191_1

仕事で英語が必要になったんだけど、ビジネス英語ってどう勉強したらいいのかな?とりあえず、ビジネス英語フレーズみたいな本でも買えばいいかな?

 

こんな疑問に答えていきます。

 

ビジネス英語って、すごく難しそうな響きがありますよね。

本屋でビジネス英会話の本を見た人なら「うわぁ~こんな難しい表現、私には無理。。。」となったはずです。

でも大丈夫です。私も同じことを思ってましたので。

 

結論から先に書くと、ビジネス英語って日常会話の延長に過ぎないし、実際のビジネスの現場でも、あんな難しい表現を使う必要はありません

 

ちなみに私は、青年海外協力隊でジャマイカ(公用語:英語)に派遣されていて、帰国後は地元のメーカーの貿易部で、バイヤーや海外営業をしていました。

アジア、欧米を中心に海外出張も多かったし、海外の仕入れ先やお客さんとやり取りする毎日でした。

 

ですが私もぶっちゃけ、そんなに難しい英語は使ってなかったのが正直なところです。

この記事では、こうした私の経験をもとに、今まで私が読んできた本などを引用しながら、本当のビジネス英語ってこうだよ、というのを解説していきます。

 

あわせて、

  • ビジネス英語の勉強法
  • 学習ツール

についても書いているので、これからビジネス英語を勉強したい人には、参考になるはずです。

こちらもおすすめ

もっと英語ができれば、仕事の質も効率も上がるのになぁ。英語なんてさっさと身につけてしまいたい。

そんな人は今すぐ、パーソナルコーチ付きの英会話スクールを使いましょう

    • 受講者1人ひとりに合わせた専用カリキュラム 自分の苦手や課題に完全フォーカス
    • 3ヶ月で英語力を最大限に伸ばす学習ノウハウが凝縮 無駄のない効果的な学習が可能
    • 専属コーチがマンツーマンで毎日学習をサポート・管理 挫折せずに続けやすい

 

以下で、従来型のスクールとの比較や特徴などを徹底解説しています。

英語コーチングスクールとは?おすすめ4社を比較 | メリットとデメリットも

ビジネス英語の本質【誤解してる人が多すぎる】

191_2

冒頭に書いたとおり、ビジネス英語は何ら特別なものではありません。

ビジネス英語の本質は、一般的な社会人が話す普通の会話です。

 

もっとイメージしやすいように言うと、あなたが今日職場で話した雑談も含めた会話が、ビジネス英語の中身です。

 

ついでに書いておくと、よく言われる、

  • 日常会話=初心者向け
  • ビジネス英語=上級者向

という括りさえも間違っています。(というか、非常に誤解を招きやすい)

 

私に言わせれば、日常会話の方が何百倍も難しいです

なぜなら、

  • ビジネス英語フレーズや、業界や職種など話すジャンルが決まっている
  • 日常会話 普段の生活や五感のすべてが対象なので、勉強してもきりがない

 

ここでは、ビジネス英語の正体について、しっかり理解してもらいたいと思います。

これが分かると、自ずと具体的にどう勉強するかが見えてくるはずです。

ここからは私が読んだ本や記事から、英語のプロフェッショナル達の言葉を引用しながら解説しますね。

仕事の話しかできないと尊敬されない

ビジネス英語は、参考書にあるような難しいビジネスフレーズを使えればOK、というものではありません。

 

NHKラジオ講座で30年以上続く超長寿番組「実践ビジネス英語」の講師 杉田敏さんは、雑誌のインタビューで、こう話しています。

一般の英語とまったく異なった形の「ビジネス英語」というものが存在するわけではありません
それに、この世の中にはビジネスにまったく関係のない事象はほとんどありません。
教育、芸術、スポーツ、犯罪も、すべてお金がからんでいます。仕事の話(shoptalk)しかできない人は決して尊敬されません。

 

少し考えてみればわかりますが、職場で仕事の話しかしない(できない)人って、人として魅力に欠けますよね

たとえば、電話の取次とか、ほう・れん・そうみたいな職場のコミュニケーションが抜群に上手でも、それしか話さない人って、同僚として思いますか?

 

どんなにビジネスフレーズがうまくても、それだけじゃやっぱりダメなんですよね。

 

実際、ラジオ講座「実践ビジネス英語」ではいわゆる、ビジネスフレーズみたいなのは全然勉強しません。

学習内容は最近のトレンドがこうだとか、プライベートなことも含めて、職場で繰り広げられる雑談です。

 

実践ビジネス英語は私も以前使っていて、詳しい内容はこちらで書いているので、興味のある人はあわせてどうぞ。

【独学中上級者向け】NHK実践ビジネス英語を使ったおすすめ勉強法

 

実践ビジネス英語はラジオ講座で一番レベルの高い講座。そこで学ぶのが英語の雑談です。
ビジネス英語なのに雑談。それには、こうした意図が込められているんですよね。

教養ある大人の普通の会話=ビジネス英語

究極の英語学習法K/H System (入門編)という、プロの同時通訳者が書いた本に載っていたんですが、ビジネス英語をシンプルに、分かりやすく定義しています。

実はビジネス英語とは、ある程度教養のある社会人の間で使われる「常識的な」英語のことなのです。
職場で使われているだけでなく、大人同士が集まれば、そこで使われるごく自然な英語といえます。
ですから、「社会人としての知識や常識を背景に話される普通の英語」がビジネス英語だと考えてください。

 

この本は、私にリスニングの基礎を教えてくれた、恩師のような本で、こちらの記事でも紹介しています。

【2冊だけ】英語リスニングのおすすめの本【ブレイクスルー体験済】

 

この本で勉強していた頃は、まだ青年海外協力隊に行く前だったんですが、帰国後に貿易の仕事をするようになって改めて読み返したとき、激しく納得しましたね。

 

青年海外協力隊でジャマイカにいたときも、現地は公用語が英語だったし、帰国後も仕事で毎日海外と英語でやり取りする日々。

 

そんな中、青年海外協力隊に行く前に買ってあったビジネス英語フレーズの参考書を、あるときふと開いてみたんです。

・・・こんな難しい表現、俺全然使ってないし。。

って気づいたんですよね。

 

たとえば、私が今手元に持っているという人気の参考書に、こんなフレーズがあります。

If it wouldn’t be too much trouble, do you think you could help me with this draft appraisal form?
(無理な注文でなければ、この考課表の原案作りを手伝ってもらえないかな?)

 

ビジネスではよくあるセリフですが、正直こんな小難しい表現使ったことないです

私ならシンプルにWould you ~?とかWould you mind if ~?を使いますね

(もちろん、私がいたのは普通の地方の製造メーカーで、もっとハイレベルな外資系とかに行けば必要かもですが、、)

シンプルに話し、通じることが一番大事

私がジャマイカでスピーキングで苦しんでいたとき、大きな助けになったのがスティーブ・ソレイシィさんの本です。

 

これはわりと最近読んだ本なんですが、スティーブさんのビジネス英語への見解が書いてありました。

必ずしも難しい単語や表現を使う必要はなくて、自分の分野の専門用語を少しと、・・・基本的なことで十分コミュニケーションできる
・・・よく「グローバルビジネス英語」みたいな・・・本には、長ったらしくて難しい英語がのっている。・・・それを使いこなさなければいけないってことはないからね。
・・・実際、アメリカの政府機関には「regulation(規則)」があって、金融関係の契約書や決算報告書のようなビジネス文書でも平易な英語(Plain English)で書くように指示されている

 

もうここまで読んでくれたあなたは、ビジネス英語の本質は理解できましたよね。

ビジネスの場合、シンプルで伝わることの方がずっと大切です。

 

私も当時会社では、よく中国で製造してそれを日本へ輸入していたんですが、相手の中国人とも英語でやり取りします。

難しい製造の指示書や、品質の改良指示などもすべて英語です。

 

相手もノンネイティブなので、難しい表現はかえって混乱する原因になります

だから、できるだけ初心者でも分かるような、シンプルな英語を心がけていましたね。

それでもうまく伝わらないことはよくありました、、、大変だった、、
スポンサーリンク

ビジネス英語の勉強法

191_3

ビジネス英語の本質が分かったら、あとはどうやって勉強するかは自ずと見えてくるはずです。

以下に3つ、まとめてみます。

日常会話力・シンプルな表現力を高める

文法はぶっちゃけ、中学レベルまでで十分です

シンプルな文法を、実際に使いこなせるようにすることが大切ですよ。

 

  • 値引きは最大でどれぐらいできますか?

みたいなことが言いたければ、値引きとか最大とか、あれこれ考えないで

Could you advise the best price? でいいわけです。

 

  • 納期はいつになりますか?

と言いたくて、納期って単語が分からなくても

When will the product arrive? とかでもいいんです。

 

こうした表現を自在に操れるようになると、ちょっと難しい表現も、簡単な表現に直して言うことができるのでおすすめです。

なんなら語尾を上げて、「Best price?」 だけでも通じます。前の会社の社長が海外の展示会でよく言ってました。

 

こういう中学レベルの文法を駆使できるようになるには、瞬間英作文はわりと効果的だと思いますね。

瞬間英作文についてはこちらで書いてますので、知らない人はあわせてどうぞ。

【寝ながらできる】瞬間英作文の効果とやり方 | 初心者はぜひやろう

単語やフレーズはその都度覚えればいい

先ほどのbest priceもそうだし、ちなみに納期はdelivery timeです。

こういう単語は参考書を買って覚えてもいいですが、一番効率がいいのはその都度覚えるということ。

 

ビジネスで使う単語は、業種や職種によっても異なるので、それを事前に準備するのは大変すぎます

その業界・職種ならではの専門用語も、もちろん必要です。

 

ただ、この辺のボキャブラリーは入社してからとか、実地に入ってからでも間に合います

ネットでググるだけですからね。

日々ニュースや本などで、知識をアップデートする

先日私はこんなツイートをしました。

↑これは本当に、ビジネス英語を勉強する人に伝えたいことですね。

前の会社では社長と海外出張することが多かったんですが、社長の英語は片言レベル。

 

出川イングリッシュよりちょっとうまいレベルだったですが、その道のプロフェッショナルで専門知識が豊富。

そして、専門用語を単語レベルでは喋れたので、現場では私よりどんどん前に出て積極的に商談してました。

社長はリスニングは苦手で、通訳することが多かったですけどね。

 

そこで思ったのは、相手もプロなので、英語が分かる人よりも、”話”が分かる人を当然リスペクトするわけです。

社長の英語はホント片言でしたが、それでも相手は真剣に耳を傾けて聞いてました

 

「英語はツールでしかない」というのは、そういう意味です。

ビジネス英語の学習ツール

191_4

ここからは、具体的にどうやって勉強するかを解説していきますね。

 

リスニングとか、インプットの部分は独学でもできますが、やはりスピーキングは実際に話す場が必要

その辺は、スクールを活用するのが無難かなと思います。

独学【TOEICやNHKラジオ講座、アプリを使う】

独学するなら、まずはTOEICが一番効率がいいでしょうね。

TOEICに出てくるフレーズは、ビジネスシーンで使える、すべてクセのないスタンダードなものばかり。

 

ビジネス英語を勉強する人は、TOEICをすでに勉強したことがある人が多いはず。

TOEICの参考書を引っ張り出してきて、音読してみたり、実際に自分でも使えるように総復習してみるといいと思いますよ。

 

信頼できる参考書を1冊買って、手元に置いておくのもいいかもしれません。

先ほど引用した以下の本は、基礎から応用まで網羅されていて、ボリュームもあります。

どれか1冊持っておくなら、おすすめできる本ですね。

 

即戦力がつくビジネス英会話―基本から応用まで

 

また、スマホアプリでも無料でフレーズを学べるものがあります。

以下に詳細を書いているので、無料でまずは手軽にやりたいという人は読んでみてください。

【元貿易・海外営業が厳選】ビジネス英会話が勉強できるアプリ【5選】

オンライン英会話

ビジネス英語を勉強するなら、オンライン英会話はコスパが良くて、個人的には一番いいと思いますよ。

スピーキングを伸ばすにはやはり、話す絶対量を増やすことが必要です。

 

オンライン英会話には、ビジネス英語のカリキュラムも豊富だし、フレーズも学びつつ、レッスンの合間には雑談もできます。

なので、ビジネスフレーズも身につけつつ、英語での雑談スキルも身につけることができるんですよね。

毎日マンツーマンのレッスンを受けても、たった月6000円程度なので、財布に優しいです。

 

家にいながら、あなたのパソコンやスマホがアジアやヨーロッパ、世界中とつながってテレビ電話できるんですからね。

すごい時代ですよ。

 

ただ、適当に受けていても効果が出にくいので注意

以下の記事で効果的な受け方など解説しているので、参考にしてください。

【経験談】オンライン英会話で私が実感した効果と効果的な学習法

 

スクール選びは、こちらで具体的にスクールの紹介を含めて書いているので、あわせてどうぞ。

徹底比較!ビジネス英語に強いおすすめオンライン英会話4選 | 口コミも解説!

スタディサプリENGLISH

こちらはリクルートが開発した有料アプリ「スタディサプリ」の英会話コース。

日常会話コースという名前ですが、ビジネス英語も全然勉強できます。

 

このアプリで学ぶと、

  • 有名講師陣による解説動画が分かりやすく、細かいニュアンスやTPOに配慮した英会話が学べる
  • 瞬間英作文の機能があり、シンプルな英語を実際に使いこなせるようになる

 

このアプリは私も使っていますが、ドラマの主人公になりきって、物語を進めていくRPGゲームみたいな感じです。

stasapu_mary1-r

↑こんな感じで、ゲームでありつつも実際に英会話をしているような臨場感があります。

単にフレーズを本で学ぶより、断然記憶に残りやすいですよ。

 

しかもあなたのセリフはスマホに話しかけると、最新の音声認識技術があなたの発音を判定してくれます。

stasapu_narikiri_ok-r

 

やはり実際に声に出して、しかもフィードバックがあると、モチベーションが上がりますし、単なる音読以上の効果があります

これ以外にも英会話学習のための機能がてんこ盛りで、たった月980円。

 

無料体験もできるので、一度試してみてもいいと思いますよ。

実際に使ってみた感想を、デメリットも含めてこちらで書いているので、よかったら読んでみてください。

【英会話が苦手な人へ】スタディサプリENGLISH(英語)の効果と評判・口コミ

英会話スクール

個人的にビジネス英語を学ぶなら、上に書いてきたツールを使えば十分身につきますが、注意点もあります。

独学の域を出ない、ということです。

 

オンライン英会話やスタディサプリも、カリキュラムやコースは事前に決まっています。

大事なのは、あなたが自分に合ったものを、自分で取捨選択する必要があるということです。

 

オンライン英会話はカリキュラムは豊富ですが、何が自分に合っているのか、自分のレベルや課題にあわせて、自分で選ばなければいけません

これは簡単なようで、相当難しいです

 

自分の苦手を分析できることが前提で、プラス、それをどうすれば克服できるかを理解してないといけないから。

私も含めて独学者は、無駄なこともしつつ、試行錯誤しながら英語を身につけてきています。普通の人なら、これでいいんです。

 

でも、半年以内とか、大急ぎでビジネス英語を身につける必要に迫られているとしたら・・・

その場合、オンライン英会話やスタディサプリでは、リスクがありすぎます。

そんな人は、無駄な勉強や試行錯誤している暇なんてないですからね。

 

今はそういった人に向けた、マンツーマンの短期集中型の英語コーチングスクールがあるので、必要な人は活用するといいですよ。

コーチングスクールを使うメリット
  • 専属コーチがカリキュラムを含めてマンツーマンで指導するので、あなたに最適化された学習ができる(無駄がない)
  • 毎日LINEなどのチャットでサポートしてくれるので、疑問や不安はすぐ解決できる
  • 専属コーチとの二人三脚で学習を進めるので、挫折しにくい
  • 英語の効率的な学習方法を学べるため、修了後も独学で伸ばしていきやすい

 

スクールの選び方などはこちらで書いているので、興味のある人は参考にしてくださいね。

英語コーチングスクールとは?おすすめ4社を比較 | メリットとデメリットも

ビジネス英会話は怖くない

191_5

この記事を読んだあなたは、ビジネス英語の本質が理解できたはずです。

私のイメージでは、ビジネス英語は日常会話の延長でしかありません

 

日常英会話が得意な人は、ほぼ例外なくビジネス英語も得意です

相手の気持ちやシチュエーション、TPOにあわせた表現方法を知っているから。

 

この記事で紹介したツールを使って、ぜひビジネス英語を正しく身につけてくださいね。

スポンサーリンク
【悲報】正直、こんな場合は独学では無理です

英語は完全独学でも話せるようになるし、TOEICも高得点が取れます。

私自身もTOEIC400点前半→705点までは、日本にいて完全独学で取れました。

ただ、1年半かかってるんですよね。

 

これはわりと平均的なスピードだし、ネットや広告で見るような独学3ヶ月で200点UP!とかは、たまたま好条件が重なっただけで、再現性も低いというのが私の考えです。

 

正直言って、3ヶ月で200点上げる方法なんて私には分かりません。

これが私の考える独学の限界です。

 

どうしても短期間でスコアアップをしたいなら、素直にスクールを使うのが賢明だと思いますね。

以下は私目線で、TOEICのスクールを3社に厳選し、徹底比較した記事なので、スクール選びの参考になるはずです。

【3選】TOEIC対策に強いおすすめのスクール | 短期間でスコアを上げる

 

TOEIC以外の、ビジネス英会話などのスピーキングでも、同じことが言えます。

個人的にはスピーキングを伸ばすなら、オンライン英会話がベストだと思ってますが、3ヶ月とかでそれなりの結果が出したいのなら、話は別。

 

何が原因で話せないのか、きちんと客観的に自己分析して、それに対応した勉強ができるなら、独学でもいいかもしれません。

だとしても、3ヶ月でそれなりに話せるようになるというのは、控えめに言ってギャンブルだと思いますね。

 

個人的には、どうしても短期間で英会話力を伸ばしたいなら、スクール1択です。

以下の記事では、私目線で、信頼できそうなスクールを3社厳選し、比較していますので、参考にしてみてください。

英語コーチングスクールとは?おすすめ4社を比較 | メリットとデメリットも

Twitterでフォローしよう!