076_1

リスニングはわりと聞き取れるんだけど、そこからあんまり伸びてる実感がないんだよね。。実際TOEICのリスニングもほとんど点数変わってないし。かと言って、もうTOEICの参考書は何度もやって、やり飽きたし、何か別の楽しみながら勉強できないかな。

 

TOEICのスコアで800点を越えてくると、それまでの英語力の伸びに比べて、スピードが遅くなります

 

これが中級者の壁です。

勉強してるのに、全然リスニング力が伸びない時期ってありますよね。。

 

私も、青年海外協力隊から帰ってきてTOEICで875点を取ってから、仕事でも(基本メールの読み書きですが)毎日英語をメインに使っていましたし、家でもたまに暇を見つけてはリスニングの勉強をしていました。

 

なのに、リスニング力はほとんど上がっている気がしませんでした。

むしろ、下がってる?と思うこともあるぐらいでした。

 

ただ、この半年でリスニング力は結構上がっている気がするのです。

 

先日も映画を字幕で見ていたのですが、わりと聞き取れたんですよね。

「あれ、こんなに聞き取れたっけ?」って感じで。

 

私が半年間どんな勉強をしていたか、シェアしたいと思いますので、リスニングが伸び悩んでいるという中上級者の皆さんの参考になればと思います。

中級者の壁とは

076_2

ある程度上級者になると、実力が上がるペースが落ちるのは間違いないです。

 

TOEICで800点ぐらいの人が多く経験すると言われていて、今までと同じように勉強しているのに、全然伸びてる感じがしない。

 

伸びが実感できないので、いろいろ勉強法にも悩んだりするのがこの時期で、これを中級者の壁と呼ぶことが多いです。

 

ただ、中級者の壁を前に伸び悩んでいる人の多くは、共通した特徴があって、あるきっかけでブレイクスルーできることが多いです。

大丈夫です、あなただけじゃないですから。

 

私もまさに中級者の壁にいて、リスニングにおいてなかなか伸びを実感できなかったのですが、半年前からヒアリングマラソンを始めてから、少しずつ変化を感じてきています

 

この記事では、私のヒアリングマラソンの経験も含めて、中級者の壁を乗り越えるために必要なことをシェアしていきたいと思いますので、最後まで読んでいただければと思います。

 

そもそも一般論としても、たとえば100点満点のテストを30点→40点にするよりも、90点→100点にする方がはるかに難しいですよね。

瞬間英作文で有名な森沢洋介氏も、著書の中でこう書いています。

レベル5。学習・訓練により英語力を向上させてきた日本人はほとんどこのレベルに到達して伸び止まります。・・・このレベルの人は・・・TOEICは楽々と900を越え、試験時間もかなり余ります。・・・実際のところ、ほとんどの学習者にとって最終ゴールとしてもいい満足のいくレベルだと思います。

英語上達完全マップ(森沢洋介著)

 

著者自身も10年以上このレベル5にとどまっていると書いています。

私はまだこのレベルには達していないと思っていますが、大事なポイントは、ある程度まで上達すると伸び悩む(成長が止まる)ということです。

 

普通に考えれば、この山の頂点に近づけば近づくほど、伸びるスピードは遅くなることになりますよね。

私も含めて、多くの中上級者はこの頂点に向かうまでのある、"もう一つの山" の前で伸び悩んでいる気がします。

 

そこを越えると、森沢氏の言う、「レベル5」が見えてくるのだと思います。

スポンサーリンク

中上級者にありがちな原因

076_3

私がずっと、リスニングの伸び悩みを前にぬくぬくとしていた頃を振り返ってみると、いくつかの特徴があります。

ある程度聞けることに満足して、勉強してない

076_4

リスニングしていた量が、まず全然足りていなかったと思います。

 

仕事で毎日メインで英語を使うと言っても、基本は海外とのメールのやり取りです。

毎日膨大な量のメールの読み書きをしていました。

 

ただ、電話をするということはごくたまにあるぐらいだったし、海外出張も年に4~5回程度、各1週間ぐらいなので、外資系企業などで、毎日英語でしゃべったりする環境とは違います。

 

要は、読み書きばかりで、英語を聞くという時間が圧倒的に足りていなかったのです。

 

家でリスニングの勉強をするようにしていましたが、せいぜい週に2時間程度、1日20分とかそんな程度でした

やっぱりそれじゃあ、リスニングは伸びるわけないですよね。

生の英語ばかり聞いている

076_5

青年海外協力隊でジャマイカにいた頃から、生の英語の楽しさに目覚めて、もはや参考書を買って勉強することはしていませんでした

 

ちなみに、私が当時メインで使っていたのは、ellloというサイトでした。

 

台本なしのネイティブの英語の会話が収録されいて、スクリプトも内容理解クイズ、フレーズ解説まであるサイトで、会話のトピックもとても面白くて、おすすめです。

 

ellloについては、こちらの記事で詳しく書いていますので、合わせて読んでみてください(↓)

 

やっぱり、TOEICもそうですけど、リスニング参考書に付いてくるようなCD音源って、スタジオできれいに収録された "角の取れた" 英語なんですよ。

 

生の英語のような荒っぽさや、感情がストレートに言葉に乗ってる感じが全然ないので、まったくつまらないわけです。

 

なので基本的に、ネットで面白そうな生の英語を、適当に探して聞いていまいた。

 

ちなみに当時はリスニング力を上げるんだ!というモチベーションも低かったので、ただなんとなく聞いて、意味を取って、スクリプトで答え合わせをして、という適当な勉強をしていました。

 

でも、ネットの音源を使ってちゃんと勉強するのであれば、ちゃんと勉強法を考えないと、やった気になるだけで時間が無駄になるので気をつけてください

 

この辺の話は、こちらの記事に書いていますので、読んでみて下さい(↓)

聞き流すことに慣れすぎ

076_6

聞き流すというと、少し誤解があるかもしれませんが、聞き流しと精聴の中間ぐらいな感じです。

 

しっかり集中してリスニングをするけど、1字1句聞き取るというより、全体としてどういう話をしているか、という意味を取ることを重視したリスニングです。

 

なので、聞き取れない箇所があっても、大して気にしないし、聞き取れた部分から全体を推測しながら聞くことになります。

 

これ自体はリスニングの勉強法として悪くはないのですが、あまりこればかりやっていると、細部を聞き取ることを放棄するクセがついてしまうのです。

 

これは、意外にやっかいなクセです。

 

実力的にはがんばれば聞き取れるものも、聞き流すようになってしまうので、当然リスニングは伸びるはずがありません。

伸び悩みを突破する勉強法【ヒアリングマラソンで実感】

076_7

ここまで、リスニング力が伸び悩む原因を、以前の私を例にして見てきました。

同じ悩みを持った人であれば、共感できることも多かったかと思います。

 

ここからは、

「逆にどうすればブレイクスルーできるのか?」

 

私がこの半年間やって効果が出ている方法を書いていきます。

 

先ほども書きましたが、半年前から私は、ヒアリングマラソンを受講しています

 

英語の勉強を何年もやってきたような人なら、だいたい聞いたことがあるだろう、あのヒアリングマラソンです。

 

実際効果あるのかな?私にできるかな?

始める前は、いろいろ迷いましたが、結果的にリスニング力は以前より確実に上がっている実感があります

 

これから書く話は、私のヒアリングマラソンを通して感じた効果をもとにしていますが、ヒアリングマラソンをしていなくても、ぜひ実践してみてほしいと思います。

 

ヒアリングマラソンを1年間使ってみて、効果だったり、いろいろ思うところを、以下の記事にまとめていますので、合わせて読んでみてください(↓)

 

【体験談】ヒアリングマラソンを1年使ってみた効果 | レベルや口コミ、勉強法も解説

多聴と精聴をバランスよく取り入れる

076_8

それまでの私を振り返ると、

多聴と言うほど、多くは聞いていないが、方法論としては多聴をしていただけでした。

 

細部に注意を払って聞くというより、細部は聞き取れなくても、全体として意味が取れるようにリスニングするという方法です。

 

ヒアリングマラソンで特にやるのは、以前ジャマイカ時代に取り組んだディクテーションを中心とした精聴です。

 

青年海外協力隊時代に、ディクテーションに取り組んだら劇的に効果があったという話について、こちらの記事で詳しく書いているので、合わせて読んでみて下さい(↓)

 

やはり、ディクテーションを筆頭に、精聴というのは、初心者だろうが中級者だろうがレベルに関係なく、リスニング力に効果抜群だということが、改めて分かりました

 

精聴は、「よしやるぞ!」とちょっと気合を入れないとできないのですが、これをサボると一生リスニング力は上がらない気がします(少なくとも日本にいる限り)。

 

ちなみに、ディクテーションは、伝統的には紙と鉛筆を使って、聞き取れた内容を書き取るというもの。

 

私がジャマイカ時代にディクテーションをしていた時は、パソコンに聞き取ったものを入力していたのですが、これだと確かにちょっと気合を入れないと、なかなか重い腰が上がりません。

 

念のため紹介しておきますが、今はアプリ(もしくはパソコン)で、簡単に手軽にディクテーションができます

 

スタディサプリENGLISHというリクルートが出している100万ダウンロードを突破した、近年非常に人気のアプリです。

stasapu_top2

 

私も使っていますが、このディクテーション機能は手軽で使いやすい!操作性が美しすぎます。

控えめに言って、この機能だけでも使う価値があるぐらいです。

 

一応、スタディサプリENGLISHについては、こちらの記事に網羅的にまとめていますので、興味がある人は合わせて読んでみて下さい。もちろん上級者レベルもありますよ(↓)

 

話を戻しまして、多聴というのも大切な要素です。

精聴ばかりしていても、リスニング力は伸びません。

 

結局、人間の話すことなので、話し手によってイントネーションや発音のクセがあったりするので、いろんな英語を大量に聞くというのは、慣れるという意味で重要です

 

TOEICだけなら、試験のナレーターのクセだけ掴んでおけば対処できるかもしれませんが、現実世界の英語は当然ながら、そうはいきません。

 

実際、ヒアリングマラソンをやっていても、最初は聞き取れなくて、「ああ、こういう発音の仕方もあるんだ、なるほど!」という発見があって、それがまた別の場面で同じような発音の仕方に出会って、スムーズに聞き取れたということが実際に何度もあります

 

つまり、精聴も多聴も、どっちも大事で、片方だけではダメなのです。

生の英語だけじゃなくて、たまには収録英語も

076_9

以前の私のように、ある程度英語ができるようになると、生の英語もそこそこ聞き取れるようになります。

 

すると、ネットで生の英語を適当に見つけてきて、聞くという勉強ばかりして、参考書やTOEICのような収録された英語は聞かなくなります。

 

全然楽しくないし、つまらないからです。

 

とはいえ、生の英語と収録された英語は、上級者の階段を上がるためには両方必要だと感じています

 

ヒアリングマラソンは以前統計を取ってみたところ、生の英語:収録英語=6:4でした。

なんとも絶妙なバランスですね(笑)

 

生の英語は音声変化が激しくなるため、リスニングの腕試しにはいいですが、そればかりやっていると、英語の音の基本を押さえる、という部分がおろそかになってしまいます

 

イレギュラーな音声変化やアクセント、イントネーションに振り回されるからです。

 

その点、収録英語だとスピードも遅めなので、シャドーイングもしやすいですし、きれいに吹き込まれている音源なので、ディクテーションもしやすいです。

 

この辺の話は、こちらの記事で詳しく解説していますので、合わせて読んでみて下さい(↓)

 

収録された英語で音の基本をしっかり押さえて、生の英語で応用にチャレンジし、その基本と応用を行き来するということが大事なのだと実感しています。

ブレイクスルーに必要なインプット量

076_10

最後に、ヒアリングマラソンを始めて半年、聞き流している時間も含めると、毎日2~3時間はリスニング学習に充てていました

 

ヒアリングマラソンを買うと最初に届くコースガイドに書いてあったのですが、外国語をマスターしようとしたら、時間をかける必要が絶対的にあります。

一般的に「非ネイティブスピーカーとして十分なレベル」の外国語の運用力を身に付けるためには、最低2000時間、そのうちの1000時間以上は、音に接することが必要と言われています。・・・また、外国語を習得するためには、一定時間、ある程度の「量」をこなし、「圧力」をかけて習慣的に学習することが必要です

ヒアリングマラソン-コースガイド

 

1000時間、英語の音に触れるということを目標として、ヒアリングマラソンはカリキュラムが組まれています。

1000時間というのは、1年で達成しようとすると1日3時間程度になります。

 

忙しい時間をぬって、1日3時間も英語のリスニングをするなんて、結構ハードル高いですよね。

 

ただ実際には、リラックスして聞き流す時間も入れてもOKだったり、1000時間を1年ではなく、3年で達成しても量、圧力としてはOKらしいです。

 

ヒアリングマラソンの学習ペースについて詳しくは、こちらの記事に書いているので、合わせて読んでみてください(↓)

 

要は、リスニングのインプットを増やす習慣が大切ということです。

 

一つ注意しなければいけないのが、理論的には1000時間は3年以内に達成しないと、中級者の壁を越える学習効果は引き出せないということです。

 

ENGLISH JOURNAL や CNN EE など中級者以上の雑誌もありますが、長期的(1~3年)に飽きずに楽しんで続けられそうかという点で比べてみるといいですよ

 

この辺は私も半年ヒアリングマラソンをやってみて、まさに効果を実感しているところですし、楽しく続けられそうなので、引き続きヒアリングマラソンを頑張ろうと思っています(実際、ヒアリングマラソンはリピーターが多いです)。

 

合わせて読みたい

スポンサーリンク
【悲報】正直、こんな場合は独学では無理です

英語は完全独学でも話せるようになるし、TOEICも高得点が取れます。

私自身もTOEIC400点前半→705点までは、日本にいて完全独学で取れました。

ただ、1年半かかってるんですよね。

 

これはわりと平均的なスピードだし、ネットや広告で見るような独学3ヶ月で200点UP!とかは、たまたま好条件が重なっただけで、再現性も低いというのが私の考えです。

 

正直言って、3ヶ月で200点上げる方法なんて私には分かりません。

これが私の考える独学の限界です。

 

どうしても短期間でスコアアップをしたいなら、素直にスクールを使うのが賢明だと思いますね。

以下は私目線で、TOEICのスクールを3社に厳選し、徹底比較した記事なので、スクール選びの参考になるはずです。

【3選】TOEIC対策に強いおすすめのスクール | 短期間でスコアを上げる

 

TOEIC以外の、ビジネス英会話などのスピーキングでも、同じことが言えます。

個人的にはスピーキングを伸ばすなら、オンライン英会話がベストだと思ってますが、3ヶ月とかでそれなりの結果が出したいのなら、話は別。

 

何が原因で話せないのか、きちんと客観的に自己分析して、それに対応した勉強ができるなら、独学でもいいかもしれません。

だとしても、3ヶ月でそれなりに話せるようになるというのは、控えめに言ってギャンブルだと思いますね。

 

個人的には、どうしても短期間で英会話力を伸ばしたいなら、スクール1択です。

以下の記事では、私目線で、信頼できそうなスクールを3社厳選し、比較していますので、参考にしてみてください。

英語コーチングスクールとは?おすすめ4社を比較 | メリットとデメリットも

Twitterでフォローしよう!