199_1

産経オンライン英会話が気になっているんだけど、実際に使った人の評判が知りたい。他のスクールとどう違うんだろう?

 

産経オンライン英会話は、そこまでスクールとして大手ではないし、ちょっと分からない、謎の部分が多い感じがしますよね。

 

とはいえ、”産経”という圧倒的なブランド力とコスパの良さが売りなので、

  • 実際に使ってみた人の評判ってどうなのかな?
  • 他のスクールと比較して、メリット・デメリットは何だろう?

と、気になっている人は多いと思います。

 

この記事では、私が実際にレッスンを体験して感じたことを踏まえて、こうした疑問にストレートに応えていきます。

結論を先に書くと、産経オンライン英会話は業界で唯一、語学事業者向けのISO認証を取得していて、講師やレッスン全体の品質が安定しています。

レッスンを受けていて、それは感じましたね。

 

ちなみに私は、元青年海外協力隊でジャマイカ(英語圏)に滞在、帰国後はメーカーの貿易・海外営業職で主任をしていました。

オンライン英会話も5年以上愛用していて、これまでいろんなスクールを使ってきたので、わりと信頼性の高いレビューができると思います。

 

この記事を読めば、「産経オンライン英会話って正直どうなの?」という疑問がクリアになるはずです。

無料体験レッスンも受けられるので、良さそうだなと思った人はぜひ、ご自分で試してみてくださいね。

産経オンライン英会話 公式サイトはこちら

業界唯一ISO取得!産経オンライン英会話 | 5つの特徴

199_2

産経オンライン英会話は、一度入会して、そのまま継続する人の割合が高いのが特徴です(公式サイトの受講者アンケートを参照)。

私も今回実際にレッスンを体験してみて、その理由が分かった気がします。

 

以下、私が感じた産経オンライン英会話の魅力(特徴)を、5つにまとめているので、読み進めてみてください。

採用率1.2%!講師の質は安定している

オンライン英会話を選ぶうえで、講師の質は非常に大切ですよね。

産経オンライン英会話の講師は、採用率1.2%という超難関をくぐり抜けてきた優秀な講師です。(以下、講師の自己紹介を参考までに)

 

他のスクールだと、一般的に5%(←それでも十分すごい)ぐらいですが、産経オンライン英会話では、さらに厳しい基準で採用しています。

私が実際にレッスンを受けた講師も、親切で優しく、分かりやすく英語を教えようという意識の高い講師ばかりでしたよ。

 

sankei_teacher

↑この先生もすごく親切で、終始楽しくレッスンができました!

産経オンライン英会話 公式サイトはこちら

教材選びに迷わない!分かりやすいカリキュラム

オンライン英会話を効果的に使うコツが、教材(カリキュラム)です。

スクールによっては、沢山ありすぎて、「これとあれは何がどう違うの?どっちを使えばいいの?」ってことが結構ありますよね。

産経オンライン英会話では、1,200種類以上の豊富な教材がありながら、見やすく整理されていて、すごく選びやすいです。

 

教材はレベル別に分かれた日常英会話とビジネス英会話があるほか、産経ニュースを使ったディスカッション教材もあり、毎週更新されています。

教材を使ったレッスンはこんな感じで、PDFのテキストを見ながら進みます↓

sankei_textbook

教材も単語、理解度クイズ、ロールプレイなど、なかなか良くできていると思いましたね。

毎回レッスン後に丁寧なフィードバックがある

オンライン英会話では、ただしゃべって終わりだと、ちゃんと上達しているのか分かりにくいですよね。

そこで大事になってくるのが、講師からのフィードバックです。

 

レッスンを受けていて感じたのは、産経オンライン英会話は他と比較して、結構しっかりこちらの文法やフレーズ、発音などを訂正してくれます

また、レッスン終了後には講師から、丁寧なレッスンレポートがもらえます。

以下は、実際に私がもらったもので、実はまだ続きがあって、一画面に収まりきれませんでした(笑)

sankei_lesson-report

私もいろんなスクールを経験してますが、こんなに丁寧なレポートを出してくれるところはないですね。

産経オンライン英会話 公式サイトはこちら

語学事業者向けISOを取得し、品質管理の徹底

産経オンライン英会話では、語学事業者向けの認証資格 ISO29991を取得していて、サービス全体の品質がチェックされています。

いろんなオンライン英会話がある中で、このISOを取得しているのは、産経オンライン英会話だけです。

 

このISOは語学学習サービスの品質向上と、顧客満足度の向上を目的としていて、私がレッスンで感じた

  • 安定した講師・レッスンの質
  • 教材の選びやすさ(使いやすさ)

あたりは、こうした品質管理の背景があるんだと思います。

客観的に見ても、レッスンや講師、教材のクオリティは信頼して大丈夫ということですね。

スピーキングテストGCATを無料で受験できる!

英会話スキルを伸ばす上で大切なのは、定期的にスピーキングテストを受けることです。

人気英会話講師で、私自身も本でお世話になったスティーブ・ソレイシィさんも、著書の中でこう書いています。

僕が20年以上、英会話コーチの仕事をしてわかったのは、スピーキングテストを受ける人のほうが明らかに伸びるということ。

難しいことはわかりませんが、英語が話せる方法を教えてください!(スティーブ・ソレイシィ 著)

 

この本で言っているのは、ただしゃべって終わりよりも、テストという目標がある方が「身につけよう!」という意識が働くから。

これはほんと、正論だと思いますね。

産経オンライン英会話では、GCAT(Global Communication Ability Test)というスピーキングテストが追加料金なしの無料で受けられます。

sankei_gcat

 

カリキュラムがGCATの各レベルに基づいて作られているため、教材を進めていき、その確認テストがGCATという位置づけです。

GCATは自宅で通常レッスンの中で受けられるので、とても便利ですし、定期的に自分のスピーキング力を客観的に測れるのは、すごくメリットだと思いますね。

産経オンライン英会話 公式サイトはこちら

スポンサーリンク

最安級の料金プラン | JAF会員はさらにお得

199_3

産経オンライン英会話の基本料金プランは、以下のとおりです。(すべて税込み)

⼊会⾦ ⼊会⾦・教材費無料
毎日25分プラン5,980円
毎日50分プラン9,800円
週末毎日50分プラン5,980円

 

ちなみに当ブログでおすすめしている、主要スクール4社との料金比較は以下のとおりです。

産経オンライン英会話5,980円
DMM英会話6,480円
ネイティブキャンプ
5,950円
レアジョブ
6,264円
hanaso
6,458円

ネイティブキャンプはちょっと安すぎるのですが、その他と比べると産経オンライン英会話がいかに安いのか分かると思います。

 

関連記事続けやすい!ネイティブキャンプの評判と口コミ、実際に使ってみた感想

 

ちなみにJAF会員なら、さらに1,000円引き又は2,000円引きの優待が受けられます

sankei_jaf

 

詳しくは、JAF公式サイトでご確認ください。

産経オンライン英会話 公式サイトはこちら

効果を実感!産経オンライン英会話の評判・口コミ

199_4

ここでは、産経オンライン英会話を実際に使った人の、評判・口コミをまとめています。

以下は、産経オンライン英会話が受講者向けに行ったアンケートの回答を、一部紹介します。

 

見て分かるように、講師やレッスンのクオリティの良さを言っている人が多いですね。

30~34歳 女性明るく楽しい先生が多いので一年続けられていると思います。
40~44歳 女性ほとんどの講師陣が丁寧でアフターケアも素晴らしい。
40~44歳 女性講師の質が安定していて良いことと、産経グループなので安心して受講できること。教材のレベル分けがしっかりしているので、初級から順に次をこなしていくモチベーションにつながります。
35~39歳 女性現在受講している先生達がすばらしい。受講して1年以上経過して、少しずつ上達の実感が湧いてきたし、先生もそのことについて褒めてくれてやる気が出た。
50~54歳 男性フレンドリーな先生が多く、仕事が終わってからも、受講しようかなと言う気にさせてくれる
40~44歳 女性今までなかなか英語の勉強が続けられなったけれど産経オンライン英会話は1年半も続けられています。いい先生に出会えたからモチベーションを持ち続けてこれたと思います。
40~44歳 男性講師陣が丁寧、熱心。また、ある程度日本人の英語に対する抵抗感が理解できていると思う。

 

次にツイッター上にある、産経オンライン英会話への評判をまとめてみました。

こちらはツイッターなので、2人とも遠慮なしに率直に感想を書いているので、参考になると思います。

なんだかんだ言いながら、やっぱり質の高さを2人とも言ってますね。

産経オンライン英会話 公式サイトはこちら

産経オンライン英会話のデメリット

199_5

ISO認証を持っていて、それなりにクオリティの高い産経オンライン英会話ですが、レッスンを受けていてデメリットも感じました。

私が感じたのは以下の2点で、ここがすごく気になるようなら、別のスクールも検討した方がいいかもしれません

講師がフィリピン人だけ

産経オンライン英会話の講師は、全員フィリピン人です。

私は講師が多国籍なDMM英会話ネイティブキャンプも使ったことがあり、いろんな国の人と話す楽しさも知っています。

 

個人的な意見ですが、フィリピン人の国民性は、教師とか先生にすごく合っていると感じますね。

フレンドリーで親切な人が本当に多いし、英語講師としても、個人的にフィリピン人は発音が良いので好きです。

 

これは完全に好みの問題になるので、どうしてもフィリピン人だけだとつまらない、、という人は他を考えた方がよさそうですね。

講師のレビュー(口コミ)をチェックできない

オンライン英会話では、講師は毎回予約して決めるので、「今日はどの先生にしようかなぁ?」と毎回迷います。

そのときに重要な手がかりになるのが、各講師の口コミです。

 

私も講師を選ぶときは、常に講師の口コミを読みますが、産経オンライン英会話では口コミの投稿、表示機能がありません

以下は講師を選ぶ画面ですが、「おすすめポイント」の項目で、その講師の評判がまとめられているので、これを参考して決めていました。

sankei_teacher-choice

 

やはり講師の口コミは絶対あった方がいいので、今後の改善に期待ですね。

産経オンライン英会話 公式サイトはこちら

産経オンライン英会話はこんな人におすすめ!【メリット】

199_6

ここでは、産経オンライン英会話で無料体験をしてみようか迷っている人向けに、

  • こんな人におすすめ!
  • こんな人なら満足する(メリットがある)はず!

というのをまとめています。

丁寧にしっかり教えてほしい

産経オンライン英会話はISO認証を持っているだけあって、講師やレッスンの品質管理がきちんとされています。

安定したクオリティの中で、「ただ英語でおしゃべりするだけでなく、しっかり英語を教えてほしい!」という人にはおすすめですね。

 

レッスン中にもしっかり間違いを直してくれる講師が多いですし、レッスン後のレッスンレポートもすごく丁寧に書いてくれます。

あとは、ご自身で産経オンライン英会話を使って、

  • レッスンを受ける
  • 訂正された部分はきちんと復習する
  • レッスンレポートも復習、今後の勉強法に役立てる

↑こうしたことができれば、着実に英会話スキルは伸びていくはずですよ。

仕事に直接活かせる英会話を身につけたい

産経オンライン英会話では、仕事に役立つ教材として

  • ビジネス英会話
  • 職業別英会話

があります。

 

ビジネス英会話はレベル別に初級~上級者まで4つのレベルに分かれていて、合計400近くのテキストが無料で使えます。

私も実際に、ビジネス英会話教材を使ってレッスンをしましたが、ポイントがまとまっていて使いやすかったですね。

 

sankei_business

 

職業別英会話の教材では、小売店やレストラン、鉄道などの業種で働いている人なら、ズバリ役立つ英会話をまとめたカリキュラムになっています。

これらの業種で働いてる人は、ホントおすすめですね。

オンライン英会話を初めてやる人 | 産経ブランドと品質の良さ

産経オンライン英会話は、おそらく一般的な知名度で言えば一番です。

オンライン英会話をこれから始める人は、何だか聞いたことのない名前のスクールばかりで、不安になりますよね。

 

産経オンライン英会話なら、産経ブランドがありますし、ここまで書いてきたようにISO認証をはじめとして、クオリティの面でも安定しています。

特にこだわりがなく、有名どころでまずは始めたい!という人には、産経オンライン英会話はおすすめですよ。

産経オンライン英会話 公式サイトはこちら

無料体験レッスンの申し込みと流れ

199_7

無料体験レッスンの申し込みは、数分で終わるすごく簡単なものです。

まずは公式サイトに行って、「無料でトライアルレッスン」をクリックし、

sankei_register1

 

名前とメールアドレス、パスワードを入力するだけです。

sankei_register2

 

すると、産経オンライン英会話からすぐに仮登録完了のメールが来ます。

あとはメールに書かれたURLをクリックして本登録を完了させるだけです。

sankei_register3

 

無料体験レッスンで使う教材は、

  • トライアルA(初心者用)
  • トライアルB(中上級者用)

の2つがあり、英会話に自信がある人以外は、基本的にAを選べばOKです。

sankei_trial-material

あとはご希望の時間帯に合わせて講師を選んで、レッスン予約をするだけ。ぜひ産経オンライン英会話のレッスンを楽しんでくださいね!

産経オンライン英会話 公式サイトはこちら

着実に英会話を身につけたい初心者におすすめ!

199_8

最後にざっとポイントをまとめておきます。

この記事のまとめ
  • 業界初!語学事業者向けISOを取得 サービス全体の品質が良い
  • 採用率1.2%!安定した講師の質 評判・口コミも良い!
  • 講師からのフィードバックがすごく丁寧!
  • スピーキングテストGCATが無料で受けられる
  • 料金も他スクールと比べて安い
  • 初心者で、初めてのオンライン英会話にピッタリ

 

オンライン英会話は、ただ楽しくおしゃべりするだけでなく、しっかりフィードバックをもらって、きちんと復習してこそ、効果を発揮します。

中でも講師の質や、丁寧なフィードバックは、初心者が着実に英語力を伸ばしていくうえで、大事なポイントです。

 

特に英語の初心者で、初めてのオンライン英会話を選ぶなら、産経オンライン英会話は安心して始められると思います。

ISOクオリティの産経オンライン英会話で、ぜひ着実に英会話スキルを身につけてくださいね!

産経オンライン英会話 公式サイトはこちら

 

他のスクールも検討してみたい人は、こちらの記事でおすすめのスクールをまとめています。

初心者向けに、オンライン英会話の活用法も解説しているので、参考にしてください。

【経験談】初心者のオンライン英会話の学習法とおすすめスクール3選

 

やっぱりいきなりオンライン英会話はハードル高いかも、、と思っている人は、スタディサプリENGLISHという、英会話アプリもおすすめです。

study-sapuri_hanasu

 

予約不要、気が向いた時に3分から始められる便利な英会話アプリで、スマホに話しかけると最新AIが発音判定をしてくれます

有名講師陣による、文法や発音、リスニング解説の動画も見放題。

 

英会話に必要なエッセンスがすべて詰まっている、かなり本格的な学習アプリです。

英語初心者で手軽に英会話を始めてみたい人は、検討してみる価値ありですよ。

 

スタディサプリENGLISHについては、私が実際に使ってみた効果や特徴、評判などをこちらの記事でまとめています。

興味のある方は、あわせて読んでみてくださいね。

【英会話が苦手な人へ】スタディサプリENGLISH(英語)の効果と評判・口コミ

スポンサーリンク
【悲報】正直、こんな場合は独学では無理です

英語は完全独学でも話せるようになるし、TOEICも高得点が取れます。

私自身もTOEIC400点前半→705点までは、日本にいて完全独学で取れました。

ただ、1年半かかってるんですよね。

 

これはわりと平均的なスピードだし、ネットや広告で見るような独学3ヶ月で200点UP!とかは、たまたま好条件が重なっただけで、再現性も低いというのが私の考えです。

 

正直言って、3ヶ月で200点上げる方法なんて私には分かりません。

これが私の考える独学の限界です。

 

どうしても短期間でスコアアップをしたいなら、素直にスクールを使うのが賢明だと思いますね。

以下は私目線で、TOEICのスクールを3社に厳選し、徹底比較した記事なので、スクール選びの参考になるはずです。

【3選】TOEIC対策に強いおすすめのスクール | 短期間でスコアを上げる

 

TOEIC以外の、ビジネス英会話などのスピーキングでも、同じことが言えます。

個人的にはスピーキングを伸ばすなら、オンライン英会話がベストだと思ってますが、3ヶ月とかでそれなりの結果が出したいのなら、話は別。

 

何が原因で話せないのか、きちんと客観的に自己分析して、それに対応した勉強ができるなら、独学でもいいかもしれません。

だとしても、3ヶ月でそれなりに話せるようになるというのは、控えめに言ってギャンブルだと思いますね。

 

個人的には、どうしても短期間で英会話力を伸ばしたいなら、スクール1択です。

以下の記事では、私目線で、信頼できそうなスクールを3社厳選し、比較していますので、参考にしてみてください。

英語コーチングスクールとは?おすすめ4社を比較 | メリットとデメリットも

Twitterでフォローしよう!