123_1

オンライン英会話に興味があるんだけど、結局どこも一緒でしょ?安かろう悪かろうは困るけど、とにかく話せればいいから、手ごろなスクールを教えて。

 

今回はこんな疑問に答えていきます。

オンライン英会話を選ぶとき、価格はわかりやすいし、比較しやすいポイントなので、ついつい値段で選びたくなりますよね。

 

私もオンライン英会話を初めて使ったのが5年以上前で、それ以来、いろんなスクールを使ってきました。

その中で感じたのは、「ちゃんと選べば安いスクールでも全然大丈夫」ということ。

 

ここでは、私がどうやって「ちゃんと選んできた」のか、実例を出しながらおすすめの3校を紹介します。

また最後には、あまり大きな声で言えないけど、「ココは辛口に言って失敗だったな。」というところも書いてみたいと思います。

こちらもおすすめ

もっと英語ができれば、仕事の質も効率も上がるのになぁ。英語なんてさっさと身につけてしまいたい。

そんな人は今すぐ、パーソナルコーチ付きの英会話スクールを使いましょう

    • 受講者1人ひとりに合わせたオーダーメイドのカリキュラム 自分の苦手や課題に合わせて最短距離で勉強できる
    • 3ヶ月で英語力を最大限に伸ばす学習ノウハウが凝縮 無駄のない効果的な学習が可能
    • 専属コーチが毎日マンツーマンで指導・サポート 続けやすい(サボれない)+ 疑問も即解消できる

 

以下で、おすすめスクールの比較や選び方、使うメリットやデメリットなどを徹底解説しています。

元海外営業が選ぶ!英語コーチングスクールのおすすめ5選 | 目的別に徹底比較!

私が安いオンライン英会話の選ぶときの基準

123_2

では、私がこれまでどんな基準でコスパの良いスクールを探してきたのか、具体的に説明していきますね。

講師の質はどうか

安いと一番気になるのは、講師の質ですよね。

オンライン英会話は主に人件費の安い国(フィリピンや東欧など)で講師を採用して、在宅でレッスンさせることで、コストを下げています。

 

つまり、会社に出勤する必要がないので、採用した後は研修や指導がしにくく、品質のコントロールが難しいのです。

そのため私はホームページなどで講師の研修体制を調べたり、講師の口コミをチャックしていますね。

料金プランの罠に気をつける

料金プランはわりと巧妙に罠が仕掛けられていたりするので、注意しています。

見た目は安いんだけど、講師や受けるレッスンによって、追加で課金が必要だったり、毎日レッスンではなく、月10回ぐらいだったり。。

 

個人的に料金プランが複雑なスクールは、好きではありません。

比較しにくいし、生徒の側にしても、実際いくらかかるの?という部分がハッキリしないので。

 

私はシンプルに「毎日25分レッスンで○○○○円!」というスクールの方が、正々堂々していて好きですね。

みんながおすすめしている

口コミがあきらかに少ない、ブログなどを見ても誰もあまり紹介していないようなスクールは、いくら安くても避けています。

単純に考えて、「口コミが少ない=使っている人が少ない」ということですからね。

 

また、「みんながおすすめしている=大手だったり人気のところ」なので、まずそこは外さないようにしています。

(私も含めて)素人はヘタに冒険しない方がいいですよ(笑)

ホームページのデザイン、雰囲気

それから、本質とは関係ないかもしれませんが、個人的に思うのは、ホームページがいかにも安そうな陳腐なデザインだと、大丈夫かなという感じがします

大手で人気のところって大抵、おしゃれなデザインですよね。

 

オンライン英会話というのは、テレビCMもほとんどないし、Webサイトがメインの集客手段です。

なのに、そこにすらお金をかけないというのは、講師にもあまりお金かけてないのかな(=質が悪い)と、かんぐってしまいますよね。

高コスパで格安のスクール【厳選3校】

123_3

ではここからお待ちかね、コスパの良い格安スクールを厳選して紹介します。

 

くり返しになりますが、私自身5年以上オンライン英会話を利用してきて、失敗もしながら、各スクールを自分なりにいろいろ調べたり利用したりしてきました。

これから紹介するのはその集大成ですので、控えめに言って、この3つは自信を持って紹介できます

 

とはいえ、あくまで他人の意見なので、気になるスクールがあれば、まずご自身でレッスンを受けて確かめてみてくださいね。

3校とも公式ページから、無料体験レッスンが申し込めます

【1位】ネイティブキャンプ

nativecamp_top

24時間レッスン受け放題:月6,480円(税込)

 

ネイティブキャンプの最大の特徴は、予約不要でレッスン受け放題ということです。

時間があれば毎日2回レッスンを受けてもいいし、受ければ受けるほど1回当たりの料金は安くなります。

 

予約不要なので、思い立ったタイミングでレッスンを受けられるため、すごく融通が利いて、続けやすいのがメリットですね。

 

私もネイティブキャンプを使っている時は、暇な日や、気分が乗っているときは、1日3回とか4回レッスンを受けていました。

こんな使い方でも、料金が定額なので財布にも優しいし、使い方が自由なので、私のお気に入りのスクールです。

 

ただし、同じお気に入りの先生から、毎回レッスンを受けたい場合もありますよね。

その場合、課金をして予約することになる点だけ注意が必要です。

 

ただ、特定の講師にこだわらず、とにかく沢山いろんな先生と話したい!という方には、おすすめです。

講師もヨーロッパやアフリカなど、世界90カ国にいるため、いろんな国の先生と話せて楽しいですよ。

私もホント、使っていて飽きないですね。

 

今まさにこの瞬間で、空いている講師をチェックしてみたら、ジンバブエ、エチオピア、フィリピン、セルビア、アルバニア・・・など、かなり多国籍でした(笑)

安いだけじゃなくて、講師の質もかなり良いので、コスパを求めている人にはぜひおすすめですよ。

ネイティブキャンプ 公式サイトはこちら

 

私が実際に、ネイティブキャンプを使ってみた感想やレッスンの様子、評判などを、こちらで詳しく解説しています。

興味のある方はぜひ、あわせて読んでみてください。

続けやすい!ネイティブキャンプの評判と口コミ、実際に使ってみた感想

【2位】DMM英会話

dmm-eikaiwa_top

スタンダードプラン:月6,480円(税込)毎日25分レッスン×1回

 

DMM英会話は私が5年以上前に、一番最初にレッスンを受けた思い出のスクールであり、その後も最も愛用してきたスクールです。

当時から価格は安かったし、DMM自体がIT系の会社でWebサイトがおしゃれだったので、決めました(笑)

 

DMMは人気で知名度もある反面、これといってあまり特徴がないのが、うーんって感じなんですよね。

良く言うと、全体的に平均点が高いので、どれを取ってもふつうに「良い」んですよね。

 

講師もふつうに良いですよ。合格率5%の狭き門を突破して採用されて、採用後も厳しい研修トレーニングを経て、やっとレッスンができるシステムになっています。

 

私がなぜずっと愛用してきたかというと、やはり全体的にいろんな要素のレベルが高めで、ほとんど不満に感じるものがないからです。

またネイティブキャンプと同様、DMM英会話は100カ国以上のいろんな国籍の人と話せるというのが、楽しいですね。

DMM英会話 公式サイトはこちら

【3位】産経オンライン英会話

sankei_logo

毎日25分プラン:月6,090円(税込)毎日25分レッスン×1回

 

産経オンライン英会話は、スクールとしてはそこまで知名度はないですが、”産経”グループだけあって、クオリティは良いですよ。

1番の特徴は、業界で初めて、語学事業者向けのISO認証を取得していて、サービス全体の質が良いことです。

 

講師の採用率は1.2%と、オンライン英会話スクールとしては講師を厳選して採用しているため、講師の質が安定していて、外れがありません。

 

また、レッスン中と後のフィードバックが丁寧なのも、英会話をしっかり勉強したい人にとっては、嬉しいメリットですね。

特にレッスン後のフィードバックレポートは、私が今まで使ってきたスクールの中でも、すごく丁寧でしっかり書いてくれますよ。

 

カリキュラムと連動したスピーキングテストGCATを、レッスンの中で、無料で受験できる点もおすすめポイントです。

スピーキングを伸ばしたいなら、定期的にスピーキングテストを受けて、客観的に会話力を測った方が、緊張感もあって、伸びやすいです。

 

一見地味なスクールですが、料金的にもかなり手頃ですし(JAF会員なら優待でさらにお得!)、着実に英会話を伸ばしたい人にはおすすめですよ。

産経オンライン英会話 公式サイトはこちら

 

私が実際に産経オンラインを使ってみた感想やレッスンの様子、評判などを、こちらで詳しく解説しています。

興味のある方は、あわせて読んでみてください。

ISO取得のクオリティ!産経オンライン英会話の評判、口コミ【体験談】

【辛口評価】安いけどイマイチだったスクール

123_4

ここでは、オンライン英会話の安さにつられてやってみたけど、ちょっと失敗だったスクールの話をしますね。

そのスクールは、weblio英会話というところです。

weblio-eikaiwa_top

 

ネットで英語の意味を調べたことがある人なら、weblio辞書を使ったことがあると思います。あのweblioも実は、ひっそりオンライン英会話をやっているのです。

料金は月5,478円(毎日25分レッスン)。このスクールが私が知る限り、毎日レッスンプランの最安値ですね。

 

私は一時期、とにかく安ければいい、話せればいい、ということで、weblio英会話を2ヵ月ほど使っていたことがあります。

結論的には、「全体的に講師の質が他のスクールより、ワンランク低い」という率直な印象でした。

 

講師という点では、なかには熱心で良い先生もいたのですが、そういう先生は人気で、予約が取りづらかったですね。

「他の先生がいまいちだから、この先生にみんな殺到するんだろうな」と思ってました(笑)

 

ツイッターにはこんな声もありました。

「あーいたなぁこういう先生(笑)」と思って、おもわず笑ってしまいました。

 

また他の口コミを見ていて、一番あるある!と思ったのはコレです。

他のスクールと比べて、レッスンをすっぽかされることが多すぎる。

これ、まさにそうでしたね。すっぽかされる頻度が、他のスクールの場合、月に1回ぐらいだとしたら、weblioは月に2~3回ありました

 

講師の質がいまいちなのは、まだ許せるのですが、すっぽかされるのはちょっと我慢できなかったですね。

こちらも忙しい時間をぬって、時間を確保して待ってるので、時間を作る手間とその時間が無駄になってしまいますから。

 

個人的にはあまりおすすめしませんが、とにかく安い方がいいという人は、試してみてもいいと思いますね

weblio英会話 公式サイトはこちら

もっとコスパを求めるならコレ

123_5

私がこれまで、5年以上いろんなスクールを試してみて思うのは、「ただ安いのと、コスパが良いというのは全然違う」ということです。

 

コスパというのは、値段と品質のバランスですから、質も伴わないといけません。

私が今回紹介した3つのスクールは、どれも料金はかなり安いけど、質も結構良い、というものばかりです。

 

各スクールの紹介で書いたように、オンライン英会話は安い分、それぞれにデメリットなり弱点があります

 

その辺のバランスだったり、あなたがどこまで許容できるか、を考えて選ぶと間違いのない選択ができると思いますよ。

この記事で紹介したスクール
ネイティブキャンプ:予約不要!スマホ1台で、90カ国以上の講師からレッスン受け放題、講師の質もかなり良いです。
レッスン受け放題:月6,480円(税込)
DMM英会話:私が過去一番利用してきたおすすめスクール、すべてにおいてクオリティ高めです。
スタンダードプラン:月6,480円(税込)毎日25分レッスン×1回
産経オンライン英会話:ISO認証のクオリティ、コツコツ着実に英会話を伸ばしたい人におすすめです。
毎日25分プラン:月6,090円(税込)毎日25分レッスン×1回
weblio英会話:オンライン英会話の最安値です。安ければ特に質はそこまで気にしない人におすすめです。
毎日レッスンプラン:月5,478円(税込)毎日25分レッスン×1回

 

最後に、オンライン英会話ではないですが、とにかく安く英会話ができるようになりたい!という人向けに、2つおすすめのツールを紹介します。

1つ目は、ネイティブイングリッシュという英会話教材です。

 

私の経験上、日常ほとんど英語を使う場面がなくて、「ちょっとした日常会話や海外旅行で使えればいい」という人は、文法よりフレーズをどんどん覚えた方が早いです。

私も使ってみましたが、なかなかいいと思います。

native_eng_ad

 

英会話スクールではないので、直接誰かと話せないのがマイナスなのですが、その代わり瞬間スピーキングという、スピーキングの練習ができる工夫もされています。

 

オンライン英会話は、直接顔を見て話せるのがやっぱり楽しくていいですよね。。

でも、あなたが目指すところが、日常会話や海外旅行で満足に話せるレベルなのであれば、オンライン英会話にこだわらない方がいいと思っています。

 

オンライン英会話はどちらかというと、文法をしっかり学んだり、総合的な英語力を上達させたいという人向きです。

詳しくはこちらの記事に書いていますので、気になる人はどうぞ。

【悲報】オンライン英会話を受けても話せるようにならない3つの理由

 

ネイティブイングリッシュは、日常会話や海外旅行に必要なフレーズを空港やレストラン、ホテルなど、具体的やシチューエーションでほぼ網羅しています。

英会話が苦手で、しかも英語が必要な場面が限られているという人は、ネイティブイングリッシュでほぼ事足りるはず。

 

基本的には毎日6分聞き流すだけなのですが、スピーキングの練習もできるようになっているのも、個人的にいいなと思っています。

毎日仕事に追われてなかなか勉強する時間がない、という人にも良いと思いますね。

 

値段が29,800円(税込)なので、少し高い気がするかもしれませんが、オンライン英会話に5ヶ月通うのと値段的には同じです。

しかも、1年でも2年でもずっと使える教材なので、英会話の目的が日常会話や海外旅行程度なら、オンライン英会話に何となく通うより、コスパは良いような気がしますね。

 

60日間の返金保証がついていて、実質無料でお試しできるので、興味のある人はぜひ試してみてもいいかなと思います。

ネイティブイングリッシュ 公式サイトはこちら

 

ネイティブイングリッシュについて詳しく知りたい人は、こちらもおすすめです。

【口コミは本当?】ネイティブイングリッシュを使ってみた感想と効果

 

もう1つは、スタディサプリENGLISHという英会話アプリです。

stasapu_top2

これも直接人と話せるわけではないので、どうしても人と直接おしゃべりしたい!という人には向かないと思います。

 

しかし、オンライン英会話と同様、着実に英語を身につけるための機能が満載で、私も利用していますが、控えめに言ってかなり良いです。

英会話については、直接人とは話しませんが、スマホやパソコンに直接話しかけることで、アプリの中の登場人物と会話をする仕組みになっています。

 

このアプリの好きなところは、物語の登場人物になりきって、ストーリーを進めていくので、実際に自分が体験しているような感覚になること。

物語自体も恋愛や仕事、日常生活など、身近で面白いので、気づいたら30分以上経ってるというのはよくあります(笑)

 

毎回のレッスンでは、発音や文法、実際の会話で使えるフレーズなどを、人気英会話講師が動画で分かりやすく指導してくれるのも、気に入っています。

オンライン英会話だけだと、ただ知っている単語やフレーズを使いまわしたりするだけで、実際あまり伸びない人も正直います。

 

オンライン英会話の使い方の問題なのですが、このアプリなら知識を増やしながら、実際に会話で使えるので、うまくバランスが取れていると思いますね。

料金はこれだけの機能が使い放題、レッスン受け放題で、月980円です。

 

1週間無料体験もできますし、とにかく安く英会話がしたいという人は試してみてもいいと思いますよ。

スタディサプリENGLISH 公式サイトはこちら
 ※不定期で値下げキャンペーンもやっています。

 

もっと詳しく知りたいという人は、こちらの記事で書いていますので、どうぞ。

【英会話が苦手な人へ】スタディサプリENGLISH(英語)の効果と評判・口コミ

【悲報】正直、こんな場合は独学では無理です

英語は完全独学でも話せるようになるし、TOEICも高得点が取れます。

私自身もTOEIC400点前半→705点までは、日本にいて完全独学で取れました。

ただ、1年半かかってるんですよね。

 

これはわりと平均的なスピードだし、ネットや広告で見るような独学3ヶ月で200点UP!とかは、たまたま好条件が重なっただけで、再現性も低いというのが私の考えです。

 

正直言って、3ヶ月で200点上げる方法なんて私には分かりません。

これが私の考える独学の限界です。

 

どうしても短期間でスコアアップをしたいなら、素直にスクールを使うのが賢明だと思いますね。

以下は私目線で、TOEICのスクールを3社に厳選し、徹底比較した記事なので、スクール選びの参考になるはずです。

【3選】TOEIC対策に強いおすすめのスクール | 短期間でスコアを上げる

 

TOEIC以外の、ビジネス英会話などのスピーキングでも、同じことが言えます。

個人的にはスピーキングを伸ばすなら、オンライン英会話がベストだと思ってますが、3ヶ月とかでそれなりの結果が出したいのなら、話は別。

 

何が原因で話せないのか、きちんと客観的に自己分析して、それに対応した勉強ができるなら、独学でもいいかもしれません。

だとしても、3ヶ月でそれなりに話せるようになるというのは、控えめに言ってギャンブルだと思いますね。

 

個人的には、どうしても短期間で英会話力を伸ばしたいなら、スクール1択です。

以下の記事では、私目線で信頼できそうなスクールを5社厳選し、比較していますので、参考にしてみてください。

元海外営業が選ぶ!英語コーチングスクールのおすすめ5選 | 目的別に徹底比較!

Twitterでフォローしよう!