136_1

カランメソッドに興味があるんだけど、どれぐらいの期間やることになるのかな?あまりに期間が長いようだと、モチベーションが続くか心配、、、どれぐらいの期間で効果出るのかな?

 

今回はこんな疑問に答えていきます。

 

結論を先に言ってしまうと、カランメソッドを修了するまでには200時間程度かかります

1レッスンが25分ですので、毎日1レッスンでも1年ちょっとかかる計算です。

 

私も以前カランメソッドを半年ほどやっていましたが、カランメソッドの効果にそこそこ満足したので、途中でやめました。

この経験からもカランメソッドは、12ステージをすべてやる必要ないと思っています。

 

ではどのぐらいやればいいのか?

この記事では私の経験も紹介しながら、書いていこうと思います。

カランメソッドに必要な期間=200時間

136_2

カランメソッドはレベル別に12個のステージに分かれていて、基本的にレベル1から順にやることが推奨されています。

以下に、各ステージごとの標準的な所要時間を表にまとめてみました。

ステージ110時間
ステージ210時間
ステージ310時間
ステージ410時間
ステージ515時間
ステージ615時間
ステージ715時間 ←累計85時間
ステージ815時間
ステージ915時間
ステージ1015時間
ステージ1115時間
ステージ1215時間 ←累計160時間

 

ご覧のとおり、カランメソッドの全ステージをこなすには、標準的には160時間必要とされています。

ただ、私の経験上、この時間では絶対に終わりません

 

ネイティブキャンプというカランメソッドを提供しているスクールのwebサイトに、このような記載がありました。

一般的に、1つのStageを終わらせるのに約40回のレッスン (約17時間) は必要と言われております。・・・※こちらは個人差がございますので、参考数値としてご理解下さいませ。

この1ステージ17時間というのは、私の感覚に近いですね。

 

実際、私も半年間ほどカランメソッドをやっていたのですが、だいたい1ステージ20時間ぐらいかかっていたと思います。

それから、カランメソッドはイギリス発祥の英語教育メソッドなので、到達目標がケンブリッジ英検になっています。

 

そのため、ステージ11と12がケンブリッジ英検対策になっていて、通常はステージ10まででひと区切りにするパターンが多いです。

と考えると、以下のようになります。

カランメソッドにかかる現実的な時間
1ステージ20時間×10ステージ=200時間ぐらい
(1日1レッスン毎日やると仮定して、1年ちょっとかかる)
スポンサーリンク

半年でやめた私の体験談

136_3

私がカランメソッドを始めたのは、青年海外協力隊でジャマイカに住んでいた頃です。

ジャマイカは英語圏なので、日常生活はすべて英語なのですが、私は当時英語を話すのがまったく苦手でした。

 

当然ながら仕事にも生活にも支障が出ていたので、決心してカランメソッドに取り組んだのです。

私がやった勉強は以下のとおり。

  • 半年間、毎日2レッスン(25分×2回)やっていた
  • 全12ステージのうち、ステージ6か7ぐらいまでやって卒業

 

当時、時間だけはたっぷりあったので、毎日2レッスン、カランメソッドをやっていました。

時間としては、150時間ほどカランメソッドにつぎ込んだことになります。

 

150時間でステージ6か7なので、1ステージあたり20時間以上かかってますね、、

私の場合、英語が話せなすぎて進みが人より悪かったと思います。

 

でも、でも後半になるにつれて、カランメソッドの効果が出てきたのか、徐々に話せるようになってきたんですよね。

そうなると、レッスン中の雑談が楽しくなってきて、カランメソッドがどんどんつまらなくなってきたんです。

参考:【体験談】カランメソッドって何?効果あるの?半年間やった私の実感

 

カランメソッドのレッスンのはずなのに、25分のレッスンが雑談だけで終わってしまうこともありました。

誤解している人がたまにいますが、カランメソッドは、直接英会話スキルを伸ばすのには役に立ちません。

参考:【悲報】カランメソッドは英会話には効果なし【理由を説明します】

 

カランメソッドは英語を英語のままで考える英語脳を身につけるトレーニングで、日本の瞬間英作文のような学習メソッドです。

参考:【寝ながらできる】瞬間英作文の効果とやり方 | 初心者はぜひやろう

 

当時の私は、英語脳はそこそこ身についた実感があったので、もっと英会話力を伸ばそうと思い、カランメソッドは卒業としました

当時いつもレッスンしてくれていた講師の先生からも、「あなた、もうカランメソッドやる必要ないよ」とよく言われていましたね笑

カランメソッドをやめるタイミング【自分判断でOK】

136_4

私がそうだったように、カランメソッドは必ずしも全ステージやる必要はないです。

先ほど書いたように、カランメソッドの最大の狙いは、英語脳をつくること。

 

何かを話そうとしたとき、日本語で考えて英語に直して口に出すのではなく、英語で考えてそのまま口に出す、という流れをつくることです。

それがある程度できてきたら、もうやめてもいいんじゃないかというのが個人的な意見です。

 

英語で考えるクセがつけば、あとはカランメソッドよりも、実践的な会話力をもっと鍛えた方がいいと思います。

では、具体的にどのタイミングでやめたらいいか?

それは、あなたの判断で、「もうそろそろいいかな」と思えば、やめてOKだと思いますよ。

 

ひとつの目安として、カランメソッドでは80時間という基準があります。

カランメソッドはケンブリッジ英検を目安にしているという話を書きましたが、具体的には

以下のPETやFCEを想定しています。

カランメソッドの到達目標
  • 80時間 ⇒ 初級:Preliminary English Test (PET) レベル
  • 160時間 ⇒ 中級:First Certificate in English (FCE) レベル

最初の方に書いた標準的な所要時間の表でいけば、ステージ7ぐらいで累計85時間になるので、そのあたりで1つの区切りにしてもいいかもしれませんね。

カランメソッドは初心者にこそ、勧めたい

136_5

最後にまとめると、

この記事のまとめ
  • カランメソッドの全ステージを終えるには、200時間程度かかる※個人差あり
  • 私はステージ6か7ぐらいでやめた【カランメソッドの目的は達成したため】
  • 全ステージをやらなくてもいい
  • 目安としては、ステージ7ぐらいまでやると、所定の成果は達成できそう

カランメソッドは英語を話すのが苦手という人には、とても効果的なトレーニングです。

特に当時の私のように、TOEICで600点以上ぐらいあるのに、全然話せなくて困っている、という人にはぜひ試してみてほしいと思います。

 

カランメソッドのレッスンは、かなりスパルタだし、勉強する例文も全然楽しくないものばかりです。

なので、わりと本気で英語を話せるようになりたい!という人でないと、続かないかもしれません。

あわせて読みたいカランメソッドは難しい!私の感想と挫折しないためのコツとマインド

 

その代わり、最初は全然英語が話せない初心者でも、こつこつカランメソッドでやれば、結果は出てくるはずです。

カランメソッドは英語の文法や語法を、知識だけでなく、実際に使うことでマスターすること目指すトレーニング。

 

初心者のうちに英語を英語で考える英語脳を身につけておくと、その後の英語学習がラクになったり、効率的になったりします。

個人的にはカランメソッドは、初心者の人にこそやってほしいなと思いますね。

 

とはいえ、いきなり文法も何も分からない状況でスタートすると、カランメソッドの授業に圧倒されて、間違いなく3日坊主で挫折します。

そうならないためのコツはこちらの記事で書いていますので、あわせて参考にしてみてください。

初心者こそカランメソッドをやるべき理由【英語が倍速で上達します】

 

もうある程度、やろうと決めている人には、こちらでカランメソッドができるスクールをまとめています。

実はカランメソッドができるスクールは、実質2校だけです。

その2校を比較しながら、紹介していますので、スクール選びの参考にしてくださいね。

【2校だけ】カランメソッドができるおすすめオンライン英会話スクール

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう!