【3校だけ】講師の質が高いオンライン英会話スクールを厳選・比較

121_1

オンライン英会話はネイティブじゃないし、講師の質ってどうなんだろう?できれば失敗したくないから、質がいいスクールが知りたいな。

オンライン英会話は安いし興味はあるけど、講師の質ってどうなんだろう?って気になりますよね。

私はオンライン英会話を5年以上、いろんなスクールで使ってきましたが、講師の質については、良いところはすごく良いです

この記事では、

  • 講師の質はどこで見るのか?
  • 講師の質が高いおすすめスクール3選

について、私のこれまでの経験をもとに解説していきます。

私は現在フリーランスですが、青年海外協力隊OBで、前職では貿易・海外営業の仕事をしていて、毎日バリバリ英語を使っていました。

できるだけ講師の質が良いスクールで始めたい!という方は、この記事でおすすめする3校が、すごく参考になると思います。

各スクールでは無料体験レッスンもできるので、気になったスクールはぜひご自身で試してみてください。

PR 【レッスン品質保証付き】日本人学習者の特性を理解した厳選講師陣と学ぶ「ロゼッタストーン・ラーニングセンター」とは

【基準】講師の質はここで測る

121_2

オンライン英会話の講師の質について、まず言えることは、差が激しいということです。

レッスンをさぼったり、遅刻したりする講師もいる一方、プロ意識の高い講師もいます。

ここではどんな基準で講師の質を見分ければいいのか、重要度順で4つの基準を紹介したいと思います。

TESOL資格を持っている | 英語教師のプロ

まず一番大事だと思うのが、講師がTESOLを持っているかどうかですね。

TESOLとは、Teaching English to Speakers of Other Languageの略で、第二言語で英語を学ぶ人に英語を教える国際資格です。

英語を教える人にとって、TESOLというのは世界的に信頼度のある資格で、これを持っているだけで教育者として本気度が違うなという感じがします。

講師向けの教育・研修が整っている | 質が安定

次に重要なのが、社内の研修体制ですね。

いくら優秀な教師を採用しても、自宅レッスンで完全に野放し状態だと、教師の側のモチベーションも下がります

スクール側としても、レッスンの質を常に改善していくためには、講師向けに勉強会や研修会など、教えるスキルを上げていかなければなりません。

また教えることに熱意のある教師であればあるほど、最新の指導法や、研修は自分のスキルを高められるチャンスなので、積極的に勉強したいと思うはず。

実際に研修を受けてスキルを高めて、それがレッスンにも還元されるという好循環になるため、社内の研修体制は結構大事です。

採用率が低い | 厳選して採用している証拠

スクールのホームページを見ていると、「講師を雇用する際には採用率1%の厳しい選考がある」みたいなことが書いてあります。

採用率は、それだけ優秀な人材に絞って講師を採用している裏返しなので、質を担保していると言えます。

中には採用時にはそれほど厳しい選考をせずに、講師の数をどんどん増やして展開しているスクールもあると思うので、気をつけましょう。

経験上、レッスン料が激安のスクールは、講師の質が悪い確率が他のスクールより高いですね。

講師の質が高いスクールは20人中、質がいまいちな講師が1~2人だとしたら、激安のところはその2倍、20人中3~4人ぐらいいるイメージです。

講師の学歴 | 否定できない要素

学歴はそこまで重要度でいくと、先の3つには劣りますが、参考にはなります。

日本でも社会人になってしまえば、出身大学なんてそんなに関係なくなりますよね。

とは言っても、いざ「私、東大卒です」とか「京大出ました」と言われると、さすがに「おー!」ってなりますし、頭のいい人は多いですよね。

やはり学歴が高いほど、能力も比例的に上がっていくのは、あながち否定できない部分だったりします

講師の質で選ぶならこの3校【比較】

121_3

以上の基準を使って、オンライン英会話スクールを質で選ぶと、この3つが候補になります。

現在オンライン英会話は、似たり寄ったりなスクールが多いですが、講師の質で見た場合、この3つはワンランク上だと思います。

各スクールの特徴、他校との比較も書いているので、ぜひ参考にしてみてください。

Bizmates(ビズメイツ) | ビジネス英語限定だけど、飛び抜けて良い

bizmates_top

最初に断っておくと、ビズメイツはビジネス英語に特化したオンライン英会話です。

そのため、日常会話を中心に学びたい方は次で紹介するネイティブキャンプやレアジョブの方がいいかもしれません。

もしこれを読んでいるあなたが、仕事で英語を使いたい!と思っているなら、ビズメイツは最高の選択だと思います。

ビズメイツは、私が今まで使ってきたオンライン英会話の中でも、講師の質は群を抜いて高いですね。

しかも採用率も1%以下で、ほんの一握りの選ばれし人しか講師になれない仕組みになっています。

講師は全員ビジネス経験者で、MBA(経営学修士)取得者もいて、本気でビジネス英語を学びたい人にとってはベストな環境だと思いますね。

ビズメイツの講師陣を紹介している公式動画(↓)があるので、ぜひ見てみてください。かなりイメージが湧くはずですよ。

講師には大学院卒も多いですし、ホント、フィリピンのビジネスエリートが集まっている感じですね。

採用後の研修トレーニングも充実しているため、講師の質も安定しています。

「ちょっとこの先生は”普通”だなぁ」と思うことすら、全然なかったですね。ホント、全員良かったです。

ビズメイツは講師の質だけでなく、カリキュラムやレッスン全体のクオリティが高かったですね。

料金的に他のスクールより高めですが、その価値は十分にあると感じました。

ビジネス英語を中心に学びたい人は、無料体験を受けるなり、ぜひ検討してみてくださいね。

毎日25分プラン(補講動画レッスンオプション付き) 13,090円(税込)

【8月17日まで】初月受講料が半額(13,090円⇒6,545円 etc.)になるキャンペーン中です!

>>Bizmates(ビズメイツ)公式サイトはこちら

ビズメイツの特徴や評判、私が実際に使ってみた感想などはこちらで詳しく解説しています。

ネイティブキャンプ | コスパが良すぎる

nativecamp_top

ネイティブキャンプは予約不要で世界中の講師とレッスン受け放題という、価格破壊みたいなイメージがありますが、実は講師の質もすごく良いです。

これは実際に使った人なら分かってもらえると思いますが、25分のレッスン運び(タイムマネジメント)が秀逸ですね。

他のスクールの場合、25分を少しぐらい過ぎても、切りのいいところまで時間を延長して話してくれます。

ネイティブキャンプの場合は、25分で自動で通話が切れる仕組みになっていて、これがレッスンの質を高めています。

講師は時間をすごく大事にして、1分1分を無駄にしないように、しっかり英語を教えよう、という姿勢をすごく感じましたね。

私自身、ネイティブキャンプは結構使ってきましたが、↑これは例外なく、全員の講師がそうでしたね。

レッスンを受けていて、品質がしっかりコントロールされている感がありましたし、時間を大切にするプロ意識を感じました

ネイティブキャンプでは、先ほど解説したTESOL(第二言語で英語を学ぶ人に英語を教える国際資格)を持っている講師も100人以上います。

またネイティブキャンプの特徴として、各講師の口コミが投稿できるようになっているため、評価の悪い講師は本部の指導対象になるといったシステムもあります。

各講師に何百という口コミが付くことも普通で、すごく講師選びの参考になりますよ。私が見てきた限り、そこまで悪い評価の講師はいなかったですけどね。

ネイティブキャンプの料金プランは定額で、予約なしでレッスンを受ける限り、レッスンは受け放題。

自分が思い立ったタイミングでレッスンが受けられるので、すごく便利で、スキマ時間にレッスンができるので、とても続けやすいです。

コスパで言えば、他のスクールと比較にならないぐらい良いですし、講師の質も思っている以上に良いので、ぜひ検討してみてくださいね。

主な料金プラン:24時間レッスン受け放題(予約なし) 6,480円(税込)

>>ネイティブキャンプ 公式サイトはこちら

ネイティブキャンプの特徴や評判、私が実際に使ってみた感想などは、こちらで詳しく解説しています。

レアジョブ

rare-job_top

講師の質という点では、業界最大手のレアジョブも外せません。

レアジョブも講師の質には定評があります。

レアジョブの特徴
  • 社内研修体制が充実
  • 採用率1%で優秀な人材のみ採用している
  • 講師はフィリピンのトップ大学卒が中心
  • 品質管理の専門チームが常にレッスンをチェック

レアジョブでは1%の狭き門をくぐり抜けてきた優秀な講師に対して、独自の研修トレーニングを行っており、それを修了しないとレッスンできない仕組みになっています。

rare-job_quality

またレアジョブは、業界最大手というだけでなく、オンライン英会話というサービスを日本に普及させたスクールであり、もっとも歴史の長いスクールの1つです。

過去10年以上のレッスンから得られたデータをもとに、効果的な指導法を日々研究し、講師の研修に使っているため、レッスンや講師の質については、生徒からの評判もいいです。

実際、過去にオンライン英会話の顧客満足度調査で1位※になったりしています。(※イード・アワード2017 オンライン英会話サービス総合満足度 最優秀賞)

また講師の多くは、フィリピンの東大と言われる「フィリピン大学」の卒業生が占めているのも特徴です。

私もレアジョブのレッスンは何度も受けましたが、講師の質が他のスクールと比べて良いのは間違いないです。

業界最大手というブランド、安心感はやはりあるので、それらを総合的に考えると、レアジョブも十分有力な選択肢になると思います。

日常英会話プラン(毎日25分レッスン)月6,380円(税込)

>>レアジョブ 公式サイトはこちら

私が実際にレアジョブを使ってみた感想や口コミ、実際のレッスンの様子は、以下の記事で詳しく解説しています。

【まとめ】私の失敗談~こんな講師あんな講師

121_4

では、さっと最後にまとめておきます。

もしビジネス英語を中心に学びたいなら、講師の質はもちろん、カリキュラムなどサービス全体を考慮しても、ビズメイツ一択です。

ネイティブキャンプも料金が安いだけでなく、講師の質も良いので、個人的にはとてもおすすめですね。

講師の質を含めて、全体のバランスで選ぶなら、業界最大手のレアジョブも十分、選択肢に入ると思います。

最終的には、ご自身で実際にレッスンを受けてみて、講師の質や使いやすさなどを体感してみるのが一番ですよ。

の3つなら、講師の質の面で自信を持っておすすめできるので、ぜひ気になるスクールがあれば、実際に試してみてくださいね。

各スクールの詳しい解説、レビューについては、以下の記事で書いているので、改めて一覧にして載せておきます。

レビュー記事 Bizmates(ビズメイツ)の評判と口コミ【体験談】

レビュー記事 ネイティブキャンプの評判と口コミ【体験談】

レビュー記事 レアジョブの評判と口コミ【体験談】

講師の質だけでなく、総合的に比較してみたいという人には、以下の記事で詳しくまとめています!

わか

わか

ちょっと英語が得意な田舎のアラフォーです。

市役所職員→青年海外協力隊(ジャマイカ)→メーカー海外部門→現在ブロガー兼英会話講師&稀に通訳。

英語と無縁だった公務員から海外移住、英語を使って仕事にするまでになった実体験をもとに、主に初中級者向けの英語学習のコツ、教材&スクールの選び方などを書いています。

英検1級の卵/ TOEIC880点/ JTF日本翻訳連盟, JAT日本翻訳者協会会員/ 子育て相談ドットコム英語専門家

■相互リンク大歓迎!(コンタクトからメッセージください)
■各記事への質問・ご相談も大歓迎(記事下のコメント欄にて気軽にメッセージください)

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

2 件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA