは、学習のコンサルティングにお金を払う部分が大きいので、その点を理解しないと、「高いお金を払ったわりに、全然教えてもらってない...」みたいな不満になるんですよね。

 

実際に、上記の口コミのように、後悔して途中で辞める(挫折)する人も一定数いると思います。

公式サイトに載っている受講生の口コミにも、こんな声がありました。

トライズのサービスって、講師のクオリティがいいとか、自分のレベルや目的に合わせてプログラムをカスタマイズしてくれるとか、色々アピールポイントはあると思います。でも、その辺は自分としては、まぁそうだね、っていう感じですかね?(笑)
結局、英語は勉強するだけの部分があるので

トライズ ‐公式サイト 受講生の声より

 

「結局、英語は勉強するだけの部分がある」というのは、「結局伸びる伸びないなんて、勉強するかどうかだよね」ということです。

これを理解できないと、トライズに限らず、コーチングスクールに通っても満足度は高くならないと思うし、結果もついてこないと思いますね。

 

実際にトライズを受講した人のブログを以下に2つ紹介しますので、興味のある方は読んでみてください。

おおむね、私が上記で解説したとおりのことが、具体的な体験談とともに書いてあります。

 

トライズ公式サイト(無料カウンセリングの予約はこちら)

トライズで効果があった人の口コミ・評判

163_5

ここではツイッター上にある、トライズのリアルな評判や口コミを集めてみましたので、紹介します。

1000時間は難しそうだけど、、なんて書いてますが、ぶっちゃけ9ヶ月で700時間も継続できてることが、純粋にすごいと思いますね。

この人も書いてますが、9ヶ月もすると英語の勉強の習慣が身につきます

学習習慣や、勉強時間を作るタイムマネジメントは、ずっと手元に残るスキルなので、受講期間が終わった後も、独学する上での財産になると思いますよ。

 

定期的に面談してその都度、課題を修正したり、学習の方向付けをしてもらえるのは初学者にとってはすごくメリットだと思います。

英語学習の場合、フィードバックをもらえることってスクールに行かない限りほとんどないですからね。

少しでも話せるようになったり、聞き取れるようになると、英語の勉強はどんどん楽しくなります。コンサルタントのサポートもあるので、やる気も出ますよね。

 

このツイートでもはっきり分かるのは、勉強するのはあくまで自分だということ。

 

コンサルはその都度的確にアドバイスをくれるし、ネイティブ講師も生徒に合わせてピンポイントで指導してくれる。

でもそこを頑張れるかどうかは自分次第なんですよね。

トライズのように、伸び悩んだり大変な時期を毎日サポートしてくれるのは、精神的にすごく大きいと思いますね。

トライズ公式サイト(無料カウンセリングの予約はこちら)

トライズの2つのコース | 料金プランや保証内容

163_3

トライズでは、元々ビジネス英語に特化したスピーキングコースしかありませんでしたが、現在ではTOEIC対策コースが追加されました。

ここでは、各コースの全体像を整理しながら、ポイントを補足して解説していきます。

スピーキング本科 | ビジネス英会話を身につける

 

プログラム内容
  • ネイティブ講師を交えた少人数制のグループレッスン(週1回)
  • ネイティブ講師とのマンツーマンオンラインレッスン(週2回)
  • 専属日本人コンサルタントによる日々の学習管理、メールサポート(毎日)
  • 専属日本人コンサルタントとの面談(月2回)
  • 自習(シャドーイングやレッスンの予習、フレーズ暗記など)(毎日)
  • Versantを使ったスピーキングテスト(月1回)
入会金50,000円
受講料月額受講料:108,000円
保証制度
  • 全額返金保証・・・開始1か月間以内なら無条件で解約、返金を受けられる
  • 解約返金保証・・・開始1か月以降に解約しても、残期間分の受講料が返金される(一括または6か月分一括払いの場合のみ。)
  • 無料延長保証・・・開始1年間で全く英語力が伸びなかった場合は、最大3ヶ月期間を延長できる
教室
  • 東京(虎ノ門、新宿、田町三田、赤坂、銀座、秋葉原、丸の内、池袋)
  • 神奈川(横浜みなとみらい)
  • 大阪(梅田、なんば)
  • オンライン
開講時間火~金 13:00~20:00 土 10:00~17:30

 

自習とVersantスピーキングテストについて、補足をしておきますね。

使用するテキストは、専属コンサルタントが、あなたの苦手やその時の課題に合わせて、市販のテキストから選んでくれます

 

実際に使うテキストは、どんどん話せる瞬間英作文や、英会話1000本ノックなど、いわゆる有名本です。

 

2冊とも私も、スピーキングが苦手だった頃に独学でお世話になりました。

市販の参考書の場合、生徒のニーズや課題にあわせてきめ細かく、最適な本を選べるのが強みですね。

 

瞬間英作文は文法をマスターしたのにしゃべれない人にはピッタリだし、英会話1000本ノックは、英会話の瞬発力を鍛えるのに最適です。

またトライズでは、Versantというスピーキングテストで、毎月生徒のスピーキング力をスコア化しています。

163_pic5

 

Versantは20分程度で終わり、どこでもオンラインで受けられるテストなので、大手企業や外資系企業、アメリカ大使館の採用試験などで導入が進んでいるもの。

スピーキング力は自分でどの程度伸びたのか、客観的に判断しにくいので、毎月スコア化することで、その後の学習計画も立てやすくなるメリットがあります。

 

独学やVersantのスコアは、すべて専属コンサルタントにフィードバックされ、適宜、課題を修正したり、勉強法の見直しに使われます。

具体的なデータをもとに学習のコンサルティングをしてもらえる点が、トライズの強みですね。

TOEIC対策プログラム | スコアアップ保証付き

トライズでは、受講期間2か月で、最大200点のスコアアップ保証が付いたTOEIC対策コースもあります。

スピーキングコースとはかなり内容が異なるため、以下に整理しておきますね。

プログラム内容
  • オーダーメイドの学習プラン作成(1回)
  • 日本人講師によるマンツーマンのオンラインレッスン(週2回)
  • 専属日本人コンサルタントによる日々の学習管理、メールサポート(週5日)
  • 専属日本人コンサルタントとの面談・コンサルティング(週1回)
  • シャドーイングチェック(週3回)
  • 単語力測定テスト(週3回)
  • 速読力測定テスト(週1回)
  • 英文法テスト(1回)
  • 試験直前対策セミナー(月1回)
  • 模擬試験(3回~)
入会金50,000円
受講料230,000円
保証制度
  • 全額返金保証・・・開始1か月間以内なら無条件で解約、返金を受けられる
  • スコアアップ保証・・・以下のスコアアップを達成できなかった場合、無料で1ヶ月延長できる

(スタート時 2か月での保証スコア)
 0~545点 200点アップ
 550~645点 150点アップ
 650~745点 100点アップ
 750~845点 50点アップ

スコアアップ保証が付いてこの値段は、他スクールと比較しても安いです。結果が保証されている状況で勉強できるって、すごく精神的に楽ですよ。あとは頑張るだけですからね。

トライズ公式サイト(無料カウンセリングの予約はこちら)

他スクールとの比較【メリット、デメリット】

163_4

では、ここで他のスクールと比べたときの、メリットとデメリットを整理していきます。

TOEICコースがない【デメリット】

多くのビジネスマンにとって、TOEICは最初のビジネス英語の入り口です。

会社や転職などで必要な場面も多いと思いますが、トライズではTOEIC対策コースはありません。

 

私も最初に英語を勉強したのは、TOEICが入り口でしたし、実際に使えるかはともかく、スコアが必要でした。

私のケースのように、とにかく今はスコアが必要なんだ!という人も確実にいるはずなので、そういった人は他のスクールを検討しましょう

受講期間が長い【デメリット】

冒頭の方に書きましたが、これから英語を勉強を始めようとする人は、1年間毎日2~3時間の勉強が必要だと言われて、不安しかないと思います。

毎日30分さえ勉強してこなかった人が、いきなり2~3時間なんてできるのかと。

 

個人的には最初は2~3ヵ月のコースからスタートして、そこで習慣づけをしてから、1年を目指すのが理想的だと思っています

受講者からすれば、安心して一歩踏み出せますしね。

 

途中解約しても残期間分は返金されるとはいえ、いきなり1年は勇気と度胸が必要です。

逆に言えば、そういう強い覚悟がないと難しいと思いますね。

本物の英語力が身につく【メリット】

これも最初の方に書きましたが、他のスクールのように2~3ヵ月では、経験上、英語ができるようになると言っても、限度があります

英語の音やリズムに慣れて、少し聞き取れるようになったとか、英語が口からサッと出てくるようになったとか、最初の一歩としては大きいと思います。

 

でも、実際にビジネスの現場で必要なレベルは、はっきり言ってそれ以上です。

自分の意見を論理的に説明できたり、相手の発言をしっかり聞き取れたりできるレベルでないと、実務では使えません。

 

そのレベルまでたどり着く期間として、(私は独学だったのでもっと時間はかかりましたが、)最低1年1000時間は必要だと思いますね。

トライズにはTOEICコースはないですが、このレベルに達すれば、一緒にリーディングも伸びてきますので、自ずとTOEICスコアも伸びるはずです。

ネイティブからレッスンを受けられる【メリット】

私自身、オンライン英会話でノンネイティブとネイティブの両方から、教わった経験がありますが、なんだかんだ言ってネイティブの方がいいです。

ネイティブというのはその言葉のプロなので、発音や表現力などすべてにおいて、クオリティが違います。

 

ノンネイティブは、一生かかっても追いつけないぐらい大きな差があります。

予算が許すのなら、ネイティブからレッスンを受けたいといつも思っています。

 

ましてや、ビジネスで英語を使うのなら、ネイティブと話すことに慣れておくと、実務上もすごくメリットがあります。

文化的な価値観もそうだし、話すスピードやイントネーションなども、そっくり学べますよね。

 

安いと言われるオンライン英会話でさえ、週3回もネイティブからレッスンを受けようとすると、それだけで月3万はいきます。

トライズはその上、講師はあなた専属で、毎回同じ先生がレッスンしてくれるし、カリキュラムも完全オーダーメイド。

 

そう考えると、月10万ってそんなに高くないと思いますね。

それぐらいするわな、、という感じです。

トライズ公式サイト(無料カウンセリングの予約はこちら)

 

こんな人に勧めたい【効果が出る】

163_6

以上を踏まえて、私から見て、こんな人にトライズを勧めたいというのを挙げてみました。

 

主体的に勉強できる人

先ほどのネガティブコメントのような人ではなく、自分で考えて勉強できる人でないと難しいと思います。

結局勉強するのは自分で、英語力を上げるのも自分だ、そのためにトライズを使い倒すんだという発想が望ましいですね。

 

これはスポーツと一緒ですね。

トライズはあくまでコーチでしかなくて、やるのはあくまで選手です。

 

選手が主体的に自分で考えて行動できないと、いくらコーチが素晴らしくても結果は出ません。

こっちはお客で、あとはトライズに何とかしてもらおう、という考えではダメです。

 

今の仕事で英語が必要な人

こういう人は、必要性が具体的に感じれるし、どんな場面で英語を使うのかもイメージしやすいので、モチベーションになります

 

トライズが重視しているのはまさに、ビジネスで使うための、仕事に直結する英会話力なので、ピンポイントで対象です。

転職を考えていて、将来的に英語が必要だからなど、少し先の未来を想定している人でもいいんですが、必要に迫られている人ほどモチベーションは高くなります。

 

私が青年海外協力隊でジャマイカ(公用語:英語)に派遣されたときもそうでしたが、リアルにどんな状況で、どんな会話が必要なのか自分でわかるので、目的が明確。

学んだこと、フレーズもすぐ実践で使えるので、覚えも早いんですよね。

トライズ公式サイト(無料カウンセリングの予約はこちら)

こんな人は挫折します【継続率91%の残り9%に入る】

163_7

ここまで読んできた人ならだいたい想像がつくと思います。

挫折するパターンは単純で1つです。

 

絶対英語をモノにする!というモチベーションが低く、主体性がない人

これ以外の人はなんだかんだ愚痴りながらも、最終的に1年間やり遂げられると思います。

 

そもそもトライズは、1年分ないし半年分を一括で払う人が多いので、80万とか150万を一気に最初に払います。

その時点で、それが大きなストッパーになりますよね、「こんな大金払ったんだから途中で辞められない」と。

誰でもそんな大金、損したくないですからね。

 

そして、毎日のメールサポートや面談など、専属コンサルタントとの関係性もできあがってくれば、「こんなに私のために一生懸命やってくれてたのに、いまさら辞めたいなんて言いづらい」ってなると思います。

これらを振り切れるのは、モチベーションが低く、愚痴っぽくなる人だけです。

 

結果がなかなか出ないのをトライズのせいにして、「お前たちのせいだ。やめてやる!」と言えちゃうんですよね。

まちがってほしくないので、何度も言いますが、勉強するのはあなたです。

 

そこを勘違いしないで、主体的にがんばれる人でないと続けていくのは無理でしょうね。

トライズ公式サイト(無料カウンセリングの予約はこちら)

トライズの始め方

163_8

まずは無料カウンセリングの予約をしましょう。

いろんな体験談を読むかぎり、あまり勧誘もなく、カジュアルな感じの雰囲気だそうなので、興味がある人は予約してみるといいと思います。

 

地方の人はオンラインでも、スカイプを使ってカウンセリングを受けられます。

163_pic2

 

無料カウンセリングでは、専門のコンシェルジュがあなたの英語に対する悩みや、勉強をする目的などを、丁寧にヒアリングします。

とは言っても、気軽に疑問や質問など、思っていることを素直にぶつけてみればいいと思いますよ。

 

無駄にだらだらネットサーフィンして、いろいろ調べたりするより、百聞は一見にしかずで直接話してみるのが早いと思います。

「私でも1年続けられますか?」みたいな、ストレートな質問でもいいと思いますよ。

 

無料カウンセリングの流れは以下のとおりです。

無料カウンセリングの流れ
  1. 公式サイトから会場と日時を指定して申し込み
  2. トライズから日程が決まった連絡が来る
  3. 決まった日時にトライズの教室に行く or スカイプを開く
  4. コンシェルジュが、これまでの英語学習経験や現状の悩みなどをヒアリング
  5. トライズのプログラムと料金の説明

これだけです。

 

具体的にどう学習を進めていくかは、入会後にレベルチェックなどと合わせて、専属のコンサルタント、ネイティブ講師と三者で行います。

163_pic3

 

ちなみにこれは、新宿センターの受付の様子です。

163_pic7

 

トライズ公式サイト(無料カウンセリングの予約はこちら)

よくある疑問にすべて答えます

163_9

英語が全然まるっきりできないレベルなんだけど、大丈夫?

トライズを始める人の1/4は、英語が全然できないレベルからスタートするらしいです。

他スクールだと、短期間で成果が上がりやすいように、スタート時点のレベルを指定する場合がありますが、トライズはだれでもOKだそうです。

公式サイトにもこう書いています。

4分の1ほどのお客様は、まったく英語ができない状態でトライズを開始されています
トライズでは、受講生お一人おひとりの、スタート時点での英語レベルをしっかりと把握した上で、 学習方法・教材・レッスンをカスタマイズしてご提供しています。
どうしても基礎力が足りない!という方のために、日本人の基礎文法や発音の専門講師も在籍していますので、ご安心ください。

トライズ公式サイト -よくある質問

 

超がつくほど毎日忙しいんだけど、大丈夫?

自分からスキマ時間を探して活用したり、主体的に勉強する姿勢があれば基本的に大丈夫だと思います。

1日のうちで、意外にスキマ時間ってあるもので、それを足していくと2~3時間ぐらいは捻出できたりしますよ。

私も働きながらTOEICの勉強をしていた頃は、通勤時間や職場での昼休みなどもフル活用してました。

公式サイトにも、こう書いてあります。

トライズの受講生はほとんどが忙しい社会人で、お仕事の合間を縫って学習をされています
ではどうやって学習時間を確保されているかというと、出勤時間・家事の時間・お風呂の時間・休み時間などのスキマ時間を活用いただいています。

トライズ公式サイト -よくある質問

 

無条件の返金保証ってどういうこと?

1ヶ月以内なら、どんな理由でも解約、返金が受けられるという仕組みです。

たとえば、やっぱり面倒くさくなった、とか急にお金が必要になった、とか何でもOKです。

 

ほんとに結果出るの?

私の経験上、間違いなく言えるのは、英語ができるようになるには、正しい勉強法と勉強量の両方が必要だということ。

トライズはその両方ができるように、ベストな環境をあなたに与えてくれます。

トライズのカリキュラムも、第二言語習得の科学的に効果があるとされているアプローチを採用しています。

つまり、あとはあなたが頑張れるかどうかだけで、結果が決まるんですよね。

1年完走できるためのサポートはトライズがしてくれるので、しっかり1年取り組めば、確実に効果は出るはずです。

むしろ効果が出ないほうがオカシイですよ。

トライズ公式サイト(無料カウンセリングの予約はこちら)

本気で英語力を身につけたい人限定です

163_10

最後にまとめます。

この記事のまとめ
  • 本気でビジネスで使える英語を身につけるなら、1年1000時間は最低限必要
  • 継続率91%(挫折するのは10人に1人もいない)
  • 専属のネイティブ講師からレッスンが受けられる
  • 専属の日本人コンサルタントがレッスン外でも毎日メールでサポート
  • 地方に住んでいても、すべてオンラインで受講できる
  • 年間受講料は約150万円(返金保証あり)
  • TOEICコースがないので、TOEICを目指す人は他を当たろう
  • 受身でお客さん思考の人は挫折します
  • 主体的にがんばれる人じゃないと1年は無理

こんな感じです。

 

これを読んでトライズに興味を持った人には、挫折してほしくないので、何度でも書きますが、勉強するのはあなたです。

トライズの講師とコンサルタントは、あなたの専属応援団で、正しい勉強法と適切なアドバイスであなたに必要な環境をすべて与えてくれます。

でも、やるのはあなたです。

 

そこを間違えなければ、継続率91%の継続する方の91%に入れるはず。

そしてあなたが継続さえできれば、間違いなく1年後に成果は出るはずなので、もし興味があれば、無料カウンセリングだけでも受けてみるといいと思いますよ。

 

私は元々は田舎の市役所職員で、英語と無縁に生きてきましたが、英語ができるようになって、控えめに言って、人生が変わりました。

英語というのはそれぐらいのインパクトがあります。

 

私も貿易・海外営業の仕事をしていたので分かりますが、ビジネスで英語を使うというのは、本当にエキサイティングな経験です

興味のある人はぜひ、1年だけでも本気で頑張ってみると、1年後景色が変わると思いますよ。

トライズ公式サイト(無料カウンセリングの予約はこちら)

【悲報】正直、こんな場合は独学では無理です

英語は完全独学でも話せるようになるし、TOEICも高得点が取れます。

私自身もTOEIC400点前半→705点までは、日本にいて完全独学で取れました。

ただ、1年半かかってるんですよね。

 

これはわりと平均的なスピードだし、ネットや広告で見るような独学3ヶ月で200点UP!とかは、たまたま好条件が重なっただけで、再現性も低いというのが私の考えです。

 

正直言って、3ヶ月で200点上げる方法なんて私には分かりません。

これが私の考える独学の限界です。

 

どうしても短期間でスコアアップをしたいなら、素直にスクールを使うのが賢明だと思いますね。

以下は私目線で、TOEICのスクールを3社に厳選し、徹底比較した記事なので、スクール選びの参考になるはずです。

【3選】TOEIC対策に強いおすすめのスクール | 短期間でスコアを上げる

 

TOEIC以外の、ビジネス英会話などのスピーキングでも、同じことが言えます。

個人的にはスピーキングを伸ばすなら、オンライン英会話がベストだと思ってますが、3ヶ月とかでそれなりの結果が出したいのなら、話は別。

 

何が原因で話せないのか、きちんと客観的に自己分析して、それに対応した勉強ができるなら、独学でもいいかもしれません。

だとしても、3ヶ月でそれなりに話せるようになるというのは、控えめに言ってギャンブルだと思いますね。

 

個人的には、どうしても短期間で英会話力を伸ばしたいなら、スクール1択です。

以下の記事では、私目線で信頼できそうなスクールを5社厳選し、比較していますので、参考にしてみてください。

元海外営業が選ぶ!英語コーチングスクールのおすすめ5選 | 目的別に徹底比較!

Twitterでフォローしよう!