122_1

カランメソッドって本当に効果あるのかな?実際に受講していた人の体験談が聞きたい。

 

カランメソッドを聞いたことがなかった人は、率直に怪しさと期待が混じった状況だと思いますし、私もそうでした。

タイトルにあるように、カランメソッドは英会話ができるようになるための学習法でもありませんし、初心者向けでもありません

 

一方で、私は以前半年間ぐらいカランメソッドのレッスンを毎日受けていましたが、私にとっては非常に効果的でした

今でもカランメソッドを使って良かったと思っています。

 

当時、青年海外協力隊でジャマイカ(公用語:英語)に住んでいましたが、英語が全然話せず日々苦労していました。

そんな私がワラにもすがる思いで、カランメソッドを受講し、半年後にはかなり自信を持って流暢にスピーキングできるようになっていました

 

この記事では、

  • カランメソッドの効果(初心者にはどう?英会話には効果ある?など)
  • メリットとデメリット
  • これから始めようとする人へのアドバイス、注意点

を中心に、私の実体験をもとに分かりやすく解説していきます!

今の学習法に限界を感じている人、急いで英語を身につけたい人は必見ですよ!

この記事の目次

私がカランメソッドを半年続けて実感した効果【体験談】

122_2

私はオンライン英会話でカランメソッドのレッスンを半年間受けて、スピーキングが著しく向上しました。

以下に私がカランメソッドを使うの状況をまとめてみました。

カランメソッドを始める前の私
  • TOEIC705点
  • TOEICの勉強しかしてなくて、スピーキングは全然ダメ
  • リスニングはスコア相当のレベル
  • 英語圏に住んでいたが、英語を話す機会はあまり無かった

 

毎日2レッスン(25分×2回)を半年間続けて、全体のカリキュラムの半分程度(全12ステージ中、6か7ぐらい)までやりました。

ここでは、カランメソッドをやって私の身に起きたことを実体験で書いていきます!

リスニング力が上がった | 精聴+多聴の合わせ技

まずリスニング力が上がり、前と比べてかなり聞き取れるようになりました

 

半年間、毎日50分のレッスンを受けていたので、

  • 講師の話を集中して聞く必要があった 精聴
  • 毎日50分、リアルな英語が耳に入っていた 多聴

カランメソッドでは、リスニング力UPに欠かせない精聴と多聴の両方を鍛えることができたのです。

 

人気予備校講師で、TOEICなど英語学習の著書も多い、安河内 哲也先生の言葉を以下に引用します。

すばらしいなと思うのは、精聴、または多聴とひとつだけに絞らず、同時に両方を行ったことです。
片方だけしかやらないという英語学習者って、けっこう多いんです。
でも、リスニング力を効果的につけるのにいちばん大事なのは、精聴で基本的な音の聞き取りをじっくり固めて、多聴でそれを実践すること

 

オンライン英会話の他のレッスンでは、隅々まで聞き取る必要はなく、重要じゃないところは聞き流したりできます。

以下はカランメソッドの実際のレッスンの様子ですが、講師が生徒に対して質問を次々に投げかけていますよね。

しっかり聞き取れないと次に進めないようになっているので、見た目以上にハードで、1レッスン終わるとどっと疲れが出ますよ。

 

ツイッター上でも、カランメソッドについてこんな声がありました↓。

英語がパッと口から出るようになった | スピーキングの瞬発力が向上

半年間カランメソッドを続けたおかげで、言いたいことが英語でパッと出るようになりました

 

カランメソッドは、頭の中で日本語を介さずに英語を英語のまま処理して、口から英語を条件反射的に出すトレーニングです。

人によってはこれを ”英語脳” と呼んだりします。

 

レッスン中は講師から質問が飛んできて、「(答えを)早く早く!」という無言のプレッシャーをかけられます。

文法を気にしながら、間違えないように…なんて考えている余裕はなく、とにかく頭にあるものをパッと瞬間的に口に出す必要があります

文法なんてめちゃくちゃで間違えても、とにかくパッと口に出していくうちに、自然と正しい文法に沿って話せるようになりました!

 

ツイッターでも同様の声がありました↓

英語が早口になった | 脳内の英語の処理速度が上がった

半年もカランメソッドのレッスンを受けていると、カランメソッドのスピード感が染みついてきます。

 

以下は、カランメソッド認定校 ネイティブキャンプというオンライン英会話スクールの公式サイトの引用です。

英語が流暢に話せない最大の原因は常に日本語を考えてしまっていることにありますが、本レッスン中は講師が早口で質問をし、生徒側はそれに対し間髪いれずに答えることが要求されます。

-ネイティブキャンプ 公式サイト

 

答えるときには、パッと即答できさえすれば、先生に合わせて早口で答える必要はないのですが、私の場合ついつい、つられて早口で答えていました。

しかも、最初の頃はうまく話せないのがもどかくしてイライラして、ムキになって早口になっていたというのもあります(笑)

