141_1

TOEICの勉強をしてるんだけど、リスニングがいまいち伸びなくて、、オンライン英会話を毎日していれば、リスニング力もつくかな?

 

今回はこんな疑問に答えていきます。

結論を先に言ってしまうと、オンライン英会話だけでは、リスニングが伸びる人と伸びない人がいます

 

英語の発音とか音声変化などの、リスニングの基礎ができていない人は、残念ながら伸びにくいですね。

英語は知識を少しずつ積み上げていくことでしか、上達しません。

 

リスニングの場合も、英語の正しい音というものを学ばない限りは伸びないのです。

こちらもおすすめ

もっと英語ができれば、仕事の質も効率も上がるのになぁ。英語なんてさっさと身につけてしまいたい。

そんな人は今すぐ、パーソナルコーチ付きの英会話スクールを使いましょう

    • 受講者1人ひとりに合わせたオーダーメイドのカリキュラム 自分の苦手や課題に合わせて最短距離で勉強できる
    • 3ヶ月で英語力を最大限に伸ばす学習ノウハウが凝縮 無駄のない効果的な学習が可能
    • 専属コーチが毎日マンツーマンで指導・サポート 続けやすい(サボれない)+ 疑問も即解消できる

 

以下で、おすすめスクールの比較や選び方、使うメリットやデメリットなどを徹底解説しています。

元海外営業が選ぶ!英語コーチングスクールのおすすめ5選 | 目的別に徹底比較!

オンライン英会話でリスニング力が伸びない人の特徴

141_2

冒頭に書きましたが、オンライン英会話でリスニングが伸びにくいのは、発音など、リスニングの基礎ができていない人です。

ざっくりまとめると、英語の初心者のことですね。

 

なぜ初心者はオンライン英会話をやっても、リスニングが伸びないのか、原因をみていきます。

英語の正しい音を理解していない

まず、英語の音を理解していないと、リスニングはできません。

脳内では、知らない音は雑音として処理されるため、本人は英語をリスニングしている気分になっていても、実は英語として聞いていないんですよね。

 

初心者にかぎらず、英語の音をきちんと理解していない人は、脳内で英語の音をカタカナに置き換えて聞き取っています。

しかし、日本語と英語では残念ながら、1割程度しか共通する音がありません。

 

頭の中で置き換えているカタカナと、英語本来の音が異なるため、聞き取りが難しいのです。

私が発音を勉強した「英語耳」という有名な本にも、このように書いています。

英語には、ぜんぶで43個の音があります(数え方によって若干変わります)。日本語とほぼ同じと言っていい音は、そのうちの5~6個くらいです。つまり約9割の音は、日本人にはなじみがない音ということになります。日本人にとって、英語の聞き取りが難しいのはこのためです。

英語耳 ~発音ができるとリスニングができる(松澤喜好 著)

 

英語の音を理解している人ならば、オンライン英会話で話していても、「英語の音」として耳に入ってくるので、リスニング訓練になります。

 

一方、英語の音を理解していない人は、「(本来の音とは違う)カタカナの音」として耳に入ってくるので、言い方は悪いですが、雑音を聞く練習にしかならないのです。

ゆっくり話してもらう→音声変化がずっとわからないまま

初心者の場合、オンライン英会話を受けていても、講師の先生が気を利かせてくれて、ゆっくり話してくれると思います。

純粋に英会話というコミュニケーションを楽しむなら、それでも構いません。

ただ、リスニングを向上させるという意味では、あまりいいことではないんですよね。

 

日本人が英語のリスニングで難しいと感じる原因は、音声変化だと言われています

Waterがウォーターではなく、ワーダーとかワーラーになったり、pick you up がピックユーアップではなく、ピキュアッとなるなどの現象のことです。

 

これは、普通のナチュラルスピードの会話ではもちろん、TOEICのリスニングでも当たり前のように出てきます。

ゆっくり話してもらうのは悪くないのですが、ずっと続けていると、音声変化がまったく学べないのが問題なんですよね。

 

音声変化を理解して聞き取れる人は、オンライン英会話でしゃべっていても、音声変化を瞬時に察知してリスニングできるので、レッスンをやるごとにリスニングの練習にもなります。

だた、音声変化を理解していない人は、先ほどと同じ雑音を聞く練習にしかならないので、オンライン英会話をやっても、いっこうに上達しないのです。

ボキャブラリーが少ない

音を理解していたとしても、初心者の頃は絶対的にボキャブラリーが足りていません。

なので、「音としては聞き取れるんだけど、意味がわからない」という状況になりがちです。

 

意味がわからない単語は、雑音ではないものの、意味不明な言葉として脳内で処理されます

初心者相手では、オンライン英会話の講師の先生も、難しい単語は使ってこないはずです。

極力、かんたんな言葉でコミュニケーションを取ろうとしてくれると思います。

 

つまり、意識的に学ばない限り、ボキャブラリーが増えにくいんですよね。

そしてボキャブラリーが増えないと、リスニング力も上がってこないという悪循環になってしまうのです。

スポンサーリンク

初心者がオンライン英会話でリスニングも伸ばしたいなら

141_3

では、リスニングの基礎ができていない人が、オンライン英会話をやってはいけないのか?

そんなことはありません。

むしろ、どんどんリアルな英会話に触れてほしいと思っていますよ。

 

リアルな英会話はやはり楽しいですし、そもそも英会話の目的はリスニングを伸ばすことじゃないはずです。

外国人と英語という言葉を使って、コミュニケーションを楽しむことですよね。

ここでは、

  • リスニングの基本がまだ身についていない初心者が、
  • オンライン英会話を使いながら
  • リスニング力もアップさせたい

という場合に、効果的に勉強するポイントを書いていきます。

発音のカリキュラムを使う

語学の基本は、音を勉強することです。

あわせて読みたい【独学なら語学の王道をいけ!】社会人のための正しい英語力向上法

 

正しい英語の音を身につけることで、英語をカタカナや雑音ではなく、英語として聞き取ることができます。

オンライン英会話で発音を学ぶメリットは、フィードバックをもらえること。

 

私は発音は独学でマスターしましたが、誰も間違いは指摘してくれないので、独学の場合、自分で気づくしかないのがデメリットです。

オンライン英会話でも、発音を学ぶカリキュラムを持っているスクールは結構あります。

 

復習のしやすさやカリキュラムの質などを踏まえて、オンライン英会話歴5年以上の私が厳選した2校を以下で紹介しています。

スクール選びのコツなども書いていますので、オンライン英会話で発音を学びたい人は参考にしてみてくださいね。

【3校厳選】発音矯正でおすすめのオンライン英会話 | 決め手はテキストの質と自習教材!

レッスン外でも勉強する

オンライン英会話を使いながらリスニング力も鍛えたいという人は、レッスン以外でも積極的に発音やリスニングを勉強した方がいいです。

この記事で書いてきたように、リスニングの基本が身についていない状態で、オンライン英会話を受けても、リスニングは上達しません。

そこで、

  • オンライン英会話→コミュニケーションを楽しむ場、スピーキングを練習する場
  • 発音・リスニング→独学

というように、役割を分けて勉強することをおすすめします。

 

発音はリスニングは独学でも、全然身につくので安心してください。

発音や音声変化など、リスニングの基本は、私も本を買って、すべて独学で身につけました。

その結果、最初はTOEIC400点前半だったのが、1年半で705点にアップさせることができたんですよね。

 

私が独学で発音やリスニングを勉強した方法は、こちらの記事で書いていますので、参考にしてみてください。

英語の発音に必要なことは全部、この本が教えてくれた【おすすめ本】

オンライン英会話でリスニングが伸びる人

141_4

この記事ではオンライン英会話では、初心者の人はリスニングが伸びないということを書いてきました。

反対に、リスニングの基本がある人は、オンライン英会話を受けることでリスニング力も上がっていきます

 

それは、本や教材、youtubeなどで勉強する場合と比べて、会話する場合は、比較にならないぐらい集中して聞くからです。

私も最近オンライン英会話を使っていて実感しているのですが、グッと集中して聞いてる自分がいますね。

 

本の音声CDとかを聞いてるときって、聞き逃しても支障ないじゃないですか。巻き戻しもできるし。

英会話してるときってしっかり聞き取らないと、言葉のキャッチボールができないので、すごく真剣になるんですよね。

 

オンライン英会話でリスニング力が上がるってこういうことなんだなぁと、先日改めて感じました。

リスニングを伸ばすことがそんなに大切か?

141_5

では、最後にあえて、こんなことを書いてみます。

オンライン英会話で、リスニングを伸ばす必要ってありますか?

  • 正しい発音が分からないからカタカナで聞こえる
  • 講師の先生が親切にゆっくり話してくれるから、音声変化が身につかない

それでいいじゃないですか。

 

私は初心者の人は、英語でのコミュニケーションをまず、楽しんでほしいと思っています。

正直、コミュニケーションで大切なのは、英語が上手なことよりも、心が通うことです。

 

私も初心者の頃、英語を話すのが苦手でしたが、オンライン英会話ではお気に入りの先生がいました。

冗談を言い合ったり、一緒に笑ったり、別に全然難しいことを話してないのに、楽しかったんですよね。

こういう「楽しい」という気持ちを一番大切にしてほしいなと思っています。

 

なんでもそうですが、楽しいということがすべてのスタートです。

  • 楽しいから、もっと勉強したくなる
  • 楽しいから、もっと先生を深い話をしたい
  • そのためには、リスニングの勉強をしたい
  • いろんな表現を覚えて、スピーキングも上手になりたい

そんなふうにして、私は英語を勉強してきました。

 

もちろん、勉強自体は苦しいことも多いし、つまらないことも多いです。

でも、そんな努力も最後は「外国人と楽しく会話できる」という目標につながっているとわかるから、勉強できるんですよね。

 

何かの参考になればうれしいです。

独学でのリスニングの勉強については、こちらの記事でも書いているので、あわせて読んでみてください。

【2冊だけ】英語リスニングのおすすめの本【ブレイクスルー体験済】

 

初心者向けに、リスニングやスピーキングの勉強法や取り組みの姿勢などを、こちらで書いています。

こちらも興味がある人は読んでみてください。

【それ、間違ってますよ】超初心者のための正しい英語勉強法と心構え

 

その他私が実際に利用したオンライン英会話で、良かったものをこちらで比較しています。

スクール選びに参考になるはずです。

 

最後に、発音・リスニングの勉強ができる英会話アプリの紹介です。

私も使ってみてすごく使いやすくて、発音やリスニング学習への効果、評判もとてもいいので、念のため紹介しておきます。

 

直接人と話せるわけではないので、そこがデメリットですが、ゲームの主人公になりきって、英語でストーリーを進めていくアプリです。

スタディサプリENGLISHという、リクルートが出しているアプリなんですが、こちらで詳しいレビューを書いていますので、興味があれば読んでみてくださいね。

【英会話が苦手な人へ】スタディサプリENGLISH(英語)の効果と評判・口コミ

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう!