105_1

オンライン英会話を始めようか迷っていて、、どうしようかなぁ。実際にオンライン英会話をやっている人から、メリットとデメリットを聞きたいな。実際どんななんだろう?

 

オンライン英会話はインターネット上でレッスンを受ける英会話スクールで、ここ5~10年ぐらいで一気に普及し始めましたよね。

私も忙しくて止めてたり、また始めたりをくり返していますが、かれこれ5年以上、利用しています

 

オンライン英会話の普及期から利用し始めている私だからこそ感じる、メリットとデメリットを、今まさにどうしようか迷っているあなたに向けて、思いつくまま全部書いてみようと思います。

 

長くやっていると、5年前はデメリットだったものが次第に改善されてきたり、メリットが徐々に薄れてきたりしていますが、最新のメリット・デメリットとして整理して、シェアしたいと思います。

こちらもおすすめ

もっと英語ができれば、仕事の質も効率も上がるのになぁ。英語なんてさっさと身につけてしまいたい。

そんな人は今すぐ、パーソナルコーチ付きの英会話スクールを使いましょう

    • 受講者1人ひとりに合わせたオーダーメイドのカリキュラム 自分の苦手や課題に合わせて最短距離で勉強できる
    • 3ヶ月で英語力を最大限に伸ばす学習ノウハウが凝縮 無駄のない効果的な学習が可能
    • 専属コーチが毎日マンツーマンで指導・サポート 続けやすい(サボれない)+ 疑問も即解消できる

 

以下で、おすすめスクールの比較や選び方、使うメリットやデメリットなどを徹底解説しています。

元海外営業が選ぶ!英語コーチングスクールのおすすめ5選 | 目的別に徹底比較!

オンライン英会話のデメリット

105_2

まず先に、デメリットからいきます。

一言でいうと、価格の安さから来る “ひずみ” みたいなものばかりですね。

 

価格の安さはあとでメリットのところで詳しく書きますが、私の中では「まあ、安いし仕方ないか」と思うものもありますが、その辺は個人差があるので、すべて思うものを書き出してみました。

講師(質のバラツキ、フィリピン)

まずは、講師のクオリティの問題があります。

オンライン英会話の多くは、フィリピンを中心として、東欧など人件費の安い国の講師を現地採用して雇っています。

 

つまり、ノンネイティブで私たちと同じ英語を学んでいる人たちなので、まれにネイティブっぽいフレーズを使うと通じないということがあります(以前、1回だけありました)

 

また、企業(スクール)側の人件費や管理費を低コスト化するため、講師はフリーランスで自宅勤務にしている例が多いです。

よって、研修・教育システムが乏しかったり、講師の品質をコントロールしづらいため、講師の質に当たりハズレがあったりということがあります。

カリキュラム(ほぼ放置)

カリキュラムという名目で日常会話やビジネス、TOEICなどのテキストはありますが、実際そんなに機能していないです。

私も実を言うと、あまり使ったことないです。

 

家庭教師や、通学型のスクールと違って、あなたのレベルや目標に合った勉強は基本的にあなたが自主的に見つけて、実行する必要があります。

 

オンライン英会話はスクールでありながら、私の印象としては、「オンライン英会話という ”教材” を使う」といった独学に近いイメージですね。

今日はどんな勉強しようか?とか、このシリーズのテキストちょっと簡単すぎる気がするけど、変えた方がいいかな?とかの判断は、あなた任せです。

 

そのため、「オンライン英会話を始めたけど、全然うまくなってる気がしない」みたいな悲しい口コミもあったりします。

たとえばこの人も(↓)

ほんとは、オンライン英会話の正しい使い方をしていないだけだと思うんですけどね。。

講師を毎回選ぶのが面倒

オンライン英会話は、講師も毎回自分が受けたい時間で空いてる先生を自分で選びます

これが、わりと手間なのです。

もう誰でもいいや、えいや!って適当に選べばいいんでしょうが、選び出すと10分とか平気でかかります

 

講師歴3年以上がいいなとか、女性がいいなとか、発音が良い人がいいなと思って、講師の紹介動画を見たり、最終的にこの先生とあの先生どっちがいいかなと比較したり、そして比較していたら、選ぼうと思っていた先生に先約が入ってしまったり・・・

 

初めはショッピング感覚で楽しく選べるんですが、これが毎日のことなので、どんどん面倒になってきます。

 

また毎回講師が違うと、前回の復習をしたりもできないので、基本的に復習はするもしないもあなた任せです。

講師の先生が毎回同じだと、講義にも一貫性が出ますし、あなたの苦手やクセなども分かってくれて、その都度適切な指導をしてくれると思いますがが、毎回先生が変わるとそれも期待できません

(↑)この人が言っているように、毎回自己紹介しなきゃいけないし、講師が変わるといろんなタイムロスがあります。

たまに通信が不安定

オンライン英会話の多くは、講師の自宅のインターネット回線を使って、あなたのパソコンなりスマホなりとつながる仕組みになっています。

なので、講師の自宅のネット環境が悪いと、映像が乱れたり、突然通信が途切れたりというのがあります。

 

映像はともかく、音声が乱れると、何を話してるか分からなくなるので、わりとストレスになりがちです。

私も青年海外協力隊で、以前途上国(ジャマイカ)に住んでいましたが、途上国の通信環境は基本的に日本のように安定していません

 

先日もオンライン英会話をやっていたら、急に回線が途切れて、レッスンが10分ぐらいしかできずに終了したということがありました。

振替レッスンがもらえたりもしますが、忙しい時間をぬって25分のレッスン時間を捻出したのに、レッスンが中途半端だと、せっかく時間作ったのに、、とガッカリした気分になります。

スポンサーリンク

オンライン英会話のメリット

105_3

オンライン英会話のメリットは、何といってもその ”手軽さ” です。

 

初めて私がオンライン英会話をしたとき、私はそれまで市役所職員で、英語とは無縁の人生を送ってきたのですが、ネットを介して家にいながら外国人と英語で話せるということに感動しましたね。

なんて便利な時代になったんだ、と。

 

感動した一方で、内容は散々でしたけどね。。

関連記事初めてのオンライン英会話で緊張する人へ【みんな最初は撃沈します】

マンツーマンでとにかく話せる

オンライン英会話の最大のメリットは、マンツーマンレッスンで、とにかく話す(アウトプットの)トレーニングになるということです。

スピーキングは、英語の4技能(聞く、話す、読む、書く)で唯一、独りではできない部分です。

 

日本人が英語を話すのが苦手というのも、話すという経験自体が足りないからだと思っています。

英語は言語なので、使わなければ使えるようにならないし、話さなければ話せるようにはならないのです(当たり前ですけど)。

 

SLA(第二言語習得論)という研究の中でも、日本人は英語のアウトプットが決定的に足りないと言われています。

本当の意味のアウトプットは、言いたいこと、つまり「意味」を言語表現に変えるという心的プロセスです。これをやらなくては、アウトプット練習とは言えません。日本人の英語学習にはこれが(インプットとともに)決定的に不足しています。・・・音読やシャドウイングではだめなのです。

英語はもっと科学的に学習しよう(白井恭弘 著)

 

日本に住んでいて、普段英語を使う環境にいる人はせいぜい1%で、99%ぐらいの人は英語がなくても困らない環境にいると思います。

そうした環境の中で、英語を話せるようになるというのは、やはり話す機会自体がないと無理ですよね。

 

オンライン英会話は地方の田舎に住んでいようが、毎日忙しくてスクールに行けない人でも、自宅のパソコンやスマホの画面を通して海外の外国人とつながり、英語を話す機会をあなたに与えてくれます。

 

控えめに言って、かなりすばらしい体験ですよ。

圧倒的なコスパ

オンライン英会話の気軽さは、その価格にも現れています。

 

私の地元の大手英会話スクールの場合、

  • 入会金 約3万円
  • 50分レッスンを週2回:月額 約2万円

 

オンライン英会話の相場は、毎日25分レッスンで月額 約6,000円(入会金不要)です。

かたや週2回で2万、オンライン英会話は毎日レッスンを受けてもたった6千円ですよ。

 

フィリピン人の講師の先生、時給いくらなんだろう?ってこっちが心配になるぐらい、信じられないぐらい低価格です。

ちなみにネイティブキャンプという大手のオンライン英会話スクールは、レッスン受け放題で月6,480円で、もはや何がどうなってるのか訳が分からない感じになっています。。

関連記事続けやすい!ネイティブキャンプの評判と口コミ、実際に使ってみた感想

いつでもどこでも外国人と話せる

オンライン英会話は、自宅の部屋から一歩も出ずに、家にいながらパソコンやスマホで、好きな時間にレッスンを受けられる手軽さもあります。

 

昔、大手英会話スクールが、駅前留学というキャッチコピーでCMをしていましたが、オンライン英会話なら、駅前に行く必要すらありません。

 

主婦の方でも、家事や子育ての合間をぬってレッスンが受けれますし、地方の田舎に住んでいる私のような者でも、パソコンやスマホで家にいながら、一瞬で海外とつながることができます。

 

ちなみに、先ほど紹介したネイティブキャンプDMM英会話といった大手スクールでは、東欧などのヨーロッパでも講師を雇っているため、時差を活用して24時間レッスンを受けることが可能です。

 

他のスクールでも、日本時間で深夜1時~早朝6時ぐらいを除いて、レッスンができるようになっています。

先ほども書きましたが、自宅にいながらパソコンやスマホを使って、これまで出会ったこともないような外国人と英語でおしゃべりできるという経験は、感動モノです

デメリットは消えつつある

105_4

メリットとデメリットについて、おおむねこの記事に書いたのがすべてになりますが、少し補足しておきます。

オンライン英会話は近年どんどん市場が拡大していて競争も激しくなっているため、スクール側の企業努力でサービスもかなり改善されてきています。

 

まずは講師の質の問題。

 

採用時に厳しい試験を経て、採用後も研修でフォローアップしているところも出てきました。

たとえば、DMM英会話はもともと、採用時に厳しい基準で選抜していましたが、採用後のフォローにも力を入れています(↓)

dmm_teacher_quality

 

またカリキュラムについても、ただテキストを受講者側でその都度選んで学ぶのではなく、独自の復習システムを取り入れているところもあります。

 

hanaso英会話は私もとても気に入っているのですが、独自のhanasoメソッドというものがあり、レッスン内でも前回の復習をしたり、レッスン外でも復習しやすい仕組みになっていて、一貫性のあるレッスンができるようになっています(↓)

 

hanasoについて、もっと知りたい方は、こちらで詳しいレビューを書いていますので、あわせてどうぞ。

hanaso英会話を受けてみた感想と評判【独自の復習システムに強み】

 

ほかにも、私も以前英語が苦手だった頃にだいぶお世話になったカランメソッドも、復習を取り入れながら、一貫性のあるトレーニングができるのでおすすめです。

関連記事【体験談】カランメソッドって何?効果あるの?半年間やった私の実感

 

講師を選ぶ手間については、予約不要という形で手間を減らしているスクールもあります。

 

ネイティブキャンプでは、予約不要で、思い立ったときにすぐに、空いてる講師を探してレッスンができるようになっています。

 

通常オンライン英会話は30分刻みでスケジュールされていて、たとえば10:00 10:30 11:00 のようにレッスン枠が決まっているのですが、これに合わせるって思っている以上に面倒くさいですよ。

 

よしレッスンするか!と決めたときが10:15だったら、そこから講師を探して10:30の枠で見つかればいいですが、予約がいっぱいだったりすると、11:00まで待たねばなりません。

そうなると11:00の頃には、レッスンしようかという気持ちも少し落ち着いてきて、「レッスン面倒だなぁ」という気分になってきます。

 

通信回線についても、フィリピンの通信環境の良い地域にオフィスを構えて、講師はオフィスに出勤して、レッスンをするというスクールもあります。

イングリッシュベルはその代表例で、私も使ったことがありますが、音声が止まるということも他に比べて圧倒的に少なかったですね。

関連記事【口コミ】英会話講師がイングリッシュベルを2か月受けてみた | メリット・デメリットも徹底解説!

それでも面倒な人へ

105_5

この記事ではオンライン英会話のメリットとデメリットを思いつく限りすべて書き出してみましたが、書いていて改めて思ったのは、私個人としては、メリット >>> デメリットぐらいメリットの方が圧倒的に勝っていますね。

 

やはりオンライン英会話の手軽さは、もうぶっちぎりで便利です。

私が住んでいるのは地方の小さなまちなので、特に感じるのですが、インターネットだけで外国人と交流できる、英会話レッスンができるというのは本当に感動的ですよ。

 

私も初めてオンライン英会話をやったときは、それまで外国人となんか全然話したこともないし、田舎に住んでて英語とは無縁でした。

そんな私が家にいながら、パソコンの画面の向こうにフィリピンやヨーロッパとつながって、英語でコミュニケーションをとっている、手軽という言葉では形容しきれないぐらいですね。

 

ただ、それでもまだ迷う、面倒そうだという人もいると思うので、最後に一つ、英会話アプリを紹介して締めたいと思います。

 

スタディサプリENGLISHというリクルートが出しているアプリで、累計100万ダウンロードを越えた超人気の英会話アプリです。

stasapu_top2

 

直接外国人と話すという体験はできませんが、ドラマ仕立てのストーリーの登場人物になりきって、スマホに向かって英語を話すと、最新の音声認識技術があなたの発音やスピーキングを判定してくれます。

 

レベルは中学レベルからビジネスレベルまで幅広く、レベルごとに日本屈指の有名講師たちが毎回のレッスンでは、解説動画を通して、発音からリスニング、文法まですべて教えてくれます

私も使っていますが、好きなときに好きなだけ、あなたのレベルに合わせてストーリーや学習を進めていくので、自由気ままに英語を学ぶにはピッタリだと思いますよ。

関連記事【英会話が苦手な人へ】スタディサプリENGLISH(英語)の効果と評判・口コミ

関連記事【経験談】オンライン英会話で私が実感した効果と効果的な学習法

スポンサーリンク
【悲報】正直、こんな場合は独学では無理です

英語は完全独学でも話せるようになるし、TOEICも高得点が取れます。

私自身もTOEIC400点前半→705点までは、日本にいて完全独学で取れました。

ただ、1年半かかってるんですよね。

 

これはわりと平均的なスピードだし、ネットや広告で見るような独学3ヶ月で200点UP!とかは、たまたま好条件が重なっただけで、再現性も低いというのが私の考えです。

 

正直言って、3ヶ月で200点上げる方法なんて私には分かりません。

これが私の考える独学の限界です。

 

どうしても短期間でスコアアップをしたいなら、素直にスクールを使うのが賢明だと思いますね。

以下は私目線で、TOEICのスクールを3社に厳選し、徹底比較した記事なので、スクール選びの参考になるはずです。

【3選】TOEIC対策に強いおすすめのスクール | 短期間でスコアを上げる

 

TOEIC以外の、ビジネス英会話などのスピーキングでも、同じことが言えます。

個人的にはスピーキングを伸ばすなら、オンライン英会話がベストだと思ってますが、3ヶ月とかでそれなりの結果が出したいのなら、話は別。

 

何が原因で話せないのか、きちんと客観的に自己分析して、それに対応した勉強ができるなら、独学でもいいかもしれません。

だとしても、3ヶ月でそれなりに話せるようになるというのは、控えめに言ってギャンブルだと思いますね。

 

個人的には、どうしても短期間で英会話力を伸ばしたいなら、スクール1択です。

以下の記事では、私目線で信頼できそうなスクールを5社厳選し、比較していますので、参考にしてみてください。

元海外営業が選ぶ!英語コーチングスクールのおすすめ5選 | 目的別に徹底比較!

Twitterでフォローしよう!