 

早口というのは、そのスピードで英語を組み立てることができなければ、早口にはなれません。

基本的に「早く早く!もっとスピーディに!」という学習法なので、脳内での英語の処理速度も上がったに思います。

そのクセが残って、私は普段日本語で話すときはわりとゆっくりめに話す方なのですが、今でも英語で話すときは早口です。
スポンサーリンク

【英会話に効果なし】カランメソッドの隠れたデメリット

122_3

私の実感としてカランメソッドは、日常会話などの英会話を身につける上では、あまり効果がありませんでした

カランメソッドで私が非常に効果を感じたのは、脳内の英語の処理スピードだったり、瞬発力だったり、そうした英語の基礎力です。

 

両者は以下のように中身が違います。

英会話力英語を使ってコミュニケーションするスキル単語・フレーズが大事
英語力英語という言語を使うためのスキル文法が大事

 

いくら文法を使って英語を瞬時に組み立てることができても、フレーズや単語の蓄積がないとコミュニケーションできないのです。

私はカランメソッドをやっていた当時海外に住んでいたので、このことは断言できます。

レッスンでは英会話をしない | 例文の暗唱のみ

カランメソッドのレッスンでは、中学レベルの英文法や語法を中心に学習します。

 

実際のレッスンの動画を見てもらう方が分かりやすいと思うので、こちらをご覧ください(↓)

 

↑では 「Is the pen in the book?(ペンは本の中にありますか?)」という文を使ってbe動詞を勉強しています。

このようにカランメソッドでは、ひたすら中学英語の文法を実際に話して使いこなせるように学習していきます

 

例文の暗唱だけで、日常生活や海外旅行で使う「お役立ちフレーズ」のようなものは、全くと言っていいほど学びません。

文法だけで英会話はできない | 瞬間英作文と同じ

そもそも、文法を使いこなせることと、英語でコミュニケーションできることは別物です。

ここで問題を出します。「もうお腹いっぱいです。」って英語で何て言うか分かりますか?

 

正解は “I’m full.” で、文法的には超がつくほど簡単ですが、full(お腹いっぱい)という単語を知らなければ、このフレーズは出てこないはず。

私は当時TOEIC705点あったのに、「タクシーを1台お願いします」というセリフが最初言えませんでした。

※↑答えは “I need a taxi.” 文法は単純ですが、need=お願いします、という意味合いを知らないと使えません。

 

瞬間英作文という、大ベストセラーでいまだに売れ続けている本があります。

これもカランメソッドと似ていて、中学レベルの英文法を実際に使って話せるようになるためのトレーニング法です。

※たとえば、「これはよい本です」という日本語を聞いて、すぐに「This is a good book.」という文を作る(瞬間的に口頭で英作文する)というもの。

実際、私はジャマイカにいた当時、瞬間英作文もカランメソッドも両方やりましたが、日常会話や仕事では苦労の連続でした

関連記事【寝ながらできる】瞬間英作文の効果とやり方 | 初心者はぜひやろう

英会話に必要な単語やフレーズを学べない | 教科書的な例文ばかり

英会話は文法的には簡単でも、その時々のシチュエーションに合った単語やフレーズの蓄積がないと上達しません

先ほどの例でいけば、I’m full. や I need a taxi. など単語やフレーズのストックを増やしていく必要があります。

 

カランメソッドでは、I have a pen. などのどうでもいい例文ばかりで、日常生活や海外旅行で使えるようなフレーズをほとんど学習しません。

その時の状況にあったフレーズのストックがないと、実際の英会話では言葉に詰まって困ることが多いです。

 

たとえば、誰かに電話をするときの「今大丈夫ですか?」って英語でどう言いますか?

 

思考回路としては、

  1. ”Are you free now?” かな?
  2. いや “free” ってなんかおかしくないかな?
  3. それとも ”Are you available now?” かな?
  4. いや、意味は通じそうだけど “available” って堅苦しくないか?

↑のように、間違えたくないがために唯一の正解を探して、結局何も言えなくなるのです。(私も経験があるのですごく分かります)

※答えはAre you available now?でもいいですし、Are you free now?でもOK。単純に Do you have time now?(今時間ありますか?)でもいいです。

世界35か国で50年の実績!カランメソッドを使う3つのメリット

122_4

ここで改めて、カランメソッドを使うメリットについて整理しておきます。

上で解説した私が感じた効果と多少重複しますが、違った角度から分かりやすく解説していきます。

カランメソッドの受講料は他のオンライン英会話の2倍近くするので、失敗しないためにも、ぜひここで理解を深めておいてくださいね!

英語の反射神経が鍛えられる | 発話の瞬発力がつく

カランメソッドは、イギリスでカランという人が発明した英語教授法で、以来50年以上、世界中の英会話スクールで採用されています。

簡単に言うと、英語の反射神経を鍛える英語学習法です。

 

ネイティブキャンプの公式サイトの言葉を、以下に引用します。

スピーキングの最中に分からない文法があったとしても話すことを止めないように講師は指導します。
反射的に英語で考えるための訓練がカランメソッドです。

-ネイティブキャンプ 公式サイト

私もまさにこの効果を実感しました!

関連記事【体験談】カランメソッドをネイティブキャンプで受けるメリット | 他校との比較

関連記事【2校だけ】カランメソッドができるおすすめオンライン英会話スクール

英語を英語で考える力がつく | 英語の基礎が身につく

カランメソッドでは【先生が質問をして、生徒が答える】を永遠にくり返します。(実際のレッスンは以下を参照※再掲)

 

ご覧のとおり、講師の質問は結構早口で、先生が質問して生徒が答えるというのが、目まぐるしくラリーのように行われています。

とても簡単そうに見えると思いますが、やってみると最初は全然上手く答えられないし本当に難しいです。

この英語のラリーを毎日やるうちに、英語を英語のまま理解して、正しい英文法に沿って答える、ということが瞬間的にできるようになってきます

通常の4倍の速さで英語を習得できる | でも結構ハードです

カランメソッドの最大の売りがこれで、徹底して頭の中の英語の処理スピードを上げ、通常の4倍のスピードで英語を習得できると言われています。

 

以下に各スクールの公式サイトから引用します。

独特のレッスンの進め方により、レッスン中に生徒側が英語を多く話せるようにデザインされています。
授業中に無駄話や沈黙が入る暇もないため生徒の話すスピーキングの量は通常のレッスンのまさに4倍!

-ネイティブキャンプ 公式サイト

ロンドンで誕生以来、50年以上にわたり、世界中で支持されてきた「カランメソッド」。
徹底的に反復するよう設計された特訓法の英語学習法で、他の学習方法と比べ、1/4の学習時間でケンブリッジ試験に合格できることが実証されています。

-QQ English 公式サイト

 

カランメソッドのレッスンは想像以上にハードで疲れます。(ツイッターでも同様の声が↓)

本当に4倍なのか分かりませんが、実際に相当負荷がかかるトレーニングなのは間違いないです!

この負荷の大きさの分だけ、自分の脳みそを ”英語脳” に変えているということなのだと思います。

カランメソッドはこんな人におすすめしたい

122_5

カランメソッドはとても効果的な学習メソッドですが、全員におすすめできるものではありません

ここでは、カランメソッドに向いている人の4パターンについて解説していきます!

英語を急いで身につけたい

当時の私がまさにこれで、英語をできるだけ早く身につけたい人はカランメソッドはおすすめです。

英語という言語の基礎が間違いなく身につくし、それを理屈だけじゃなく、実際に英語で話せるようになります

 

ただ、3か月後にすぐにペラペラになるとかではないので、注意してください

関連記事カランメソッドはどれぐらい期間かかるの?【毎日1回で1年以上です】

 

また英会話力も身につけるため、カランメソッドをメインカリキュラムにしつつ、通常レッスンも並行して受けるのがおすすめ

私も当時、カランレッスン2回に加えて、通常レッスン1回を毎日こなしていましたよ。

今の勉強法やスピーキング力に限界を感じている

カランメソッドは50年以上の歴史と実績があり、怪しい学習法ではまったくありません

 

以下はイギリスのカランメソッド機構のトレーナーのインタビューです。

 

日本の英会話スクールで、これだけ体系的に英語を学べるカリキュラムは少ないと思います。

ハードなトレーニングですが、頑張った分だけ効果は実感できるので、自己流の学習に限界を感じているなら、ぜひトライしてみてください

英語を基礎から学び直したい

カランメソッドは英語を基礎から徹底的に学び、しかも使える英語力を養うのに最適です。

自分の言いたいことを英語でしっかり言えるようになりたいなら、基礎をしっかり学ぶ必要があります。

 

英会話は単語やフレーズも大切ですが、自分の考えを伝えようと思ったとき、フレーズ暗記だけでは臨機応変なコミュニケーションはできません

カランメソッドをやれば、英語の正しい文法に沿って自由自在に英語で話せるようになりますよ。

瞬間英作文に共感できるがつまらない

「瞬間英作文のコンセプトに共感して、以前やっていたけどつまらなくてやめた」

という人にもカランメソッドはおすすめです。

 

英語の文法・語法を実際に使いこなして話せるようになる、が共通しているコンセプトです。

私も瞬間英作文は効果的なトレーニングだと思いますし、実際に一時期やっていましたがすぐ挫折しました。

 

瞬間英作文は基本的に独りぼっちだし、例文もつまらないので、嫌になってくるんですよね。

カランメソッドも同じ大変さと退屈さはありますが、講師の先生と実際に話す楽しさがあるので続けやすかったです!

関連記事【2校だけ】カランメソッドができるおすすめオンライン英会話スクール

【断言】こんな人はカランメソッドに向かない

122_6

人によってはカランメソッドではなく、別の勉強をした方が効果的な場合もあります。

ここでは私が実際に使っていた経験をもとに、カランメソッドが不向きな人について解説します!

ここに書いたような人は、別の勉強をしましょう!(それについても解説しますね)

完全初心者 | TOEIC500点未満の人

各スクールの公式サイトには初心者でもOKと書かれているし、先ほどのカランメソッド機構のトレーナーも初心者にこそおすすめしたいと言っています。

英語が全くわかりません。超初心者でも始めて大丈夫ですか?

はい。入門レベルから始めていただけるようデザインされており、英語学習を始めたばかりの方は余計な癖や、音を間違って認識していないため、正しい発音を身に付けることが出来ます。

-ネイティブキャンプ 公式サイト

騙されてはいけません、嘘です!

 

英語の基礎があまり身についていない人(TOEICで500点未満の人)に、カランメソッドは難しすぎます

文法的にもそうですし、リスニングの意味でもレッスンに付いていくのは困難です。

超初心者レベルの人はまずはカランメソッド以外で脱初心者を目指しましょう!

関連記事【それ、間違ってますよ】超初心者のための正しい英語勉強法と心構え

ビジネスで英語を使いたい | ビジネスカランはお勧めしない

仕事で英語が必要だから、4倍速で英語を習得できるならやってみたい!

カランメソッドでは、ビジネス英会話に出てくるような表現は一切学ばないため、あまり効果的ではありません

使い方としては、別のビジネス英語の教材をメインカリキュラムにして、カランメソッドを補助的に使うのがベストですよ。

 

速習で学びたいなら、オンライン英会話レッスンを毎日3レッスンとし、内訳を

  • ビジネス英語カリキュラム×毎日2回
  • カランメソッド×毎日1回

にするのがバランス的にいいかなと思います。

ネイティブキャンプというスクールなら、カランメソッド認定校ですし、ビジネス英語カリキュラムもあるので、おすすめです。

関連記事【体験談】カランメソッドをネイティブキャンプで受けるメリット | 他校との比較

関連記事【2校だけ】カランメソッドができるおすすめオンライン英会話スクール

 

「ビジネスカラン」というカランメソッドのビジネス英語版もあり、私も以前受けたことがありますが、これもお勧めしません。

native-camp_callan_business

 

内容は、カランメソッドでスピーキングする例文がビジネス英語の例文になっているだけ

カランメソッドでビジネス英語の例文を学ぶメリットが正直、感じられませんでした

native-camp_callan_business_lesson_r

 

先ほど書いたように、カランメソッドとビジネス英語を別々のカリキュラムで学ぶ方が、断然効率がいいと思います!

TOEIC対策として使いたい | 遠回り感がある

ネットで調べると「カランメソッドでTOEICの点数が〇〇点上がりました!」みたいな話も見つかりますが、完全に結果論だ思います。

それを言ったら私も出国前はTOEIC705点で、カランメソッドを受けて、帰国後はほぼノー勉で875点でした。

だからと言って、TOEIC対策としてカランメソッドが有効だった!とはならないですね。

 

カランメソッドは英語の基礎力を底上げするもので、結果的にTOEICも上がるかもですが、目的が全然違います

TOEIC対策をしたいなら、リーディングも含めてもっと直接的な対策をした方がいいですよ。

関連記事TOEIC独学完全ロードマップ【400点初心者~700点まで】勉強時間・スコア別に完全解説!

【注意点】使える英語力を本気で身につけたい限定でおすすめ!

122_7

カランメソッドは実際に使える英語力を身につける上では、かなり効果的な学習法です。

注意点としては、カランメソッドで効果を実感できるまでは通常半年~1年はかかります。

関連記事カランメソッドはどれぐらい期間かかるの?【毎日1回で1年以上です】

 

「海外旅行などちょっとした英会話ができればいい」という人は、CD付きのフレーズ集の参考書を買って勉強すれば十分です。

カランメソッドは、

  • 英語を使って自分の考えや意見をしっかり言いたい
  • 基礎を徹底的に固めて、英語力の底上げをしたい

といった、そこそこ本腰を入れて英会話学習に取り組みたい方におすすめです。

 

本気で英語に取り組みたい人にとっては、カランメソッドはその期待に十分応えるカリキュラムなので、ぜひ体験受講から始めてみてください!

関連記事【2校だけ】カランメソッドができるおすすめオンライン英会話スクール

関連記事愛用歴5年!おすすめのオンライン英会話 選び方完全ガイド【初心者向けに徹底比較】

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう!